Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー 2017我がイチローのネバー・エンディング・ストーリー!?

Genuine genius, fake genius consciously would dislike(本物の天才を、ニセ者の天才は意識的に忌み嫌う)!

東仙坊、嫉妬と羨望に狂うドン・マッティングリーが、そのイヤガラセを激化させた要因の1つに、9月21日、MLB公式サイトでの「史上最驚12人のMVP受賞者」という特集があると感じている。
それは、開幕前の下馬評とは裏腹に、大活躍してMVPを獲得した12選手をランク付けしたもの。
そして、その栄えある第1位が、我がイチローだったこと。
そう、ヤンキースのレジェンドを誇る自分よりも、ベンチに今なお現役のレジェンドがいることへのヤッカミ。
実際、そうでなくても、ヤングプレーヤーたちが、イチローをリスペクトしているから、なおさら。
12.バイダ・ブルー(1971年アスレチックス)
11.バッキー・ウォルターズ(1939年レッズ)
10.ケン・カミニティ(1996年パドレス)
9.ジャスティン・モーノー(2006年ツインズ)
8.ジム・コンスタンティ(1950年フィリーズ)
7.ゾリオ・ベルサレス(1965年ツインズ)
6.ケビン・ミッチェル(1989年ジャイアンツ)
5.ボビー・シャンツ(1952年アスレチックス)
4.ライアン・ハワード(2006年フィリーズ)
3.ウィリー・ヘルナンデス(1984年タイガース)
2.テリー・ペンドルトン(1991年ブレーブス)
1.イチロー(2001年マリナーズ)

どうだろう?
なんとなくそんな気がしないか?
実は、それを裏づけるエピソードが、新たにある。
今年のオールスターのホームランダービーで、ジャンカルロ・スタントン以上に注目された、素手でホームランを打つ続けたマーリンズのジャスティン・ボーア。
なんとジャスティン、このオフに、心から敬愛するイチロー会うために、そんなイチローを生んだ日本を見るために、日本旅行を計画しているというのである。
そして、ジャスティンは激白する。
昨シーズン、ボート事故で急死したホセ・フェルナンデスの非業な運命が、ボクを変えた。ボクは遠征でホテルの部屋に籠もっているよりも、いろいろな場所に出かけるようになったんだ。機会があるうちに世界を見たい。こういう仕事なので、スバらしい街を訪れ、最高な場所に泊まるチャンスがある。自分の殻を破ったとでも言うのかな。前よりも出歩くようにし始めたんだ。人生は貴重なもの。1回きりしかないんだ。だから、イチローがいる日本に行きたくなったんだ。ボクにイチロー以上に野球というものを教えてくれる存在はいないんだ。いつもイチローの所作を見ている。この瞬間に、この時期に何をすべきかということをね。デーゲームでもナイターでも関係ない。毎日一貫している。イチローがこのチームにいてくれることが、チーム全員にとって幸運なんだ。イチローこそが主役なんだよ。とにかく、ボクにとっては常に刺激を与えてくれる存在なんだ
どうだろう?
ヤンキースのポジションプレーヤーのレジェンドなど目ではないのでは?
ついでに、興味深いエピソードも…。
それは、ESPNに伝えたマーリンズのフレディ・ゴンザレス三塁コーチの「試合前の打撃練習でのあるハプニング」。
「イチローは、1ヵ月半前にジャンカルロ・スタントンと同じグループだったんだ。ジャンカルロ・スタントン、イチロー、ミゲル・ロハス、そして、JT・リアルミュート。JTがプレーしないときは、AJ・エリスだった。イチローが同じグループだったときに、彼らは独自ルールでゲームをするんだ。カウント3-2で満塁という設定で、ホームランは4点換算。その日、イチローは絶好調で、完璧なラウンドをしたんだ。4球で4本塁打…。それを見てムキになったジャンカルロ、いつもなら打席からセンター方向に打球を直接打ち込むものだけれど、見たことがないほど真剣になっていつも以上に力が入りすぎたせいか、3アウトで、イチローが彼を破ったんだよ。とにもかくにも、ジャンカルロがホームランダービーをしようとしているのを見たのは、そのときだけだよ」
どうだろう?
メチャクチャ痛快な話だと思わないか?

The difference in fun between the homerun batter and the batter who is gonna hit any ball must be clear(当たったらホームランのバッターと、どんな球でもヒットにしようとするバッターとの、オモシロ味の違いは歴然)!

To be continued...















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード