Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-195 我が国の内にいるニセ日本人たちと本物の日本人との相違点!?


After all, any bureaucrat must be the same as China, only working for profits and benefits of ministries(所詮、どこの官僚も、中国と同じで、省庁益と自分益のためにしか働かない)!

前川喜平というよりも、「前田喜平」と呼ぶべき、典型的な勘違いジコチュウ元官僚。
それはそうである。
岐阜県出身の祖父前川喜作が立ち上げた株式会社前川製作所は、アンモニアを使った産業用冷蔵機では国内の60~70%、冷凍運搬船用の冷凍設備では世界の80%以上のシェアを占める世界三大冷凍機メーカーの一つで、年商1000億円以上。
実の上の妹が、1999~2000年にかけて文部大臣だった文教族重鎮参議院議員中曽根弘文の妻。
そう、現在、文教族重鎮の元総理森喜朗とともに、自民党内で安倍晋三追い落としを画策している元総理中曽根康弘の息子の嫁。
そして、その娘が、日本交通3代目社長夫人。
また、下の妹が、一部上場レストランチェーン「東天紅」会長夫人。
さらに、縁戚には、鹿島建設の鹿島家。
どうだろう?
このとき、小泉純一郎と安倍晋三が所属していた「清和会」には、「文部科学(旧文部)大臣経験者でなければ族議員でない」と言われた文教族議員がワンサカ。
町村信孝、鳩山邦夫、伊吹文明など…。
では、コヤツが国民のことを考えて反発したのかということ、全くそうではない。
あくまで文部科学省の省益を守ろうとしただけ。
それゆえ、旧文部官僚のほとんどが陰に日向にコヤツを応援したからこそ、首相と官房長官に反旗を翻せただけ。
ありていに言えば、単なる小泉純一郎と中曽根康弘との利権争いのための代理戦争。
それゆえ、コヤツ、首相に反発しながらも、一度も冷や飯を食わされることなく、順調に階段を上がれたのである。
そ、そ、それを安倍晋三とその親衛隊は忘れていなかった。
しかも、現在の文教族の世界では、子飼いの下村博文をはじめとする「清和会」系で、首相のお友だちばかり。
実際、第二次安倍晋三内閣以降の歴代文部科学大臣は、3人とも首相と同じ派閥の「清和会」の仲間。
どうだろう?
いみじくも、安倍晋三首相自身が言っているように、「私が文部科学省に指示するんだったら、役人じゃなく直接大臣に言うよ」というのは、まさに至言だと思わないか?
にもかかわらず、懲りない民進党は、5月17日、岡山市にある学校法人「加計学園」の大学獣医学部新設計画で、文部科学省が作成したとされる記録文書を入手した(?)として政府を追及。
何でも、その「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する記録文書には、内閣府が文部科学省に、「獣医学部の設置時期について、最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでおり、総理のご意向だと聞いている」と記載されているとか。
だから、仮にそれが本物の文書だったとしても、おバカな民進党が声高に叫ぶように、一体そのどこが問題なのか?
そんな官僚による内閣府への忖度など日常茶飯事なのでは?
それなのに、「官僚による究極の忖度があったと疑わざるをえない。サプアのお嬢さん前大統領と一緒だ。首相を辞めるだけですむ問題ではなく、議員も辞めていただかなければいけない大きな問題だ」とは、ピンボケもここまでくると完全にソシオパスなのでは?
その先頭に立っているモノの言い方に含羞のない民進党らしい玉木雄一郎なるスカタン衆議院議員、何でも、5月19日、フジテレビのニュース番組に出演し、俳優別所哲也の「この文書が見つかって、民進党として何を論点にされようとされてるんですか?」と追及されると、「2015年の閣議決定違反が行われているかどうかです。2015年6月30日に、閣議決定が行われて、特区で認めるけれども従来の大学では提供できないような教育をするというような4つの条件が付されてるんですね。それが満たされているのかどうかのこと」と応え、「何か違法性が発生するのか?」とさらに追及されると、「イヤ、違法性ではありません」と応えたというから、開いた口が塞がらないのでは?
それどころか、父親が香川県獣医師連盟副会長で兄も獣医であるというこのご仁、2012年に「日本獣医師政治連盟」から100万円の献金を受け取っているというのだから、単なる規制緩和反対の間者。
事実、民主党岡山県選出高井崇志議員は、昨年4月26日の衆院地方創生特別委員会で、「四国に、今治に獣医学部が1個もない状況に鑑み、国家戦略特区の実現を要望していた」と言うから、何をかいわんやでは?
一方、今治市は、今治新都市開発事業に着手した1983年、いわゆるこの加計学園による獣医学部構想の誘致を決める前から、今回、無償譲渡する土地を高等教育施設用地と位置づけて、歴代の市長が大学誘致を目指し、今治市議会も将来的に市が土地を購入することを2000年、2007年、2008年と3回も議決しているというのでは?
それより何より、加計学園をともなった今治市の獣医学部誘致に関し、2007年以降の8年間で、実に15回もの申請が繰り返されたのに、ことごとく申請をはねつけてきた文部科学省とは、何?
実際、第一次安倍晋三政権下でも、この申請は却下されていたというのでは?
どうだろう?
安倍晋三首相と加計学園との間の特別な関係でコトを強引に進められるというなら、とっくのとうに今治市の獣医学部開設は認められていたのでは?
それなのに、民進党も、旭日新聞も、どの観点からモノを言っているのか?
5月18日、旭日新聞社説は「疑問に正面から答えよ」???
「民主主義国家の当たり前の原則が掘り崩されているのではないか。そう疑わせる問題が、旭日新聞が入手した文部科学省作成の文書で明らかになった。首相と政府の信頼に関わる重大な事態だ」とは、それでもジャーナリズム?
一体どこが違法なの?
その根拠は、何?と呆れ返るのは、東仙坊だけではあるまい。

It must be Anti-Japan Asahi Shimbun who wants to trash Shinzo Abe who is finally doing Japan's prime minister with the elimination method anyhow(消去法でもなんとか日本の首相をこなしている安倍晋三を、何が何でも引きずり落としたいのは反日の旭日新聞)!

To be continued...



























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード