Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-195 我が国の内にいるニセ日本人たちと本物の日本人との相違点!?


If the bureaucrats were really pursuing themselves for public interest, our country would have been a normal country more quickly(官僚どもが本当に公共の利益のために精進していたら、我が国はもっと早く普通の国になっていたはず)!

官僚の絶対的な悪行は、濡れ手に粟の組織的既得権益を、組織的天下りでこのうえない安逸を、心ゆくまで貪ること…。
そして、前川喜平なるアンポンタンが、否応なしにクビを晒されるようになったキッカケは、今年1月に発覚した文部科学省の組織的天下り斡旋問題。
およそ教育の省庁とは思えない人事課や事務次官にまで再就職先の情報が共有される、非常に悪質極まりない「国家公務員法違反」。
中国だったら、丸裸にされ間違いなく塀の中。
そして、まるでその逃げようのない不祥事の引責辞任かのように、1月20日、文部科学省事務次官を依願退職(?)カタチになったのが、コヤツ。
しかしながら、時の首相や官房長官に抵抗しても出世街道を上りつめたコヤツは、紛れのない確信犯。
実際、文科審議官当時に違法な再就職斡旋をしたとして、コヤツ(62歳)、調整役を担った人事課OBの嶋貫和男(67歳)、文部科学省歴代人事課長とともに、参考人招致されたはず。
なかでも、公明党高木美智代は、コヤツと嶋貫和男に釈明を求め、国家公務員の再就職斡旋を一元的に担う内閣府の「官民人材交流センター」の機能強化を訴えたはず。
さらに、民進党江田憲司と小川淳也だって、2人に天下り斡旋の実態を質し、他に違反事例がないかを追及したはず。
実はまだある。
既得権益が生じていた新国立競技場問題を巡り、和泉洋人首相補佐官から、決断を下せない文部科学省と権限を取り上げて頭にきていたはず。
ともあれ、以来、根っからの正義と無関係なコヤツ、「オレを誰だと思っているんだ、文教族の大御所中曽根康弘の義理の息子で、同じく力のある文教族の中曽根弘文は義弟なんだぞ。それなのにオレに詰め腹を切らせやがって、許せねい。いつか目にもの見せてやる。いつか、復讐してやる」と悶々としていたに違いない。
そ、そ、そんなとき、棚ボタで「かけ」問題がヤリ玉に取り上げられたから、ほくそ笑んだはず。
だからこそ、文部科学省の獣医学部新設阻止の「岩盤規制」で既得権益を貪っていた守旧派文教族の義父と義弟から、「自分の名誉回復と安倍晋三転覆の一石二鳥」という甘い言葉に、おバカなコヤツが乗せられたのは火を見るよりも明らか。
えっ、文部科学省の獣医学部新設阻止の「岩盤規制」って、何だって?
日本の大学において、獣医学部が新設されたのは1966年の北里大学のケースが最後。
そう、すでに半世紀以上、獣医学部を新設していないというのである。
では、なぜ獣医学部の新設されなかったのか?
それは、学部開設の許認可権を持つ文部科学省が、獣医師や獣医学部の質の確保を名目に、全国の7割近い獣医師が加入する日本獣医師会の金に目が眩んで言いなりになってきたのである。
もし獣医師の数が本当に十分に足りていて、その質が確保されてきたのなら、そのいわゆる「規制」は公共の利益であることは間違いない。
けれども、そうでない場合は、単なる既得権益守護のための「岩盤規制」。
では、加計学園が運営する獣医学部の誘致に積極的だった愛媛県の場合はどうなのか?
全く不足しているというのが、実状。
事実、愛媛県内の畜産業振興を目的に愛媛県職員として獣医師を募集しても、必要数に満たないアリサマとか。
そこで、愛媛県では、定年退職者の再雇用で何とか凌いでいるとも。
では、獣医学部の誘致に名乗りをあげた愛媛県今治市はどうなのか?
何でも、現在、今治市は全国的にも経済的にかなり豊かな地方都市だとか。
なぜなら、経済を支えている地場産業がここ近年好調に推移しているからである。
主力産業の1つは、ブランド化に成功した「今治タオル」を中心とする繊維業。
もう1つは新造船竣工量が全国トップで、世界シェア第2位の「今治造船」を中核とする造船業。
では、なぜそんな今治市に大学の獣医学部が必要なのか?
ご多分に漏れず、そんな豊かな今治市も人口の減少が深刻なのだとか。
というのも、高校を卒業した人が、大学に入学するために市外、愛媛県外へ転出してしまい、そのまま就職してしまうのだとか。
それゆえ、今治市に畜産業も活性化させるとともに、獣医師不足を解消する「加計学園」岡山理科大獣医学部の新設が必要だというのである。
どうだろう?
それなりに納得できるのは、東仙坊だけではあるまい。

When the pretense of evil pretends like a messenger of justice, it should become a truly unpleasant face.(悪の権現が正義の使者のようなフリをすると、本当にイヤな顔になる)!

To be continued...


































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード