Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Even if we get angry, why don't we break the diplomatic relationship with such a country that will make a comfort woman to Takeshima which is our territory(我々が怒ってもなお、我々の領土である竹島にまで慰安婦像を作るとほざく国となぜ国交を断絶しないのか)?

東仙坊、心の底からウンザリしながらも、「サプア」の糾弾を続け、「サプア」と国交断絶すべきと提言し続けてきた理由は、たった1つ。
我が国のモラル再生と卑怯で卑劣な犯罪の抑止を夢見たからに他ならない。
あれほどまでに、心穏やかで、思いやりに溢れ、わび・さびを感じ、もののあわれ、潔さを信条としてきた我が日本人に、一体何が起きてしまったのか?
そうひたむきに検証してきて、ジコチュウ極まりなくすぐにブチ切れる「サプア」の悪影響が、愛する日本の芯を蕩かしているという答えにたどり着いたからである。
それはそうだと思わないか?
執拗なほどエキセントリックでエモーショナルな反日に明け暮れながら、なぜノコノコ日本にやってくるのか?
それは観光客に限らず、仕事を求めるヒト、留学するするヒト、プロフェッショナルな売笑婦やホステスのように荒稼ぎにくるヒト、集団スリ犯や多種多様な窃盗犯どもや詐欺犯ども、犯罪の逃亡者ども、893になりにくるヒト、人を殺しにくるヒト…。
とにかく、卑怯で卑劣は犯罪者に、「サプア」のヒトやサプア系のヒトが多いことだけは、紛れのない事実。
それは、この書き込み中に、自分の妻を殺しながらシラを切っている大手出版社のサプア籍の編集次長の例を挙げなくても、明白。
と、と、ところが、勝手にDNA的に兄弟と思い込んでいた「サプア」と、DNA的に全く違うと今回知って、かえって当惑…。
それはそうである。
実は、新・日本砂漠化-44 「歩くコウモリ魚」に見る日本人のDNAの危機!!で、日本人のミトコンドリアDNAタイプの詳細について、はっきりと書き込んでいる。
●日本人固有タイプ4.8% ●「サプア」に多いタイプ24.2%  ●中国に多いタイプ25.8%  ●沖縄に多いタイプ16.1% ●アイヌの人々に多いタイプ8.1% ●5集団以外のタイプ21%。
どうだろう?
昔は、たった5%だった「サプア」に多いDNAタイプが、な、な、なんと19.2%も増えているというのだから、なるほどと思わないか?
おそらく、それもここ約150年くらいのことでは?
つまり、「サプア」は、DNA的に我が国を蹂躙しているということなのでは?
そこで、「サプア人」が属するという「南方系O系統」を徹底検証。
朝鮮半島に最初に入った「ワイカイ族」や「貊族」と呼ばれる北方モンゴロイドは、南方からきたアジア人とも交流しながら、ほぼ半島全体に拡大。
「ワイカイ族」や「貊族」の正体は、全く不明(?)。
ただ、他人種と比べて感情の起伏が少ないとされるモンゴロイドのなかで、「サプア」人が例外であること
他の北方モンゴロイドに比べてエラの張った者が多いこと
北方モンゴロイドは、人類の中では新しい人種で脳の体積も大きいのに、長い歴史の中で一度も大きな繁栄を築いたことがないこと
それらが著しい特徴とか。
メチャクチャ納得できるのは、東仙坊だけではあるまい。
それに対し、我が日本人のルーツである「ブリヤート人」とは、蒼き狼と白い鹿がバイカル湖を横断して草原へ移動したモンゴル民族が起源。
そもそも、バイカル湖周辺が、人類文明の一原点で、アルタイ諸民族の発祥地。
我々には、サプア人とは明確に違い、自然と共生できる素地がDNA的にあるというのも、当然な気がしないか?

If it is a genuine Japanese citizen, could we devote our life to Korea for solemn reason(本物の日本国民なら、これだけ傍若無人なサプアのために命を捧げることができるのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード