Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-41 腐ったナマズは、我々ナマズの仲間ではありません!? -2


To the big lie that Japan's government is vulnerable to the future with Korea, we should be sloppy(脆弱な我が日本政府の「サプアとの未来志向」という大ウソには、我々はもういい加減辟易すべき)!

東仙坊、かねてから平和ボケ丸出しのノーテンキ国家でしかない我が国の致命傷は、世界に安心や安全がまるであるかのように錯覚していることだと指弾してきた。
その象徴的な誤解が、「国連」なるもの無用の長物への理由なき期待、崇高な神の代行者かのような盲目的ピンボケ認識。
実際、北のことだろうと、シリアのことだろうと、クソの役にも立っていないことだけは、バカでもわかるのでは?
そもそも、国自体として存在していなかった共産党一党独裁の中華人民共和国を、いつのまにか国連安保理事会常任理事国にさせた段階で、解体してしまったUSSRの単なる一国でしかなかったロシアがそのまま国連安保理事会常任理事国のイスにそのままつかせた段階で、有名無実の無力組織になってしまったのも当然なのでは?
そ、そ、それなのに、国連神話のメズラシイ信奉者である我が日本は、そんな国連にジャブジャブ金ばかりを垂れ流し。
それだけじゃない。
サプアのアンポンタン外交官を事務局長に担いでしまうテイタラク。
極論すれば、何もできない大バカ組織を無尽蔵に支え続ける単なるみっともないダンベー。
そんな認識だから、いつのまにか世界中の無能官僚どものハキダメ。
我が国の血税で、贅沢三昧。
当然のごとく、そんな組織で働く不逞のヤカラどもが動く動機は、賄賂。
そう、私利私欲を満たすためだけ。
その観点から見れば、このうえなく胡散臭い「拷問禁止委員会」がサプアに出した勧告のバックグランドも見え見え。
そう、3月20日、サプアが反日のために誕生させた従北派の左翼的NGOの63団体(この異常な数をお忘れなく!)がその金が自由に使える利点を生かし、せっせと日本を貶めるためのお得意のアンダーマネー、賄賂を「拷問禁止委員会」のおバカ委員どものポケットに配った成果。
そして、「サプア政府が元慰安婦の要求を無視して日本と合意を結び、元慰安婦らに日本からの資金受け取りを勧めたため精神的苦痛や健康悪化に苦しむことになった」とうそぶいた結果。
というのも、この「拷問禁止委員会」、過去にもそのオタンチンどもの言いなりで、慰安婦を「性奴隷」と表現し、日本に対し勧告を行った前科があるのだから、至極当然。
では、その得体の知れない「拷問禁止委員会」とは、何ぞや?かというと、「国連」が、1948年12月、「世界人権宣言」を採択。
それをキッカケに、人権に関する条約を次々に策定。
その一環として、「拷問等禁止条約」を1984年に採択し、「拷問禁止委員会」は、1987年の条約発効に合わせて批准国家の履行状況を監視する組織として設置されたもの。
つまり、単なる「条約機関」。
そのために、「国連憲章」に根拠規定もなく、総会や安全保障理事会のような「主要機関」、IAEAなどの「関連機関」、WHOなどの「専門機関」とは一線を画すものだというから、お笑い種。
ちなみに、我が日本は、1999年にその「拷問等禁止条約」を批准しているとか。
また、「国」連には、他にも、「社会権規約」、「自由権規約」、「女子差別撤廃条約」、「児童の権利に関する条約」、「人種差別撤廃条約」などの「条約機関」としての各委員会が設置されているとも。
もっとも、各委員会は「独立した専門家(?)」で構成され、定期的に締約国が提出する政府報告を審査し、国連総会で活動報告を行うことが主な任務というが、一体どこの誰がどう独立しているのか?と疑っているのは、東仙坊だけではあるまい。
第一、委員の多くが、締約国の推薦を受けて選任されているというが、誰が何を根拠にどう選んでいるのか?
しかも、各委員会の政府審査は、ジュネーブの国連欧州本部で開催され、国連事務局(?)が事務的補佐を担い、国連の予算措置を受けているというのでは?
誰が考えても、国連欧州本部の強い影響下にあるだけでなく、そこで陰険な金バラ撒きロビー活動をする反日ロビイストどもの言いなりなのでは?
どちらにしても、なぜか煮え切らない我が日本政府、「今回の勧告はサプアを対象にした審査で、日本が関与する余地はなく、合意の履行状況に関する照会もなかった」とか、「日韓合意は国際社会が高く評価した合意だ」とか、「最終的かつ不可逆的解決であることで一致したはずの日韓合意を着実に実行することが重要だという認識に変わらない。合意見直しに応じない」とか、「サプア政府の公式発表があったとは承知していない。サプア政府はきちんと対応する」となどと言い訳していないで、「いい加減しろ! これ以上戯言を言うなら国交断絶も厭わない」とサプア政府に猛抗議しないのか?
未来志向、未来志向って、一体どんな未来がサプアとの間にあるのか?

We should recognize that the United Nations is useless than a big tree(うどの大木よりも役立たずの「国連」と、我々はいい加減認識すべき)!

To be continued...





















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード