Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー サムライとしての自負に満ちた狙い打ちのホームラン!?


I was moved by Ichiro's aimed at homerun from the bottom of my heart(イチローの狙い打ちホームランにただただ感動)!

東仙坊、無能極まりないうえ人間を見ようとしないドン・マッティングリーがどこかの日本の監督同様、早く首になれ!と悶々。
それはそうである。
微妙な調整を実戦でする我がイチローに、とにかくチャンスを与えない。
それも、ようやく強烈なライト前に初ヒットを打ったら、打席に立たせない。
それどころか、イチローをサクラに使い、他の打者を代打に使い続けるイヤガラセ。
おかげで、すっかり腐ったイチロー、14打席ノーヒットだけでなく、空振り三振ばかり。
15-1、6三振。
それでも、DHのある交流戦、しかも、古巣のマリナーズ戦。
2014年6月12日以来の1040日ぶりのセーフコフィールド。
冗談でも、イチローを先発させるのだろうなと、ワナワナしながら、先発発表を待っていると、相手が左腕のアリエル・ミランダなのに、9番レフトで先発。
ひとまずホッとしたのも束の間、結果的に、二塁ゴロ、一塁ゴロ、二塁ゴロの散々な結果。
もっとも、全員でたったの5安打だったのだから、仕方がないはず。
それでも、試合前の3000本安打記念セレモニーで、あのエドガー・マルチネスやキング・フェリックス・ヘルナンデス、カイル・岩隈久志とのフォトセッションに感激。
そ、そ、そうしたら、その第2戦、相手の先発が右腕なのにイチロー外し。
それどころか、陳偉殷のノーヒットノーランの好投で楽勝ムードなのに、代打でも、代守(?)でも、イチローの出番ナシ。
そのうえ、せっかくのノーヒットノーランのチャンスで投げたがる陳偉殷を8回で交代させる非情ぶり。
この無能監督、ファンから金をもらうプロフェッショナルベースボールの監督であることを自覚していないご様子。
それでも、セーフコフィールドでの最終戦、イチローのボブルヘッド人形が2万個配布される「イチロー・デー」に2日間より1万人多い2万7千万人の観客。
東仙坊、昔だったらシアトルまですっ飛んで行ったのにと恨み節…。
そ、そ、そうしたら、何とかキングの先発に合せて、どうせ打てないだろうとばかりに9番ライトで先発。
そう、我がイチローの庭である「AREA51」での守備。
それが功を奏した。
何しろ、バカバカ打球がいっぱい飛んでくる。
第1打席、空振り三振。
第2打席、ようやくイチローらしい三遊間をゴロで抜ける今シーズン2本目のヒット。
第3打席、二塁ゴロ。
そして、4-10とほぼ敗戦確実の9回表。
観衆のスタンディングオベーションを浴びながら打席に入るイチロー。
相手のピッチャーは初めて対戦する右腕のエバン・マーシャル。
思わずホームランを狙え!と叫ぶと、その初球、なかば大根切りで打球は右中間に一直線。
ほ、ほ、本当にホームラン。
大歓声の中、ゆっくりとダイヤモンドを回る我がイチロー…。
東仙坊、溢れる涙で画面がよく見えない。
迎え入れるマーティン・プラドがイチローのヘルメットをコンコンと叩く。
クリスチャン・イェリッチの、J.T.リアルミュートの、ジャンカルロ・スタントンの笑顔がカワイイ。
そして、ベンチで見せたイチローの満面の笑みがまたまたウレシイ。
飛距離約115m、滞空時間4.8秒。
そんなことはどうでもいい。
1993年から25年連続となるホームラン、MLB通算115本目の本塁打、セーフコ・フィールドでは2012年以来5年ぶりの通算54本目の本塁打、2014年から3年連続年間本塁打1本、松井秀喜を超えの日本人MLB最多の761打点。
そんなこともどうでもいい。
サムライとしての自負と意地から、レジェンドである自分に対し不当な扱いをする白人至上主義者の監督への怒りを込め、自分自身の無限の可能性への期待を込め、自分を讃えてくれるシアトルのファンへの感謝を込め、ホームランを狙って打ったことが何よりもスバらしいから、感動できるのだ。

Ichiro should have smiled just by Seattle fans, opponent team players and team mates(シアトルのファンと相手チームの選手とチームメイトたちがときめいたことだけで、イチローは笑顔になれたはず)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード