Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-195 我が国の内にいるニセ日本人たちと本物の日本人との相違点!?


I admire that this 13-year-old genius of this table tennis, who wanted to be naturalized in Japan, became a Japanese person, must be a real Japanese(日本に帰化したいと心から欲して日本人になった、この卓球の13歳天才少年こそ、本物の日本人だと称賛している)!

実は、東仙坊、今回のテーマで書き込みたくなった理由は、簡潔明瞭。
久しぶりにこの少年こそ大和魂を持つ本物の日本人だ…と胸の高鳴らせ感涙させられたからに他ならない。
その日本人の少年とは、6月5日、「ITTF(国際卓球連盟)」が発表した卓球世界ランキングで、ドイツ・デュッセルドルフの卓球世界選手権で大会史上最年少の13歳で8強入りし、69位から39位に300人抜きのジャンプアップで世界初の史上最年少トップ50入りを果たした、まだ13歳の張本智和。
そのITTFまでが、「誰かが魔法などを使って事実を正反対の方向に持っていかない限り、彼は男子史上最年少でTOP50入りを果たした選手となった」、「世界大会の6日間は日本の13歳、トモカズ・ハリモトが中心だった。期待を集めた彼は準々決勝まで進出したが、許昕が夢物語に終止符を打った」、「トモカズ・ハリモトは18歳以下、15歳以下の世界ランキングでも、もちろんトップの座についている」と大絶賛。
では、どこに感動したのか?
準々決勝で、元世界1位、現世界3位の許昕を「世界選手権で戦っている全員がタイトルを目指している。若者というだけで、彼にタイトルを与えるワケにはいかない」と本気にさせたそのガッツあるプレーぶりにもある。
そして、その敗戦後、「卓球には年齢は関係ない。ベスト8もうれしいけど、メダルとそれ以外は一緒。やっぱり悔しい」と率直に語った聡明さにもある。
しかし、東仙坊、無我夢中で拍手喝采を送るほど感動させられたのは、その男子シングルス4回戦で、 世界ランク12位のスロバキアのルボミール・ピシュテイにと4−1で勝利 した後のコメント。
始めは、通り一遍の答え方をしていたのだが、インタビューアーがあまりにも当たり前の質問ばかりすることになかば怒ったように発した言葉。
というのも、このスロバキアの選手、構えないうちにサーブする、なかなかサーブを受ける姿勢を取らないなどありとあらゆる13歳のヤングキッズを幻惑させる卑怯な戦法をなりふり構わずとり続けたからである。
この燃える少年は、「このヒトだけには負けたくない。このヒトにだけは命を懸けても勝たなければならない。このヒトだけには何が何でもやっつけなければいけない」とはっきりと言ったのである。
これこそ、サムライ精神、純粋な日本人の負けじ魂。
えっ、この子は、両親とも中国人で、しかも、卓球選手の卓球サラブレッドだって?
その通り。
しかし、この子は、賢明なそんの両親のおかげで、何よりも学業を優先されていて、ずっとその成績が宮城県でもトップ10以内なのだとか。
そして、その成績のまま、ジュニアのありとあらゆる卓球大会を制覇したとき、両親がご褒美に何でも好きなものを買って上げると両親から言われたとき、「ボクは日本人になりたい」と切望したのだとか。
その結果、父親、妹とともに、今では紛れのない日本人。
それも、大和魂を持つサムライのような日本人。
実際、6月9日、「2016年度JOCスポーツ賞」の「新人賞」を受賞したこの子、「一昨日帰国し、昨日と今日、普通に学校に行きました」と報告。
幼稚な報道陣から、「帰国してから『チョレイ』となったことは?」と聞かれ、「友だちにおめでとうって言ってもらったときです」と応え、「子どもたちの間で『チョレイ』が流行っている」と言われると、「マネしてくれるのはいいけど、バカにされてる感じもするので、バカにはしないでほしい」と応え、卓球世界大会の結果についての質問にも、「まさかベスト8にいけるとは思っていませんでした。結果はうれしいけど、あと一歩でメダルだったので悔しいです」と応え、ランキングが69位から39位にアップしたことについて聞かれると、「もっと上に行きたい!3年後までにもっともっと強くなって東京五輪に出たいです」と応えたというから、ウルウル。
どうだろう?
この張本智和のように日本を心から愛し、本当に命懸けで日本人になりたいと思う人こそ、本物の日本人だと思わないか?
それに比べて、民進党をはじめとする政界に、財界に、マスメディアに親韓派のニセ日本人が何と多いことか…。

We should bear in mind that there are many fake Japanese in the politicians and the mass media favoring Korea in Japan(日本の親韓派の政治屋とマスメディアには、ニセ日本人が多いということを肝に銘じるべき)!

To be continued...










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード