Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-191 「軽さ」と「緩さ」と「ぬるま湯」の先に待つ我が国の未来!?

To be frank, you should recognize that being victimized by “revenge pornography” is your own income(率直に言って、「リベンジポルノ」被害は自業自得と認識すべし)!

東仙坊、「リベンジポルノ」なる卑怯で卑劣な行為をするクソッタレどもを断固重罪に処すべきと考えている。
それは、自分が愛する人のストーカーになること、自分の愛する人を拷問やDVなどで傷つけること、自分の愛する人の携帯電話を無断でチェックすること同様、人を愛するうえで人間として最低の行為。
それこそ、人間を辞めるべきとさえ糾弾できる行為。
もっとも、その「リベンジポルノ」について、メチャクチャ理解できないことがある。
それは、「ポルノ」という以上、愛し合うヤングカップルが自分たちの愛し合う(?)極めてプライベートな行為、もしくは、局部を含めた自分の淫らなスタイルを、なぜ写真や映像に残す必要があるのか?ということ。
なぜなら、それらは少なくともお互いの了解のうえで行われたはず。
実は、東仙坊、正直、全くそのことの意図や価値がわからない。
それこそ、個人的には、一緒の写真や映像だけではなく、お互いの写真や映像を撮り合うことさえ好きじゃないから、なおさら。
というのも、愛し合うという貴重な時間はその瞬間瞬間が大切で全身全霊を注ぐものでそんなことをしていることももったいないのでは?
第一、その瞬間瞬間をどこまでも持続できるかがポイントで、それだって恒久になることは滅多にないのでは?
となると、それを確固たるものと捉えてくれるのは時空を越えた何かで、写真や映像にすればそうなると思うのは勝手な思い込み、単なる錯覚でしかないのでは?
だからこそ、仮に永遠を誓い合ったりしてもそうならないのでは?
それゆえ、それを口先だけでする結婚なるものに何の幻想も抱かなかったのは、東仙坊だけではないと思うが…。
そんな形而上学的な理由から結婚を捉えるのではなく、単なる経済的な事情から結婚をしないのが、未熟で脆弱な今のヤング。
4月4日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、その調査結果を発表。
50歳まで一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」が、2016年に男性23.37%、女性14.06%になったとか。
そして、2010年の前回調査より男女とも3ポイント超伸び過去最高を更新とも。
何でも、1970年、男性1.7%、女性3.33%、1985年までは男女とも5%未満だったのに、2000年男性が10%を突破。
2016年には男性は2010年20.14%から3.23ポイント、女性は2010年10.61%から3.45ポイント上昇。
そして、都道府県別では、男性は沖縄の26.2%、岩手26.16%、東京26.06%、新潟25.15%、秋田25.1%。
女性は東京19.2%、北海道17.22%、大阪16.5%、高知16.48%、沖縄16.36%。
その結果、生涯未婚の人は、男性のほぼ4人に1人、女性のほぼ7人に1人になるとも。
また、別の調査では、18~34歳の未婚者のうち「いずれは結婚したい」と考えている人は男性86%、女性89%。
そして、そのハードルとして「結婚資金」を挙げる人が最も多く、男女ともに40%超とか。
どうあれ、2047年には男性約29%、女性約19%まで上昇すると推計されるとか。
だからといって、何の問題があるのか?
未婚率などよりも問題なのは、日本人らしいデリカシーに溢れる本物の恋愛経験のための試行錯誤が日常的にないことなのでは?
人を愛することによって自分をより高めようとするしたり、人を愛することによってお互いを本当に理解し合うことの難しさを味わったり、人を愛することが愛していると単に言葉に出して思いを伝えることだけではないことを知ったり、どう生きるかはそれぞれの個人の意思でしかないことを痛感したり、いくら愛があってもそれだけではどうしようもないことが現実にあるということを悟ったり、人を愛することで人間の成長に直結する貴重なことを身につけることができるのでは?
そして、それをもたらしてくれるのは、「軽さ」や「緩さ」や「ぬるま湯」とはほど遠い本物の恋愛経験だけだと思うが、どうだろう?
その見地からも、「ユルキャラ」などにうつつを抜かしていないで、真摯に人間同士として真摯に触れ合うべきなのでは?

Love is just opening your eyes wide, but marriage must be to close your eyes as much as possible(恋愛は目を大きく開けることだが、結婚はできるだけ目を瞑ること)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード