Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


South Korea should keep us in a liver with abnormality more than North Korea(我々は「サプア」の方が「隣のキチガイの国」よりも異常と肝に銘ずるべき)!

東仙坊、死のことよりも、宇宙のことよりも、「謎」と感じている「国」がある。
その国は、全く何もアイデンティティーを持ち合わせていないせいか、我が大和民族を貶めることこそが仮想アイデンティティーにしてしまっているから、メチャクチャ厄介。
それも、異常なほどにエモーショナルに、クレージーに、執拗に…。
その意味では、自国のポリシーもビジョンもストラテジーもない、単なる「反日国家」。
しかも、ファーイーストのペニンシュラにある小国のうえ、約30年前に軍事政権からようやく民主主義国家に変貌したと自慢するもいまだに幼稚極まりない「大衆迎合ファシズム」国家。
そして、資本主義の崩壊が叫ばれてから資本主義国家になった「最悪の資本主義国家サンプル」。
にもかかわず、何の根拠があるのか、いつも「国際社会」とか「アジア」を口に出し傲岸不遜に自分たちの国が世界の中心にあるかのようにモノを言うから、ますます「謎」。
とりわけ、我が大和民族には、自分たちの方がありとあらゆる面で上位とほざき続けるから、全く「謎」の中の「謎」。
それを、「小中華思想」だからと、これ以上、看過しているワケにはいかないと心の底から感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうである。
何がしたいのかよくわからない更年期障害お嬢さんが大統領になると、その本家本物と「中華思想」の中国と結託し、終始一貫「反日」一筋。
経済的にも、国防的にも、それが有利とでも浅はかに思ったのか、気の狂ったような「反日」行動。
それに裁判所までが加担するのだから、完全に「無法国家」で、「情治国家」。
もともと、中国のただの「手下国家」だったせいか、一見普通に見える赤と黄色の原色好きの国民までが、声高に我が大和民族を愚弄し罵詈雑言を放つ姿は、隣のキチガイの国よりも、不気味。
それにメチャクチャ憤慨し、こちらも、何を言ってもムダと百も承知で、思い出しただけも、彷徨う大和魂-27  世界一モラルの欠如した民族と決別のとき彷徨う大和魂-29  「サプア」に蹂躙される「カンパンゴ」の国彷徨う大和魂-32 「サプア」を水槽に入れて飼い続ける「カンパンゴ」彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?彷徨う大和魂-38 いい加減「カンパンゴ」抜きで生きろよ「サプア」!? などと徹底糾弾。
特に、その摩訶不思議な国と我が大和民族との関係が、「サプア」と「カンパンゴ」の関係と同じだと閃いてからは、一心不乱。
とうのも、この「カンパンゴ(Bagrus meridionalis)」というお人好しの淡水魚。 
その子どもたちを体全体で覆うようにしながら、自分の未受精卵を食べさせて子育てをするというのである。
ところが、それに目をつけたのが、外見は「カンパンゴ」にソックリでも、ヒゲがやや短い「サプア」という狡猾で陰険な淡水魚。
どちらもナマズの仲間というのだから、似ているのも当たり前。
その「サプア」、カップルで「カンパンゴ」の巣の近くでその様子を伺っていて、カンパンゴのメスが産卵すると、目ざとくサプアのメスも素早く同じ巣に産卵。
そして、一足早く孵化し、まだ孵化しない「カンパンゴ」の卵を次々に食べて成長するというのである。
それなのに、のほほんとそんなことを意に返さない「カンパンゴ」は、その「サプア」の子どもまで必死に守って育てるというから、メチャクチャ歯痒くないか?
肝っ玉も体も小さな「サプア」が捕食から身を守るために考えた「托卵」という行動というが、まさにその「国」のやり方。
その考察の結果から、この「サプア」とは国交断絶すべきと結論したのだが…。
この大甘国家、内にいる親サプア派の売国奴どもがゴマンといるせいか、相変わらずのお人好しぶり。
あたかも、893の情婦のごとく、その仁義なき恫喝にダラダラと従うばかりで、本当に情けない「カンパンゴ」国家。
一昨年末に、性懲りもなく、「サプア」との間で、「日韓慰安婦問題合意」を締結し、また10億円も搾り取られたのに、約束のソウルの駐韓日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、世界中での設置を画策し、昨年末には釜山の日本総領事館前にも慰安婦少女像を設置したから、開いた口が塞がらない。
それに対し、なぜか卑屈な我が国は、「国際社会」に訴えないばかりか、小声で、またしても、国際法である「ウィーン協約」第22条「各国政府は外国公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するために適当なすべての措置を取る特別な責務がある」という規定違反と囁くだけ。
もういい加減、相手は「国」の体をなしていない「異常国家」で隣のキチガイ国家よりもゲスだと答えを出すべきだと思うが、どうだろう?

Korea must be the country where they don't even have the national appearances as well as being not constitutional form of government(「サプア」は、法治国家でないばかりか、国の体さえ持たない国)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード