Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 千葉同級生女子生き埋め殺人事件

Young kids in our country should recognize that human beings are born to have a personality of one seventh billion(我が国のヤングは、人間は生まれながらに70億分の1の個性を持っているということを認識すべき)!

■千葉女子同級生生き埋め殺人事件

●大バカガキ・カルテットの裁判での供述などから判明してきた事件の詳細


◆中野翔太
2015年4月20日夕、友人に(?)、「今のオレさ、最強だよ」、「ここだけの話しさ、人を容赦なく殺せるもん」、「ちゃんと痛めつけてからね」と犯行をメール。
「井出裕輝に協力してほしいと頼まれ、断っても言いくるめられてしまうと思った」とか、「DNGから頼まれた」、「本当に殺してもいいのかと聞いたが『いい』と言われた」と供述しているが、軽度の精神遅滞があるとかで精神鑑定のために鑑定入院。
その入院中、女優堀北真希の写真をベッドに飾りマンガ三昧だったとか。
どうあれ、離婚でコヤツを棄てたコヤツの両親は、今、何を思っているのか?
育ての親になるしかなかった祖母は、何を思っているのか?
◆井出裕輝
捜査の手から免れるために、「福島で除染の仕事があるから一緒に行こう」などと中野翔太を誘っていたというクソッタレ。
2015年4月21日、知人には(?)、「女の子を殺しちゃった。中野翔太がやった。しばらく会えなくなる」と連絡していたとか。
◆16歳少年
犯行前、DNGにLINEで「オレも現場に行こうかな」と送信。
DNGが「共犯になるからやめとけ」と返信すると、「そういうの大好き」と送信してきたとか。
ちなみに、中野翔太は、昨年11月30日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で、無期懲役の判決
大バカは即刻控訴。
千葉家裁から検察官送致(逆送)されたDNGは、1月22日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で、無期懲役の判決
もちろん、この大バカも即刻控訴。
そして、主犯格の井出裕輝の裁判は、2月13日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で初公判が始まったばかり。
また、千葉家裁送致された16歳少年は、すでに少年院送致。

どうだろう?
日本中に、こんなジコチュウ極まりない大バカのガキどもが増殖してしまっていると思わないか?
これもそれも、いつのまにか世界一バランスのいい自然とはもちろん、人間同士も共生をモットーとしてきた我が国に、ムリヤリ「個」を主張する文化を取り入れたことで、日本人本来の大切な感性が衰退してしまったせいなのでは?
そう、あの「自分探し」とかなんとか言う美名のもとでのおバカなジコチュウ称賛の文化?
それはそうだと思わないか?
「自分探し」をしている本人は一体誰?ということになるヘンテコ文化。
そのせいで、我々のヤングたちは人の気持ちを読み取れない大バカばかりになってしまったと思うが、どうだろう?

To live as a human must be how much the feeling of others is felt(人間として生きるということは、どれだけ他人の心を感じられるかということ)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード