Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー 試合勘維持の難しさ「言わずもがな、でしょう」!?


Under the incompetent manager, it must be natural that more and fewer athletes will fail(無能監督の下では、故障する選手が増えるのは当たり前)!

東仙坊、本当にブチ切れそうになるほど激高している。
まるでサプアのような我が国の幼稚なマスメディアや結果し見ない自称野球評論家なるアホどもが、10打席ノーヒットだとか、イチロー限界説などを平然と吹聴しているからである。
それに、何をトンチンカンなことほざいているのだピンボケども!!と絶叫している。
いつ出場するかわからないのに、毎日、自分のようにマーリンズの試合を観ているのか?
そう、イチローのエブリデイウオッチャーなのか?
我がイチローは、間違いなく昨年よりもまた進化している。
ピンチヒッターに備えているせいか、より強い打球を飛ばそうとトライしている。
しかしながら、その微妙な調整をするには、いかんせん打席数が少ない。
にもかかわらず、マーリンズのクソ監督、なぜか意地でもそのチャンスをイチローに与えない。
それどころか、イチローを代打に起用しないように、あえて選手交代をする。
そのつもりで準備していたはずのイチローに、肩すかしを食わせ続ける。
さらには、代打でデレク・デートリックを優先させる。
そのせいで、イチローが起用されるのは、ほとんど敗戦が決まった後のクローザーに対してという難しさ。
そもそも、25試合を消化して先発起用されたのが、たったの2回。
それも、DHが採用される交流戦だけ。
つまり、25試合、外野の先発はずっと同じメンバー。
えっ、イチローは第4の外野手だから仕方がないって?
それを言うのは、MLBを知らないお方だけ。
連戦の続くMLBでは、どんなに当たっているレギュラーだって休み休み使うのが、当たり前。
疲労の蓄積を忌み嫌うから、それが不可欠。
ところが、全30球団で先発のポストプレーヤーが出ずっぱりなのは、マーリンズだけ。
とりわけ、イチローが古巣マリナーズ戦でホームランを含むマルチヒットを今年初めて打ってから、何が何でもイチローを先発させない。
どうやら、審判を含め、日本人のサムライであるイチローの人気がお気に召さないご様子。
そこで、そのクソ監督の異常さを、東仙坊、実証しておきたい。
そのマリナーズでの感動的なホームランの後のレギュラー、5月2日までの3人の成績。
3番センター、クリスチャン・イェリッチ、40-9、225。
4番ライト、ジャンカルロ・スタントン、39-8、205。
5番レフト、マルセロ・オスーナ、37-8、216。
どうだろう?
中心バッターがこれで、勝てるワケもないのでは?
開幕から1ヵ月、最初の疲労困憊なのでは?
それに、リリーフピッチャーのセンスの悪さは、天下一品???
無能監督ジョー・マッティングリーが率いるマーリンズが優勝するなど、夢のまた夢。
5月3日、再び交流戦で9番ライトでイチローは、今シーズン3度目の先発。
すると、第1打席、四球、第2打席、セカンドゴロ。
ところが、2-3と1点リードされた6回表、無死1、2塁の第3打席で、ライト前にクリーンヒットで、その後の大逆転のキッカケを創ったから、ワンダフル。
マーリンズよ、こういう繋ぐバッティングを少しはしろ!と、東仙坊、鼻高々。
そして、7回表にも、無死1、2塁で、強烈な一塁ゴロ、一塁が弾いて、いったんはタッチをかいくぐってセーフの判定だったのに、なぜかチャレンジで覆り、一塁ゴロ、それでもランナーをきちんと進めたから、その後の得点に貢献。
第5打席、レフトフライ。
しかし、極めつけは、試合終了を決めるライトでの超ファインプレー。
MLBデータ解析システム「スタットキャスト」のフィールディングメトリックスによると、守備位置から落下地点までイチローが走った距離は32.6m、その速度は約8.69m/s、5.3秒で到達したというから、トレメンダス。
そ、そ、その捕球確率は、なんと21%。
つまり、5つ星のスーパークレージープレー。
そのせいか、3人のレギュラー外野手まで、5-2、5-1、5-2、打点も、1、2、1。
思わず、東仙坊、イチローをこれでも起用しないのか? ヘボ監督!!!と一言。
そ、そ、そうしたら、翌日、そのイチローを起用しない、正真正銘のクソッタレ監督。
どうやら、イチローがデレク・ジーターと仲のいいところまでお気に召さないご様子。
そうしたら、3人の外野手も、2-0、4-0、3-1、打点全員0で、イチローを使わないまま1-5で敗戦。
早くクビになれ!差別監督!!!と思わず大絶叫。

Ichiro who plays hard hard though heart is likely to be painful might be painful(心が折れそうなのに懸命にプレーするイチローが痛々しい)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード