Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 千葉県松戸9歳ベトナム女児全裸絞殺事件

Instead of pedophilia, this barbarity must be due to immature parasites who wanted to shock and give society a name(この蛮行は、ペドフィリアというよりも、社会にショックを与えて名を馳せたいと考えた未成熟なパラサイトによるもの)!

■千葉県松戸9歳ベトナム女児全裸絞殺事件

●東仙坊がプロファイリングするこの日本人としての名誉にかけても逮捕しなければならないホシ像

②年齢の特定が困難でも、コヤツが今のダメなオトコの特徴である、何でもいいから世間から注目されたいという自己顕示欲と自分は他の人よりも本当は優れていると思いたい自己陶酔の権化なことは確か。
とりわけ、コヤツ、必要以上に小心者の本物のチキンであることも確か。
そのため、コヤツの今回の残忍非道な幼児殺しは初犯であって、本物のペドフェリアによる幼児愛からの拉致殺人でさえない。
その意味では、間違いなく笑連は、レイプはされていないはず。
しかしながら、女体のサンプルのオモチャかのように、いろいろそのパーツを弄ばれたことは確か。
そして、それは未熟なガキの「フェティシズム」のようなものだったはず。
もちろん、あの酒鬼薔薇聖斗よりはるかに低レベルの…。
では、コヤツの動機は、何だったのか?
ペドフェリア的性的イタズラが目的だったのか?
だとすると、決断の計画的蛮行に遂行したのに、なぜすぐ殺害してしまったのか?
時間をかけて実行したい以上、なぜじっくりと弄ばなかったのか?
児童拉致だけで重罪なのに殺害までしてしまっているのでは?
そして、全裸のまますぐ発見されるような場所に笑連を遺棄しただけでなく、笑連の遺留品を証拠隠滅することなく、こちらもすぐ発見されるように投棄したのか?
どう考えても、すぐ殺害してしまって慌ててその笑蓮の遺体を始末せざるを得なくなったのでは?
ということは、一人暮らしではないくせに、弄ぶための空間を用意していなかったということでもあるのでは?
東仙坊、コヤツのその腐った頭の中に開いた大きな穴は、いろいろ計画したにもかかわらず、肝心なところにヌケがあるといところだとか確信している。
実は、それは笑連の遺体を橋の上から投げ捨てずに橋の下の草むらに置いたこと、それでいて、その遺留品を約1㎞に渡って投げ捨てたことでも証明されるのでは?
つまり、コヤツの動機は、笑連の殺害そのものともいえるのでは?
そう、目立ちたがり屋の単なる通り魔的無差別テロの類い。
その意味でも、たった一度の人生を寸断されてしまった笑連は、何重にも不運。
なぜなら、クソッタレの逮捕前の生まれて初めての女体考察のただの犠牲。
それなのに、どうして笑連をターゲットに選んだのか?
それは、コヤツ、典型的な現代の自分に自信のないコクーンのチキン。
大人の女性の相手ができないばかりか、女児だって日本人女児では大声を上げて抵抗するかも?とビビったから。
そう、念には念を入れ、日本語を満足に話させないだけでなく、人に気を遣い明るく元気に接する笑連なら大丈夫かも?と踏んだだけ。
そのくらいコヤツは、女性というものを知らないということ。
そもそも、これだけ屈託のない笑連にコケットリーを覚えること自体が、そのことの証明。
誰が観ても、笑連は、バンコクにグジャグジャいる少女売春婦たちとは対局にある存在のはず。
ともあれ、何も自ら精進することないまま、毎日の何の変哲もない、彼女さえいない日々に不満を募らせ、ちょっと世間を騒がせることで溜飲を下げたいというクソッタレのコヤツのプロパガンダ的蛮行だなんて、あまりにも許し難いのでは?
すなわち、整理すると、今回のホシは、茨城県に親と同居し、無職で、親名義の車を乗り回す、彼女いない歴生まれてからずっとの目立たないパラサイトなのでは?
それゆえ、そんなバカ息子を持つ親たちは、ぜひ我が子を問い詰めてほしいと思うが…。

There must be a parent who feels that her son is violent(自分の息子の蛮行では?と感じている母親がきっといるはず)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード