Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 千葉県松戸9歳ベトナム女児全裸絞殺事件 -The end


The psychopath of this pedophile is that my parenting must be very stressful(このペドフィリアのサイコパスにとって、自分の子育てがメチャクチャストレスなのである)!

■千葉県松戸9歳ベトナム女児全裸絞殺事件

●東仙坊が自省とともに再チャレンジする世界の恥の極悪人、渋谷恭正(46歳)なるクソッタレのプロフィール

④コヤツには、忍耐も努力も一切ないがゆえに、逃げた妻のせいでやらせられている子育てが、とにかく面倒臭くてウンザリという思いに日々イライラしていた。
もうイヤだ、冗談じゃない、平等じゃない、自分だけの時間がない。
死ぬほど好きな幼女と戯れる時間が足りない。
その思いは、笑連と出会って、一気に強くなっていた。
それはそうである。
ほとんど初恋に近い気分だったのだから…。
だからこそ、他のヤツに横恋慕されるくらいなら、何もかもがメチャクチャになったって構わない。
そう、簡単に開き直れる状態でもあった。
そんなコヤツの破れかぶれの気分に拍車をかけていたのが、外見とは異なるコヤツの経済状態。
男手一つで2人の小学校児童をミエを張って育てるには、実に金がかかるもの。
親の代の身上を食い潰しかけているコヤツにとって、それは耐え難い屈辱でもあった。
ともあれ、事件当日の朝、例によって遅めに学校に向かう笑連を予定通りに見つけられる。
「どうしたの? ゆっくりだね…。今日は大切な終業式じゃないか。遅刻はマズいよ。そうだ、車で送ってあげるよ。それもゆったりした大きな車で、お姫様みたいに…」
おそらくそんなふうに声をかけたに違いない。
両親から車で送ってもらったことのなかった(?)笑連にとっても、それは夢のような提案だったはず。
コヤツに言われるまま、笑連は笑顔でクソッタレのキャンピングカーに乗り込んでしまったはず。
しかし、その後は、これだけオマエをオレは思ってきたのだから…というコヤツの思い通りには何一つならなかったはず。
それもこれも、笑連のような純粋な屈託のない天衣無縫な幼女のごく自然な反応をコヤツが全く知らなかったに他ならない。
コヤツが、目をギラつかせ、「オジサンと楽しいことをしようよ」というようなことを言い出したとき、笑連は、「早く学校に行きたい。学校に連れて行って」とけんもほろろに騒ぎ出したはず。
その瞬間に、そのキャンピングカーでじっくりゆっくり楽しむという予定を変更し、即座に笑連の命を奪っていたに違いない。
あるいは、殺すと脅しながら、あるいは、拘束しながら、自分の勝手な目的だけは遂げていたはず。
というのも、これだけ思いを馳せ長い時間をかけてこのときを待っていたのに、その気持ちをないがしろにしやがって…というジコチュウならではの論理がそこに働いていたからである。
この後のことについては、東仙坊、意地でも触れたくない。
あまりにも笑連が不憫で哀れだからである。
あえて少しだけ触れるなら、笑連の遺体から、このクソッタレのDNAが検出されたということで十分なはず。
⑤おバカなくせに笑連殺害後のコヤツの行動は実に俊敏だった。
ある意味、手慣れてもいた。
誰もが注意を怠る昼ごろを狙い、戦利品である下着以外の笑連の持ち物を車に隠し持つと、茨城県坂東市の利根川河川敷付近に向かい、発見されやすいように距離を置き、投棄した。
そこには、学校が笑連が登校していないことを連絡するのは、せいぜい午後と踏んでいたからである。
そのために、笑連の遺留品が発見されれば、捜査の方向が茨城県坂東市の利根川河川敷付近に集中すると企んだからである。
しかし、なぜかそれらが発見されなかったために、笑連の父親をはじめ、父親の捜索願を受理した千葉県警はその捜索を通学路に集中している。
コヤツ、保護者会会長でありながらその捜索に加わってフェイントをしている場合ではなくなった。
それはそうである。
駐車場の自分のキャンピングカーには笑連の遺体がまだあるのである。

That culprit's thin dirty large camping car must be the symbol of his very heart which remains immature(あのこのクソッタレの薄汚れた大型キャンピングカーこそ、未熟のままの極めて狭い彼の心の象徴)!

To be continued...
 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード