Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-40 美しい国にとしての名誉のために最優先でやるべきコト!?

It must be obvious that China really likes Japan more than Korea(中国は、本当はサプアよりは日本の方が好きであることだけは明白)!

サプアの親分である中国は、なぜサプアの慰安婦戦略をパクるようになったのか?
その理由は、実に単純。
サプアのその執拗なプロパガンダが功を奏し、日本の同盟国であるUSAが同調しているからに他ならない。
小生意気な日本を大国を自負する自分たちに従属させるには、それを活用して日米を分断させられると読んだから。
では、サプア同様の大ウソ国家中国は、一体どんな慰安婦攻撃をしかけているのか?
念のために先に言っておくが、紀元前から売春婦がいっぱいの中国では、今なお2000万人以上、一説には3000万人とも。
それはそうである。
簡単に稼げるこの「お仕事」、絶対になくなるはずもナシ。
第一、それだけ需要が多いのだから、当然。
それこそ、現在の我が国の売春婦も、かなりが中国人。
もっとも、人口比的には、今なお4人の1人が性労働者のサプアの足下にも及ばないが…。
ともあれ、2015年12月1日、中国江蘇省南京市に残されているアジア最大(?)の慰安所旧跡「利済巷慰安所旧址」に開館した「南京利済巷慰安所旧跡陳列所」。
まあ、「南京大虐殺記念館」の分館(?)。
「戦線拡大とともに、日本軍は中国や朝鮮半島から強制連行した『慰安婦』のほか、東南アジアや南西アジアの女性、さらに西洋の女性まで『性奴隷』の『従軍慰安婦』にしていた」と大喧伝。
何でも、戦争当時、南京の日本人街で旧日本軍が関与したという「東雲楼」「故郷楼」「吾妻楼」などと呼ばれた木造の「慰安所」があったとか。
そして、朝鮮半島出身者、中国人、日本人などあわせて200人ほどの慰安婦が働いていたとも。
正面入り口に置かれた女性の像は、朝鮮半島出身女性朴永心がモデルで、1944年9月に雲南省拉孟で連合軍に保護されたときにとられた写真をもとに、妊娠した腹部をさすって悲しげな表情を造ったというから、どこかマンガチック。
2003年サプアから彼女を南京に呼んで聞き取りを行った際、「看護婦にならないかとサプア人のオトコに誘われて南京にきたが『東雲楼』に監禁されて慰安婦にさせられ、妊娠してしまったが、死産した」と証言
背景の壁面には、「性奴隷の涙」を象徴したという水滴(?)。
各地の慰安所跡地から見つかったという性病検査器具、旧日本軍が配布したという避妊具や性病薬などが「動かしようのない鉄の物証(???)」として計2784点の資料を展示。
もっとも、南京日報は「中国全土で当時、20万人以上の慰安婦が日本軍によって性奴隷にされた」、人民日報は「慰安婦30万人」と言っていたのに、なぜか「16万~20万人」と若干トーンダウン。
ちなみに、朴永心は慰安婦問題で、天皇と日本を「有罪」とした2000年の「女性国際戦犯法廷」で証言した奇特なハルモニ。
さて、では、我々にとって、日本貶めの歴史戦を挑んでいる中韓、どちらにまだ目があるのか?と言えば、やはり、元々我が国に大きな影響を与えてきた中国の方だと思うが、どうだろう?
極論すれば、漢字とハングルの違い。
ともあれ、次の中国人のコメントに注目。
2月10日、中国メディア・今日頭条は、日本に対してまさに「愛憎」入り混じる感情を抱く中国人が、日本での旅行でより「複雑な気持ちになった」とする記事を掲載
「歴史認識に対する姿勢から日本が恨めしい。日本を愛しているか、と言われれば、愛していると答える。日本のアニメも、グルメも、映画も愛している。これまでに4度日本を訪れているが、実際の日本を見ることによって彼らに対する感情は、より複雑なものになった。旅行で京都を訪れたときのエピソードがある。伝統的な和風旅館に宿泊した際、フロントにいた男性スタッフの表情に冷たい第一印象を覚えたが、記帳をする間にトランクを拭いてキレイにしてくれたこと、チェックインの時間まで預けた荷物を部屋に運んでおいてくれたこと、宿泊する部屋の説明をくまなくしてくれたうえ、あらかじめ電気ポットのスイッチを入れてお湯を沸かしておいてくれた。このような待遇に対して、我々はとても驚いた。小さいころ、日本に対する恨みは骨の髄までしみ込んでいた。しかし、大きくなって、弁証すること、いかにして世の中を中立的に見るかを学ぶとともに、日本に行ったことのない人は、実際に1度行ってみて、真剣に感じ取ってくるといい。そして、引き続き日本を罵り続けるか、それとも謙虚になって学び、いつか追い越そうと努力するかを考えるといい」
どうだろう?
普通の知性と感性を持つ中国人の方々にはぜひもっともっと来日してもらいたいモノでは?

Korea should bear in mind the reality of history that we fought with the world with Japan(サプアは、我々日本とともに世界と戦ったという歴史の現実を肝に銘じるべき)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード