Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-2 安易な煽動政治を生み出しているのはフェイク・マスメディア!?

The reason why our country deteriorates is that politicians are immature as usual, but mass media without intelligence and character must be misleading our country(我が日本が劣化してゆくのは、政治屋どもも相変わらず未成熟だが、知性も品性もないマスメディアが我が国をミスリードしているせい)!

お断りしておきたいが、東仙坊、もちろん、腐り切った自民党の支持者などではない。
けれども、安倍晋三首相になってホッとしていることは、すでに書き込んできている。
それは、消去法的に、安倍晋三首相以外に適任者がいなかったということでしかなく、仮に、石破茂や野田聖子や麻生太郎だったら、この国は間違いなくとっくに終焉を迎えていたに違いない。
また、早くから小泉進次郎首相待望論も表明してもいる。
まあ、厳密に言えば、その前に、櫻井よしこ首相を期待しているのだが…。
では、なぜ安倍晋三首相になってホッしていていたのか?
それは、とにかく前の民進党政権があまりにもヒドすぎたからに他ならない。
そして、安倍晋三首相が、三代目の政治家ボンボンらしく、世界の首脳と並んでもそこそこのビジュアルだったから、なんとかガマンできた。
その意味で、石破茂や野田聖子や麻生太郎だったらと想像するだけで、ゾッとする。
これだけのグローバルな世界で、やはり、パッと見は、極めて重要。
しかしながら、残念なことに、やはり、ボンボンは所詮ボンボンでしかなかった。
そもそも、あの親韓派の勘違いハナハダシイ気色の悪い女房に三行半を突きつけられなかったどころか、再び手を繋いで外遊に出かけてしまうのだから、ガッカリ。
その煮え切らなさと軽さで、国会で、「真実だ。バッジをかける。言っていることが違っていたら、国会議員を辞める!」と言ってしまったことが、運の尽き。
それを、反日マスメディアの旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞が見逃すはずもナシ。
もともと、石破茂や野田聖子のように、この国賊3紙の煽動やフェイクに乗らないから、なおさら。
ともあれ、その3紙による、おバカ集団の民進党や共産党や社民党や自民党内部の反安倍晋三派を利用しての醜いまでの安倍晋三叩きが始まり、たちまちその餌食。
「かけ、もり」とサプアのような連続攻撃。
とりわけ、自民党文教族の単なるおバカ鉄砲玉の前川喜平前文部科学事務次官からのタレコミを受けると、一気にスパーク。
そして、そのおバカが、国会で「首相官邸に行政が歪められた」と証言すると、これで安倍晋三を叩き潰せるとばかりに、一斉射撃。
そのおバカが座右の銘は「面従腹背」だとうそぶき、事務次官時代に風俗店に通ってヤングを連れ出し、小遣いを与えていたことを「女子の貧困実態調査」だと醜悪な言い訳したとんでもないアンポンタンなのに、まるで正義の味方か、聖人君子かのように祭り上げて、全面擁護。
まさに、反政府新聞の本性剥き出し。
特に、ヒドいのが、やはり、旭日新聞。
5月26日、「菅義偉官房長官は文部科学省の天下り問題を持ち出し、前川喜平に対する激しい人格攻撃を始めた」。
6月10日、「前川喜平に対する人格攻撃を執拗に続け、官僚がものを言えない空気を作ってきたのは首相官邸ではないか」
6月16日、「最初に証言した前川喜平前次官を菅義偉官房長官が攻撃し、義家文部科学副大臣は国会で、内部告発者を処分する可能性をちらつかせる答弁をした。考え違いもハナハダシイ」
6月18日、「『総理のご意向』文書の存在を前川喜平前文部科学次官が証言すると、菅義偉官房長官は前川喜平の人格攻撃を始めた」
8月10日、気の狂った頭狂新聞望月衣塑子記者が、同じく気の狂った旭日新聞南彰記者とともに、菅義偉官房長官に質問攻めにしたとか。
「旭日新聞の1面トップに、首相官邸で柳瀬唯夫首相秘書官が加計学園事務局長と面会していると報道が出ている。政府は確認したのか?」
菅義偉官房長官は、「憶測に基づく質問に答える場ではない」と一言とも。
ちなみに、この頭狂新聞望月衣塑子記者、8月31日、米韓合同演習を批判し、弾道ミサイルを相次いで発射する北を擁護するような質問を菅義偉官房長官に浴びせて話題を集めた気味の悪い独り善がりの勘違いオンナ。
「米韓合同演習が金正恩朝鮮労働党委員長の弾道ミサイル発射を促しているともいえる。米韓との対話の中で、金ボンボン委員長側の要求に応えるよう冷静に対応するように働きかけることをやっているか?」
「北の要望に応えて、冷静かつ慎重な対応をするよう米韓に求めていく理解でいいか?」
「北が過去2回ミサイルを発射した前日にいずれも安倍晋三首相が公邸に宿泊していた。前夜にある程度の状況を把握していたのなら、なぜ事前に国民に知らせないか? Jアラートの発信から逃げる時間に余裕がない。首相動静を見て、首相が公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのか?」
それに対し、菅義偉官房長官、「北の委員長に聞かれたらどうか?」とここでも一言だったとか。
どうだろう?
我が国の政治屋どもも劣悪だが、我が国のマスメディアの質も品性も相当劣悪なのでは?

It must be a fatal flaw in our country that Japanese politicians now do not have anyone who might be more useful than Shinzo Abe(今の日本の政治屋に、安倍晋三よりも役立ちそうな人がいないことが、我が日本の致命的な欠陥)!

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード