Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー サムライとしての自負に満ちた狙い打ちのホームラン!?


Regardless of the potential in the sports world, all the appointments for the players are directed by the director.Therefore, Ichiro and Shinji Kagawa don't know whether they can participate in the tomorrow, but it must be a reality(スポーツ界ではいくらポテンシャルがあろうと選手起用はすべて監督の胸三寸。それゆえ、イチローも香川真司も、明日出場できるかどうかもわからないのが、現実)!

東仙坊、イチローの狙い打ちホームランへの感動を倍加させてくれたのが、試合後のイチローのコメント。
「ファンも喜んで、いい点差だし、そういう意味では一番、理想的な場面だった」
「初球しかできないですよ。知らないピッチャーだから」
「いや、詰まっているからね。越えたとは思ったんだけど、外野手をね。でも、あの感じでここでホームランを打ったことはないんで。マイアミの球場はでかいから、あれでもここだと入るんだという感じで。ヤンキースタジアムでやっていたら、こういうのあり得ないけど、3年目でマイアミでやっているから、あれがホームランになるということだと思いますね」
「あ、そうだあ。忘れてた。ホームランで…そうかそっかぁ。あ、ま、ああそうなの? という感じくらいですかね? ニュアンスとしては。まあウレシイとか、そういうことは別にいいんじゃないんですかね」
「そういう気持ちは全然なかったですね。今回は最後の打席という思いで、最後打席に立ちましたけど、これがひょっとしてここで最後という考え方は全くなかったです」
「ボブルヘッドのことはもちろん知ってたし、これは印象に残るわね。もう全部、期待以上のもので表現してくれるから、もう、なんだろ、打てて本当によかった、最後に。これだけ盛り上げてくれて寂しい感じで帰りたくないからゲームを度外視して、展開、勝ち負けに関係なく、今回はそれをしたかった。そういう思いがとても強かったです」
「印象に残るわね、これは。イメージはあるじゃないですか。ただそれが実現するかどうかは別の話。そうなったら、そりゃいいよなあ、でもなかなか難しいよなということでしょう」
「昨日オズナが可哀想だったんだけどね。レフト守ってて、レフトで何かそういうのが起こって。チームメートに申し訳ない気持ちは生まれましたけどね。まあでもシアトルの人たちがいまだにこんなに思ってくれているのは感激しました」
「これは忘れられない特別な一打になりますね」

どうだろう?
我がイチローは、本当のサムライなのでは?
少なくとも、MLB通算3033安打の中でも、ひときわ煌めくホームランだったのでは?
そして、ポイントは、これらの反応。
東仙坊、今や完全にお気に入りの日本人の血の混じったクリスチャン・イェリッチ。
「彼が打ったときはベンチに座っていたんだけど、『彼なら当然』という感じだったね。他に何を期待すればいいんだ? これ以上のものなんてないね」
ボカスカ打たれて敗戦投手になったマーリンズにきたばかりのエデンソン・ボルケス。
「イチローは王様なのさ。彼は3連戦の間、この球場でファンから愛されていたね。今日ホームランが見られたことはスバらしいことだよ。彼の友人にとっても、我々チームにとっても、そして彼自身にとってもね」。
相手のサードで大活躍し、イチローとアイコンタクトをしたというカイル・シーガー。
「相手チームの選手にはホームランを打たせたくないけど、今回ばかりは身震いしたよ。あれは試合以上に重要なものだった。この試合だけにとどまらず、野球全体にとって特別な出来事になった」
さらに、仲がよかったセカンドのロビンソン・カノーとのアイコンタクト。
そのうえ、そのイチローのホームランをキャッチしたファンが、イチローに記念のボールを返したというから、感心しないか?
USAではこういった記念のボールを選手に返さず、netオークションにかけるヒトがほとんどのはず。
それなのに、イチローにとっても思い出に残るホームランボールと返却したというから、ウレシクならないか?
もちろん、我がイチロー、お返しにサイン入りのバットをプレゼントしたとか。
もっとも、このイチローの活躍で、かえって心配の種が増えたのが、東仙坊…。
自分だってヤンキースのレジェンドだというプライドを持つこの無能監督、そのジェラシーからイチローをしばらく起用しないのが、常。
案の定、1日おいてのペトコパークでのサンディエゴ・パドレスとの初戦。
1-1の接戦なのに、7回裏、なぜか9番のピッチャーの打順にファースト、ミゲル・ロハスを入れ、久しぶりにヒットを打ったジャスティン・ボアを交代。
ところが、ピッチャーをすでに2回リリーフに失敗しているデビッド・フェルプスに替えたために、4点も取られ最悪の結果。
そして、9回の表、2点を返した後、相手が左腕なのに代打に起用する選手がいなくて、イチローを代打。
すると、またまた怒り心頭のイチロー、ライト線に強烈なヒット。
そうしたら、ボールガールが飛び出して捕ろうとして弾いたうえ、ボールを拾うとスタンドのファンにトス。
球場ルールによってエンタイトル二塁打。
けれども、後続が続かず、3-5で敗北。
首になれ! 無能監督!!と、思わず一言。

In the sports world where everything must be only for making money, it is everyday that directors and judges act extremely mysterious(すべてが金儲けのためでしかないスポーツ界では、監督や審判が凄く不可解な行動をするのが日常)!

To be continued...
























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード