Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-41 腐ったナマズは、我々ナマズの仲間ではありません!?

Don't forget that Korea is themselves fighting with North Korea(サプアは北と戦っているのは自分たちだということを忘れるな)!

北が休戦協定を破棄した段階で、極端に言えば、サプアは北と戦争中のはず。
それなのに、金のためにしかモノゴトを考えられなくなっているサプアでは、そんな現実的な危機感や緊張感など皆無。
それは、無様にサプアにすっかり侵食されてしまったている我が国も同じ。
まあ、ハッタリとツッパリのいい加減な北が本気で戦争などしかけてこないだろうとか、自分たちが真っ先に大変な被害を受けるのだからUSAだって本当の武力行使などしないだろうなどと勝手に思い込んでいるのでは?
すでに国の体をなしていないサプアなどどうでもいいが、世界にその第8文明を誇る我が国までが、そんなピンボケのままでいいのか?
実のところ、ソウルには、日本人会と商工会を兼ねたソウル在住邦人人組織「SJC(ソウルジャパンクラブ)」なるものがあって、日本大使館とともに有事対策として定期的避難訓練などを行ったり、ブックレットの「安全マニュアル」などを配布しているとか。
もっとも、そのための避難所だったソウル市内の南の外れにあった日本人学校を7年前に新築を機に逆に漢江の北側に移転させてしまったというのだから、単に形式だけのものでしかなかったはず。
一事が万事そんな調子なのでは?
少なくとも、金を手にしてしまった国民皆兵のサプアに、本当に北と戦う気概があるワケもないのでは?
事実、すぐに兵士の母親が軍隊にウチの子を危険な目に遭わせたら許さないと怒鳴り込んでくるサプアの軍隊が、本気で北と戦えるワケもない。
何しろ、そのせいで、前線部隊の指揮官たちは作戦を実施するに前に兵士の親にメールや電話をして、作戦に息子を動員していいかどうか問い合わせるというのだから…。
とにかく、北との有事などあるワケはないと高を括っているのが、サプアの現状。
そのせいか、我が国の安倍晋三首相が朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにするやいなや、サプア外務省報道官が、「仮想の状況を前提とし、誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼし得る言及は自制すべきだ(?)」とすぐさま不快感を表明。
それだけじゃない。
世界一ノータリンのサプアマスメディア、「外交的に相当な問題発言だ。日本に憂慮や遺憾の表明をすべきだ」、「日本が危機を煽っている」、「緊張を煽るような低水準の稚拙な言動といわざるを得ない」、「慰安婦像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない」などと相変わらずのピンボケでの日本批判。
そして、4月25日、何事も起きないと、サプア外務省報道官、「中国が北に断固としたメッセージを発信してきている。中国の強力な警告だ。中国共産党系メディアも『対北原油供給の中断を含むより厳格な国連安全保障理事会の制裁決議採択に賛成する』と報じている。北を戦略的な資産ではなく負債と見るべきという中国国内の雰囲気を反映したもの」と中国を持ち上げると、再びサプアマスメディア、「日本は大げさに騒いでいる」、「北が挑発する一方で日本が挑発している。北の核問題を米中韓で議論するとか、実質的な対策はないのか」との的外れな日本への責任転嫁。
いくら得意のイジケでイライラしているからって、日中米が接近していることにヤキモチを焼くのは止めてほしいと思うが、どうだろう?
どうあれ、これを機に、普通のおつき合いのできないサプアとは金輪際袂を分かつべき。
おそらく我々日本人だけでなく、USA人や中国人も内心そう思っているのでは?
それを象徴する話が、これ。
米中首脳会談で、習近平が「Korea actually used to be a part of China(サプアは実質的には中国の一部だった)」と語ったということを、ドナルド・トランプがUSAマスメディアに暴露。
すると、サプア外交当局者が即座に反応。
「一顧の価値もない話。報道が事実かどうかは別にして、過去数千年間の韓中関係の歴史においてサプアが中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実である(??)」と反発。
それに、中国外務省報道官は、「サプア国民が気にする必要はない」と一言だけ。
すると、おバカ丸出しのサプアのマスメディア、発言は事実であってほしくないという気持ちを滲ませつつ、「習近平の発言にドナルド・トランプが共感したとすれば大問題だ。大国間でサプアの歴史について歪曲された議論が行われることはサプア抜きの問題処理につながる」などとウリウリ。
念のために、歴史をきちんと勉強している我々日本が教えておくと、Koreaの語源の「高句麗」だって、判明している限り、ツングース系民族、すなわち、前漢代の「濊貊」の後裔の国家で、国名や年号まで中国と同じだったのだから、中国に服属していたことだけは確かなのでは?
より厳密に言うと、不毛の朝鮮半島に何の得も覚えない中国が見棄てた地域だったということ。
その意味では、北の方が正統と言えるはず。
どちらにしても、デタラメ国家サプアにとって、隣のキチガイ国家だけしか本当の仲間はいないのでは?
少なくとも、そんなサプアとは我々はオサラバすべきだと思うが…。

It must be the historical truth that China feels that Korea is troubling(中国がサプアを厄介だと感じているのは、歴史的な真実)!

To be continued...
















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード