Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


I have thought that Korea is a DNA-like brotherhood and have desperately tried gaming up to now(サプアがDNA的に兄弟の国だと思い込んで、これまで必死にガマンしてきたのに)!

東仙坊、「サプア」の歴史を検証するたびに、ますますこの国とはつき合うべきではないとの結論を出さざるを得ない。
というのも、何一つ信頼できるモノがないからである。
ところで、なぜ「サプア」を「Korea」と呼ぶのか?
それは、「高麗」の「コリョ」から、そう呼んでいるだけ。
つまり、世界の国々のほとんどが国名はその地域名を表しているのに、「サプア」は国名なのである。
実は、それは「サプア」の親分の中国も同じ。
「唐」、「チーナ」が「China」になっただけ。
そう、こちらは王朝名。
その意味では、我が国では、中国を「支那」と呼ぶのが正解。
確かに、歴史に学ぶことはあるかも?
さて、ここからが、今回のメインテーマ。
実は、東仙坊、「サプア」との本性的な確執を、兄弟間の嫉妬と羨望がベースとずっと捉えてきた。
そう考えるしか、ロジカルに理解できなかったからに他ならない。
事実、長い間、日本列島の先住民である縄文人、朝鮮半島から渡ってきた弥生人とが混血を繰り返して現在の日本人になったとする「混血説」が通説になっていた。
そして、日本人全般が縄文人の遺伝子を受け継いでいる一方、日本本土出身者は弥生人との混血の度合いが大きくなりながら、どんどん混血しながら北海道や沖縄方面に広がって行ったとも言われていた。
その根拠は、朝鮮系土器・石包丁や華北系青銅器などの発見。
それゆえ、日本本土人は、「クラスター(集団)」としてはサプア人と同じとみなされてきた。
しかしながら、そのゲノム解析が進歩するにつけ、その弥生系渡来人の系統が、稲作の源郷である長江下流地域の江南地方人の血が濃いことなどが判明。
そして、1万年以上前から日本列島には縄文人が広く薄く居住してきたが、3000年ほど前からは中国大陸からの渡来人によって稲作農耕がもたらせられ、弥生時代が始まったということがわかってきた。
それだけじゃない。
発掘された縄文人の人骨からミトコンドリアDNAを抽出し世界各地の人々と比較研究した結果、縄文人のミトコンドリアDNAのほとんどが、シベリアのバイカル湖周辺に住むブリヤート人のDNA構造と同じだということが判明。
そして、縄文時代の遺跡から「ガーシャ遺跡」の土器と似ている非常に薄い土器も発見。
さらに、縄文人の歯から採取したDNAの多くが、シベリアのブリヤート人のDNAと一致。
つまり、シベリアのマリタ遺跡を築いた種族たちが、約2万年前の氷河期にユーラシア大陸と陸続きだった北海道にマンモスを追ってやってきて、その後、南下し日本列島全体へと移り住んでいったというのである。
そして、氷河期が終わり、温暖化によって海面が上昇すると、日本海に対馬暖流が流れ込み、北海道もサハリンから切り離され、現在のような日本列島を形成。
気候も温暖湿潤となり、日本列島には豊かで多彩な森が広がっていって育まれたのが、縄文文化だというのである。
それだから、日本列島人(アイヌ人、琉球人、本土人)はかなり特異で、東南アジア人やサプア人や台湾人などの他の東アジア人とは明らかに異なるというのである。
事実、寒さに対応するために、目は細く、省エネ型の小さなカラダだったとも。
その点から、厳密に言えば、サプア人は、日本列島人と他の東アジア集団との中間に位置するとも。
また、ちょうど支那大陸は、「春秋戦国」の戦乱の時代。
戦火を逃れた揚子江河口の浙江省辺りのカラダの大きな漁労民たちなどが潮の流れに乗って、安住の地を求めて日本にやってきたというのである。
そして、一気に日本列島を北上し、濃尾平野あたりで拮抗。
先住民である縄文系の人々と敵対したり共存しながら次第に融合し劇的に混血し、今の日本人のプロトタイプになったとか。

Our ancestors must be mild Boryat people who are different from Koreans(我々の祖先は、サプア人とは違う温和なブリヤート人)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード