Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-195 我が国の内にいるニセ日本人たちと本物の日本人との相違点!?


Kihei Maekawa, who appeared in front of the mass media to raise his incompetence to shelves to defeat people, must be definitely a dog who plots to overthrow the current government(自分の無能さを棚に上げ人を貶めるためにマスメディアの前に登場した前川喜平は、間違いなく現政府の転覆を謀る国賊)!

東仙坊、省庁の既得権益を奪うことになる「国家戦略特区」。
それを何が何でも阻止しようという抵抗勢力、実はそれらは自民党の外よりも内に多いはず。
とりわけ、安部晋三が自民総裁任期2期6年を調子こいて3期9年にしたことに反感を持つヒトたちがいるはず。
まあ、政治屋になりたがるようなヒトたちは自惚れが強く嫉妬深いもの。
しかも、今までの慣習を打ち破り、ほとんどの政治屋どもが親韓派のはずなのに、サプアに対しかなり毅然とした態度を維持するので、内実、大困り。
サプアの反日支援の親韓派の代表格である民進党と旭日新聞が、「もり」で安倍晋三にダメージを与えていたうえ、「かけ」で安倍晋三を倒せると自民党内の親韓派どもが決起。
しかし、使ったコマがあまりにも情けなくてみっともないアンポンタンでしかなかった。
それも、教育行政のトップでありながら、出会い系バー通いを貧困女性の実地調査だとのたまわってしまうほどの大バカ。
今ごろ、あれほどの大バカだったとは?と冷や汗をかいているのは、守旧派の文教族どもだけではあるまい。
どちらにしても、「かけ」問題の真相を的確に教えてくれているのが、このアンポンタンの文部科学省で上司で、学校法人「加計学園」獣医学部設置誘致を進めた、加戸守行前愛媛県知事。
「前川は『行政の在り方がゆがめられた』と言っているが、その前に獣医師不足を解決できていない文部科学省の態度を反省すべきだ。文部科学省による新獣医学部の設置不許可などの岩盤規制は強固過ぎる。獣医学部の定員は神奈川県以東が8割、岐阜県以西は2割。こんな規制が医学部にあったら暴動が起きる。前川は則を超えてしまったのか? 岩盤規制を取っ払って、定員規制を外すことは行政を歪めたことにはならない。2010年宮崎県で口蹄疫が発生した際には、愛媛県の港に検疫態勢を取り、入県する車と人は全部消毒し、四国への上陸を阻止した。全員が不眠不休でやったが、獣医師が足りないから民間のペットの獣医師まで動員して助けてもらった。あのときほど獣医師がほしかったことはなかった。当時、日本大学の総長は『加計学園が今治市に獣医学部を作っても、ロクな教育しません』なんて言う。だから『日大さん、きてくださいよ。うちはどこの大学でも関係ない。獣医学部が四国にきてくれればいい』と言ったんだ。獣医学部が去年できていれば、誰も何も言わなかった話だ。事柄の本質は愛媛でどれだけ獣医師がいなくて困っているかということだが、そんなことは知ったことではないということなのか? 安倍晋三首相が加計学園と絶縁したら認めてくれるのか? 前川は大学の実情を知らないし、四国が公務員獣医師不足で苦しんでいるということは、耳に入っていなかっただろう。役人をやっていると、無理無体はある。私のときだと、1982年の歴史教科書検定事件(教科書誤報事件)だ。あれこそ、行政の筋を政治が曲げた。役人は全員ガマンした。しかし、あのときに『行政の筋を曲げた官邸はけしからん』と言ってマスコミに出た役人はいなかった。政権を倒すことにつながるからだ。無理無体であっても、政治が優位であって行政は下なんですよ。大臣の下に事務屋がいる。どんなに無理なことでも、大臣が言うことは従うべきだ。教科書騒動のときも悔し涙を流しましたよ。政治の思惑なんて見え見えだったが、行政の筋が曲げられたと思っても言いませんでした。それが役人の矜持ですよ。『総理の意向』という言葉は事務方レベルでは使います。私なんか文部省の現役時代は『大臣の意向だ』とか、『事務次官がこう言っているぞ』とかハッタリをかましました。虎の威を借りないと役人は動かないんですよ。噴飯ものなのは、民進党政権下でうまくいきかかったものを民進党が潰しにかかっていること。自民党政権時代は『対応不可』とされてきた獣医学部設置について、鳩山由紀夫内閣時代の2009年の提案で『速やかに検討』へと方針が転換された。民進党政権があと2年続いていたら実現していた」
「1999年に知事に就任したとき、愛媛県今治市は都市再開発の構想が十何年も眠っていたままだった。知事に就任してすぐに旧建設省と住宅・都市整備公団に要請し、2000年から事業が始まった。今治市の構想は2地区あった。そのうち1地区は都市学園構想で高等教育機関を引っ張ってきて学生の街にしようというものだった。地元の松山大学が手を挙げて進めたが、経営学部の設置構想もできた段階で学内の左翼グループ教官の猛反対にあい、潰されてしまった。構想が宙に浮いたところで、今治市選出本宮勇県議が『加計学園が大学を進出してもいいというが、今の天下の状況をみていたら獣医学なんかはどうでしょうか』という話を持ってきたから、飛びついたんだ。結局、自民党の獣医師問題議連に乗り込んでいった。時期は曖昧だが当時、議連の名簿を見たら、最高顧問が党の実力者というから、やれうれしやと実力者のところに飛び込んだ。すると、実力者は当時の獣医師会の山根義久会長に話してくれて、『加戸ちゃんうまくいったよ。山根会長が了解してくれたからな。これで進められるよ』という話だった。『救いの神です』とお礼を言ったが、山根会長が獣医師会で愛媛の獣医学部を認めてやれと言ったら、他の役員に袋だたきにあってしまったそうだ。2009年に民進党政権になって、愛媛で白石洋一が民進党から衆院議員に当選した。彼に『自民党ができなかったことをやれば民主党の点数が上がるぞ』って言って、一緒に文部科学省に陳情に行った。彼が四国の議員らに声をかけてくれて、獣医学部を作るべきだと国会質問もやってくれた。そしたら、今までは構造改革特区で『対応不可』だったのが、鳩山由紀夫政権の終わりのころには『実施に向けて検討』となったんだ。前に進んだよ、さすが民進党、と思っていたら、今度は民進党が民進党獣医師議連を作ってしまった。日本獣医師連盟は玉木雄一郎衆院議員に100万円の献金したとか…。お笑いだけど、民進党政権がひっくり返って、今度は自民党政権に戻ったら進まない。こん畜生、と思ったよ。安倍晋三首相と加計学園の理事長が友だちだと知ってたら、直訴してでも10年前に獣医学部を作ってますよ。安倍晋三首相に『アンタ、加計学園の友だちでしょ。やってくださいよ』って。50年も東京の私学を守るために、獣医学部を地方に作らせないなんてふざけた話があるのかって直談判してましたね」
どうだろう?
核心を突いているのでは?

At the heart of this problem must be to rebuild Shinzo Abe who keeps a resolute attitude to South Korea and to rebuild South Korea again(この問題の核心は、サプアに毅然とした態度を取り続ける安倍晋三を引きずり下ろし、再びサプアを全面支援したい我が日本の内にいる親韓派どもが1つになっての謀反)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード