Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?

Why should we create friendly relations with an unusual state where freedom of expression is nothing(表現の自由さえない異常な国家と、なぜ友好関係を創らなきゃいけないのか)?

東仙坊、この1月25日に刑事裁判の判決の下る「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河世宗大教授が、もし本当に有罪になったら、何が何でも、「サプア」と国交を断絶すべきだと確信している。
彼女が、自分なりに調査分析し、ごく普通に自分の意見を述べただけで、高貴な人格権(?)を持つ単なる売春婦への名誉毀損が成立するというなら、「サプア」には言論の自由がないばかりか、全く「法」がないと結論せざるを得ないからである。
ともあれ、それを裏づけるためにも、いくつかの「サプア」に対する普通の意見を紹介してみたい。
なぜかサプア語になかなか翻訳されなかった、USAで1991年に出版されたカーター・エッカート、ハーバード大学朝鮮史専攻教授の著書「日本帝国の申し子」。
それは、日本統治時代、民族資本で「東亜日報」も創刊した「京城紡織株式会社」の創業者とその一族の歴史を調査分析したモノ。
「日本統治時代は、陳腐な通説と歪曲された歴史認識によってその歴史的意義が隠蔽されてきた。この時代の工業化がサプア経済の形成に果たした役割は重要である。植民地支配はすべての人に苦痛をもたらせたワケではなく階層によって影響はさまざまだった。日本は圧政者であると同時に社会経済の推進者でもあった」と指摘しているとか。
そして、そのサプア語翻訳者、朱益鐘も、「サプアで伝統社会を解体し資本主義経済を発展させた原動力が外部からもたらせられたのは明らかだ。今なお、収奪論と近代化論の対立構造を越えられないでいる」とも指摘。
その「東亜日報」は、何年か前の「8.15光復節」に、「日帝時代の再構成」という洪賛植論説委員の論評を掲載。
「日帝時代は暗鬱な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった。学会の日帝時代研究は新たな段階に入りつつある。日本に対する怒りを噴出し、過去を他人のせいにして終わらせるのではなく、歴史から教訓と知恵を学び、光復節を再び国を奪われないよう省察の日にしなければならない。日本統治時代の年平均の経済成長率3.7%は当時の先進国の1%より高く、人口も1633万人から2430万人に増えるなど経済事情はよかったという証拠が出され、収奪論で過去を認識してきた人々を当惑させている。歴史の真実は、おそらく収奪論と植民地近代化論の間のどこかに位置するのだろうが、最近の論争は我々が忘れたがっている歴史に対する関心を取り戻すのに意味がある」。
もう1つが、オークランド大学講師ジェーン・ヤマザキがUSAで出版した「第二次世界大戦への日本の謝罪」という学術書。
ちなみに、彼女は日系ではなく、夫が日系三世というだけとか。
「日本の『過去の戦争、侵略、植民地支配」に関する天皇、首相、閣僚らによる謝罪があるが、主権国家が過去の自国の間違いや悪事を認め、対外的に謝ることは国際的に極めてまれだ。普通は謝罪しない。USAの奴隷制、インディアン文化破壊、フィリピンの植民地支配、ベトナムでの破壊、UKによるアヘン戦争、南アフリカ・インド・ビルマなどの植民地支配。どれも謝罪などされていない。現代社会では、国家は謝罪しないのが普通で、過去の過誤を正当化し、道義上の欠陥も認めないのが一般的。なぜなら、過去への謝罪は自国の立場を低くする自己卑下で、自国への誇りを減らし、もはや自己を弁護できない先祖と未来世代の両方の評判に泥を塗るから。にもかかわらず、日本が例外的に国家謝罪を重ねている動機は、1)特定の国との関係改善 2)歴史の反省からの教訓 3)道義的原則の確認などからであるが、失敗している。というのも、謝罪が成功するには受け手がそれを受け入れる用意があることが不可欠なのに、サプアや中国にはその意思がなく、和解する気がないからである」。
どうだろう?
まだ何かを甘く期待できるのか?
そこで、このこともついでに考えてほしい。
GHQの集計によると、日本の政府、軍、法人、個人などが朝鮮半島に残してきた資産は、59.4億ドル。
それを総合卸売物価指数で現在の価格に換算すると、16兆9290億円。
なかでも、土地、家屋、預貯金などの個人資産は、4兆8965億円。
「サプア」は戦勝国でもないのに、それを奪ったということになるのでは?
それだけじゃない。
ソ連軍に占領されていた北では、時計、ラジオ、本まで奪われたというのでは?

Should not each request repayment to a country that has deprived Japanese individuals' assets even though they are not victorious countries(戦勝国でもないのに我が日本人の個人資産を収奪した国にそれぞれが返済を要求すべきではないのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード