Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-194 やはり自殺と自爆テロは究極のこの世の悪なのでは?


I am convinced that there is a bad influence of Koreans on both sides who do bullying and those who do it(我が国のイジメをする側にも、される側にも、サプア人たちの悪影響があると確信している)!

東仙坊、イジメなんかで自殺する情けない子どもたち、現状にイジケて自爆テロリストなどになるアンポンタンどもに、それが何になるの?と問いかけたくて、地球外生命体の存在を取り上げてみている。
そして、たかが100年程度のたった一度の人間の人生、何があろうと、唯一絶対である自分の死を見つめながら、もう笑うっきゃない…とどこまでも淡々と生きるしかないのが人間の宿命とお互い覚悟しようじゃないかと提案しているつもり。
総質量約1兆2600億太陽質量で、約2000億~4000億個の恒星が含まれているという棒渦巻銀河…。
そこには、すでに書き込んだ地球外生命体が存在する可能性のある「球状星団」があるだけでなく、地球外生命体が存在する可能性のある地球型惑星が次々と発見されているのでは?
なかでも、昨年発見された「プロキシマb」。
その地球から目と鼻の先である4.25光年になる恒星(太陽)が3つある三重連星「アルファ・ケンタウリ」の赤い準惑星「プロキシマb」は、地球の約1.3倍の大きさの岩石惑星で地球の環境に酷似しているというのでは?
そして、生命が存在できるとされる「ハビタブル・ゾーン(居住可能圏)」にしっかりと入っているというのでは?
事実。UKの研究チームが気象予報モデルソフト「Unified Model」で研究したところ、生物にとって過ごしやすい気温だとの結果が出たというのでは?
何でも、地球のように窒素と酸素が豊富な大気である場合と窒素と微量の二酸化炭素のみを含む大気の場合の2パターンの大気条件をもとに気候環境を予測したら、水が存在できる安定した地表温度を持つことが判明したとか。
もっとも、太陽の当たらない地表部分では-200℃の場所もあるとか。
地球の最低気温が南極で観測された-93.2℃だから、かなり寒いことは確か。
また、ハーバード大学アビ・ロブ教授は、そこに観測衛星を送り込みたいと言っているというのでは?
それにしても、なんとなく人類が移り住むような名前の惑星名だと思わないか?
どうだろう?
宇宙のこと、地球外知的生命体のことを想像するだけで、人間の儚さを感じるとともに、イジメだとか、神のためだとか、現状への不満などとかで自殺をしたり、自爆テロリストなどになることがバカバカしく思えてこないか?
どうせ必ず死ぬ運命なのに自ら死ぬなんて本当に愚の骨頂だと思わないか?
とりわけ、そのイジメがメチャクチャタチが悪く執拗だったとしても、それで自殺してしまったらイジメたヤツラの思う壷になってしまうのでは?
それで自分を養ってくれていた親や支えてくれていた友人たちを深く傷つけていいのか?
同じくいくら崇高な大義があったとしても自爆テロで無辜の民を殺害してその人々の大切な人たちまで悲しませると同時に、自分を養ってくれていた親や支えてくれていた友人たちを深く傷つけていいのか?
ところで、東仙坊、かねてから自殺した子どもことで学校や教育委員会などを訴えたりしている親たちに、自爆テロリストになった我が子の行動に全く気づかなかったとのたわっている親たちに、疑問を覚えている。
たかが人間のやること、本気で我が子と対峙していれば、そうなる前にいくらでもその兆候、いわゆるネガティブなサインを見つけることができたはずだと思うのだが…。
とにかく、もののあわれ、儚さを痛感できる日本人には、イジメによる自殺も無差別テロも似合わないと思うが、どうだろう?
あくまで、明鏡止水、虚心坦懐、臥薪嘗胆であるべきなのでは?
どちらにしても、再度、断言しておきたいが、今やイジメは、サプアの悪影響をもろに受けた日本の定番。
サプア系がやたら跋扈する政界・財界はもちろん、教育界やスポーツ界でも、イジメは日常。
それに卑屈に屈するようでは、日本はオシマイなのでは?
そ、そ、そうしたら、またまた興味深い話が我が日本から出てきた。
何でも、養老渓谷近くの千葉県市原市田淵に、77万年前から12万6千年前までの時代当時の地球の名残りがあるのだとか。
しかも、それが目に見えるカタチで残っているというから、ファンタスティック。
その当時は、「第四紀中期更新世」で、ネアンデルタール人や北京原人が生きていた年代で、地球の磁気が南北で逆転する現象が最後に起きたときなのだとも。
それも、77万年前に長野県と岐阜県にかかる御嶽山が噴火して堆積した火山灰の層が、海底で連続的に積もった安定性があり、生物、気候、地磁気の逆転の変化がよくわかる状態だというから、実にミステリアス。
それが、例え、国際地質科学連合で、「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」と名づけられようがなるまいが、その現実こそ、ミラクルだと思うのは、ミラクルだと思うのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

A real Japanese doesn't condemn people by raising themselves on the shelf, and can respond to anything calm and revolution and live frantically(本当の日本人は、自分のことを棚に上げて人を非難しないし、どんなことにも冷静かつ怜悧に対応し淡々と生きてゆくことができる)!






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード