Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-41 腐ったナマズは、我々ナマズの仲間ではありません!? -2


The bad Korean government and the Korean mass media 's deterime than the mass media in Japan couldn't be healed forever(日本のマスメディアよりも劣悪なサプア政府とサプアマスメディアのデタラメぶりは、永遠に直らない)!

東仙坊、生きている間に、こんな光景を目にできるとは、ワケもなくお釈迦様や神様にひたすら感謝(?)。
仮にも1国の大統領になったご仁が、「尊敬する国民(?)の皆様に感謝します。正義が正義として通じる(???)、常識が常識として通じる(???)国に私がします」と挨拶したのである。
そう、自分の国が「不正義と非常識」の国だと断言したというのである。
このサプア人らしく髪を金色に染めたボクネンジン、もともと朝鮮戦争の最中に両親が脱北した北のお方。
あのサプア人の典型である整形で自殺した盧武鉉政権で、青瓦台首席秘書官。
そして、休戦中でしかない北を主敵とせず、ベトナム戦争で同盟国USAが敗れたことを歓んだと明言する、反米親北のコンコンチキ。
そのうえ、仮にも弁護士でありながら、順法精神など皆無。
我々にとって最悪なのは、「ウィーン条約違反である日本大使館や日本領事館前の慰安婦像に対し、像が寂しがらないように、ともに関心を持っていこう」と公言し、「国同士の約束である日韓合意について、国民の大多数が、心情的に合意を受け入れられないのが現実だ」とも公言するトンチンカン。
国民感情で国同士の公の約束事すら法規を逸脱し無視すると言うのだから、もはやキチガイ。
それより何より、あの盧武鉉とともに成立させた「親日反民族法」で、日本統治時代に朝鮮総督府に協力したり、警官だったりした人の子孫を捜し出し財産を没収したトウヘンボク。
何しろ、それは近代法の根幹である刑罰対象をあらかじめ定める罪刑法定主義も法令の効力はその法の施行時以前には遡って適用されないとする法の不遡及の原則をも無視したシロモノ。
つまり、このお方、正義を正義として通じさせない、常識を常識として通じさせない極悪人。
第一、社会の悪しき旧弊や既得権益を一掃するとして「積弊清算」のスローガンを掲げたサプアの大統領らしく就任前から、大スキャンダルの持ち主。
何でも、自分が青瓦台首席秘書官だった2006年、「サプア雇用情報院」という募集枠たった2名の超人気準政府機関(?)に、自分のバカ息子を裏口就職させていたというのだから、開いた口が塞がらない。
しかも、そこの院長はかつて自分の部下。
それだけじゃない。
提出されたバカ息子の応募書類によると、卒業証明書発行日は、入社試験応募締切後の日付。
そして、応募写真もスーツではなく、普段着にピアス。
そのうえ、その応募公開日が、入社試験応募締切日だったというから、もうメチャクチャ。
ヤングの就職難が問題視されているサプアで、それはないだろ!と思わないか?
どうあれ、こんな国と、そして、こんな大統領と一体何をどう信じ合えと言えるの?
どう考えても、つき合わないのが一番なのでは?
とにもかくにも、東仙坊、我が国の未来のためには、サプアとの国交断絶を念頭に、何を言われても相手にしないことなのでは?
困るのは、サプアと我が国の内で跳梁跋扈宇する親韓派や従北派の売国奴どもだけ。
さて、かつての強制連行慰安婦の性奴隷という虚偽のときと同様、5月12日、なぜかタイミングよく国連人権条約に基づく「拷問禁止委員会」なる胡散臭い世界の官僚の天下り先機関が、「慰安婦問題を巡る日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直し」をサプアに勧告する「審査報告書」を発表したとか。
あくまで、それはサプアに対する「慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に対して、被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」という勧告で、我が国に対してのものではないので、この点をお忘れなく。
それもこれも、サプア政府が、2月に「拷問禁止委員会」に提出した報告書で、過去に出された勧告に対する2006~2015年の実施状況を説明したが、日韓合意には触れていなかったためだけでなく、5月2、3両日に「拷問禁止委員会」の審査を受けた際、日韓合意に関する情報提供を求められときにも、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることをベースにした日韓合意により元慰安婦支援財団に日本が10億円を拠出し、元慰安婦と認定された46人のうち34人が財団を通じて日本の拠出金を財源とした現金支給の受け入れを表明し、すでに32人が受け取っていることさえ説明しなかったためというから、何をかいわんや。
実際、そのいい加減なサプアの説明は、「拷問禁止委員会」のHPに掲載されていて、その恣意的なデタラメが露呈しているとも。
本当にどこまでもウソつき国家なのでは?

We should bear in mind that the United Nations and its stunning outsourcing institutions are a miserable group of unrelated yakara who wants to get money without working(国連もその胡散臭い出先機関も、働かないで金をもらいたがる不逞のヤカラどもの情けない集団だと我々は肝に銘じるべき)!

To be continued...





















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード