Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


Don't you trust Korea who dress up their history without fear and make up even a fake hero(恥じ入ることなく自分たちの歴史を粉飾し、ニセ者の英雄まで作り上げるサプアを信用できるのか)?

キチガイの国が一瞬のうちに火の海にしてやると豪語しているのに、やりゃしないよと軽く受けているリアリティの欠如する国、サプア…。
正式に北が休戦協定を破棄したということは、戦争中であるはずなのに、一向にそのことなど歯牙にもかけず、反日に勤しむ気の狂ったストーカー国家サプア…。
しかも、自分たちでデッチ上げた歴史で謹厳実直で生真面目に歴史を大切にする賢弟国家の我が国に、正しい歴史を認識しろと難癖をつけてくる愚兄国家サプア…。
何しろ、北が完全にとち狂いだしたのに、我が日本貶めに明け暮れるのだから、まさにヒアリ状態。
おつき合いしないのが、一番なのでは?
とにもかくにも、東仙坊、サプアと決別すべき理由は、再三再四書き込んできたが、本当に最後の決別の辞として、サプアがのたまうその偽りの歴史を中心に、いかに信用できない国かということを指摘してみたい。
まず、仮に協力してどこかの国と戦うことを前提にした場合のサプアの軍備のいい加減さ、そのデタラメぶりをもう一度正確に指摘しておきたい。
今や、戦争において重要な戦力ととして世界が認める潜水艦。
音のしない我が国の潜水艦が、世界の注目を浴びているということは、周知の事実。
ところが、サプア海軍の214型潜水艦は、ドイツが輸出用に開発し、サプア企業が組み立てるが、OEMの潜水艦。
しかし、技術力がなくパクリしかできないサプア側の瑕疵などでトラブルが続出。
そのために、「潜水できない潜水艦」を保有する世界でも稀な国。
そのうえ、縁起の悪い「敗軍の将」の名を平気で命名しているというから、最悪。
214型潜水艦の4番艦、2013年進水の「金佐鎮(1889~1930年)」。
このご仁、いつのまにかサプアの英雄に仕立てられた将軍で、青山里戦闘で大日本帝国陸軍を破り、サプアの独立を勝ち取ったということにされているが、これも真っ赤なウソ。
近代史上、サプア人が、大日本帝国陸海軍と戦ったこともなければ、サプアの独立は、日本を破ったUSAを中心とした連合軍のおかげ。
そう、サプアの独立は、全くの棚からボタモチ。
史実は、我々日本人とともに、世界と戦ったことだけ。
では、このニセ英雄は何をしたのか?
1920年、滿洲東部からロシア沿海州南西部にかけて、食えない貧しいサプア人が多数移住。
深い森林が多く、朝鮮総督府の支配も届かず、当然のごとく、イジケやすく刹那的な性格のサプア人は阿漕な中国人と手を組み匪賊・馬賊に成り下がり、越境して朝鮮半島北部の町村を襲撃、無辜のサプア人らへの略奪を繰り返し始めた。
やがて、コヤツらが銀行券略奪や日本領事館を焼き打ちし女性や子どもを含む13人を殺害するにいたって、大日本帝国陸軍は中華民国軍と協力し、本格的掃討を開始。
その際に、日韓併合に不満を持つ抗日武装集団「北路軍政署」頭目だったコヤツ、その匪賊・馬賊の威を借りて、ほんの少し大日本帝国陸軍と戦っただけ。
もちろん、大日本帝国陸軍の相手になどなるワケもナシ。
たちどころに追い詰められると、コヤツら600人は武器・資金の欠乏で、武装解除。
そして、農民に転向せんと、あろうことか資金援助を日本総領事に申し入れたという卑屈ぶり。
大日本帝国外務省も、そのあまりの情けない態度に、お咎めナシで無罪放免。
そ、そ、それなのに、臆面もなくサプアは、「戦死の加納信暉聯隊長以下3300人殺傷」と粉飾。
さらに、「金佐鎮将軍は1930年、日帝の指図を受けた朴尚實の凶弾で殉死した」とまで捏造。
そ、そ、そして、1991年以来、この金佐鎮の生家の聖域化事業推進し、家屋や門を復元し展示館を建設。
祠堂や駐車場など2880坪を造成したうえ、毎年、「青山里戦闘全勝記念祭り」を開催しているというから、世界の恥晒し。
バカバカしいけど、我が大日本帝国陸軍には、この青山里戦闘の克明な記録資料が複数ある。
なかには、詳細な日時・場所記載のものも。
それによると、「大日本帝国陸軍の戦死11人(将校の戦死ナシ)・負傷24人/敵側の戦死130人・死傷90人以上・逃亡200人」。
しかも、加納信暉大佐は、1922年まで聯隊長を務め、1923年予備役に編入しているのである。
また、朴尚實は共産勢力に属した自分の元部下で、日本との関わりもナシ。
どうだろう?
あまりに哀れに見えてしまうだろうが、そんなサプアに絶対同情は禁物。
なぜなら、もし同盟国として戦う場合、我々日本人は命を懸けなければならないのだから…。

Why does our government treat Korea like an ally and as if fighting together(なぜ我が政府は、サプアを同盟国のように扱い一緒に戦うかのように言い出しているのか)?

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード