Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 千葉同級生女子生き埋め殺人事件

It must be the moment when a moron killed a murder with Nori to become a genuine psychopath(大バカ者が正真正銘のサイコパスになるのは、ノリで人殺しをした瞬間)!

■千葉女子同級生生き埋め殺人事件

●大バカガキ・カルテットの裁判での供述などから判明してきた事件の詳細

④被害女性を拉致監禁した車は、そのまま穴を開けた場所に向かい、そこで中野翔太だけを下ろすと、4人で井出裕輝の実家に向かったとか。
そして、井出裕輝だけが下車したため、DNGと被害女性と16歳少年の3人が車内に残される。
被害女性が、「もう1度、話がしたい」と言うも、DNGは、「オマエが悪いんじゃん。オマエと話すことはない」とケンモホロロだったとか。
やがて、井出裕輝が、先のとがったスコップを持って戻ってくると、中野翔太が待つ場所に向かう。
現場に着くと、2015年4月20日午前0時を回っていたとか。
そして、井出裕輝と中野翔太が被害女性の頭と足を抱えて闇の奥へ消えていったとか。
それから、井出裕輝は、「ちょっとだけ埋めておけ」と中野翔太に命令し、16歳少年の車を止めるために再び実家に向かった。
その命令を受けた中野翔太は、「後で井出裕輝がやるから、半分くらい埋めておけばいい」と女性を穴の中に引きずり込む。
穴の中で膝立ちになり、体を震わせる被害女性に、「横になれ」と言ってカラダの上から土砂をかけ始める。
「殺さないで。死にたくない」と命乞いをする被害女性。
それに対し、被害女性の声が近くの民家に聞こえて、発覚するのではないかと焦った中野翔太、被害女性の顔やカラダが見えなくなるまで急いで土をかぶせたとか。
やがて、現場に戻った井出裕輝、「オマエもう埋めたのか。鬼だな」と言いつつ、スコップを現場に刺して「届かないか」と笑いながら、「こうやっとくとわかんないだろう」と地面を農具でならしたり、葉っぱをかけたりと発覚を防ぐよう偽装工作をしたとか。
犯行を終えたグループは車で帰宅。
途中、16歳少年が川に女性の携帯を遺棄。
それから、犯行を終えたグループは車で帰宅。
道中、少年が川に女性の携帯を遺棄。
そして、井出裕輝とDNGの間で、被害女性の所持して現金を分配。
井出裕輝、「この仕事、2千円かよ」とほざいていたとも。
⑤犯行後、大バカなガキどもらしく、それぞれに犯行を吹聴。
バカのバカたる所以と言えば、それだけなのだが…。
◆DNG
2015年4月20日午前5時ごろには、別の友人に(?)、「生き埋めにした」、「メッチャビビってた。いらだって根性焼きした」、「私関係ない」などと、再び笑いながら電話。
2015年4月20日午前10時ごろ、卒業アルバムを被害女性に貸した別の友人がDNGに「22日に被害女性と会う予定だ」と電話をかけると、DNGから「もういないよ」との返答。
そのうえ、「ウチから話せないから」と井出裕輝が電話を代わり、「はじめましてこんにちは。オレも話せない」と言い出し、再びDNGに代わり、「畑に埋めてきた」、「手足縛って、携帯は川に流した」「うるさくてタバコ太ももに押しつけた。魚のように飛び跳ねた」などと笑って話し、「誰にも言わないでね」と切ったとか。
警察の捜査が始まると、友人らに(?)、「自分が女性を逃がしたことにしてほしい」と口裏合わせを頼んだとか。

Only an asshole who is not a motherfucker who makes a big talk with bed talk(ベッドトークで大ミエを切るオトコは、ろくでもないヤツだけ)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード