Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?


For Korea who is deterred by mimicry skill of his good skill, it must be a pity relief to live a life(その得意のパクリ技術でデタラメな軍備をしているサプアのために、命を懸けるなんて真っ平ゴメン)!

サプアの致命的な欠陥は、軍備まで金をせしめるために自分たちのパクリ技術で何とかしようと考えることそのもの。
その結果が、「潜水できない潜水艦」、ニセ英雄の名を冠した214型潜水艦4番艦「金佐鎮」と、前回書き込んだが、そのデタラメはそれだけじゃない。
もともと、日韓併合反対だった初代韓国統監伊藤博文を殺害し日韓併合を後押したピンボケテロリスト「安重根(1879~1910年)」の名をつけた214型潜水艦3番艦も、メチャクチャ。
何しろ、開発元のドイツ企業の締め付け強度要求を満たさぬボルトをサプア企業がパクリ製造し、艦橋と甲板を固定するボルトが緩んだり折れたりしただけでなく、サプア企業製作の同じくパクリ「スクリュー・プロペラ」に151ヵ所の亀裂が見つかり、ドイツ製と交換するハメになったというのだから、世も末。
とにかく、一事が万事、そんな状態なのがサプアの軍備。
どうだろう?
アナタはそんなサプアと運命をともにできるのか?
東仙坊、絶対にゴメン。
では、なぜそうなのか?
それは、愚兄による賢弟への異常なまでの近親憎悪。
そう、何が何でも、日本にだけは負けたくないという異常なコンプレックス。
それを証明するのが、本物の朝鮮戦争の英雄、サプア陸軍、金錫源少将(1893~1978年)の存在。
ただし、サプアでそう扱えないのは、このお方が、大日本帝国陸軍幼年学校、大日本帝国陸軍士官学校の卒業生だったせい。
サプア成立後、師団長(准将)に任官された極めて卓越したサムライ。
朝鮮戦争勃発後のダグラス・マッカーサー元帥の「国連軍」総司令官就任後の軍議で、日本刀を仕込んだ軍刀の柄を叩きながら、「大日本帝国陸軍を破った男が大日本帝国陸軍を指揮するのか(?)。よろしい。大日本帝国陸軍が味方にまわればどれほど頼もしいか、存分に見せつけてやりましょう」と言い放った豪傑とか。
何でも、「国連軍」は朝鮮半島最南端の釜山に追い詰められ、敗戦濃厚。
首都ソウルを見棄て、いち早く逃亡したハワイでヌクヌクしていただけの日本嫌いの李承晩大統領はようやく、禁じていた大日本帝国陸軍の教育を受けたサプア人のみの部隊編成を裁可したとか。
すると、たちまち金錫源将軍の指揮する大日本帝国陸軍得意の突貫攻撃に、重装甲のUSSR製戦車を多数有していた北が後退。
そんなとき、このお方は、ある作戦を立てたとか。
そして、USA艦隊に連絡将校を派遣し、その作戦への了解を取りつけたとも。
もっとも、その際、部隊を置き去りにして敵前逃亡するサプア軍将校どもに腹を立てていたUSA軍は最初はその作戦の成就を信じなかったとか。
ところが、大日本帝国陸軍大佐だった軍歴に加え、1937~1945年の支那事変で2個中隊をもって1個師団を撃破しサプア人初の功三級金鵄勲章を授与していたと知るや、作戦遂行を決心したとも。
では、どんな作戦だったのか?
それは北をかなり押し返していたにもかかわらず、自らを囮にしてその北の大戦車部隊を海岸線に誘導し、追撃に転じた北を沖合からのUSA海軍艦隊の猛烈な一斉艦砲射撃で、一網打尽にしようというモノ。
その作戦が功を奏し、一気に形勢を逆転。
朝鮮半島が赤化される大危機を防いだだけでなく、金錫源は、その祖国サプアを守った紛うことなき「救国の士」になったとか。
し、し、しかし、歴史を捏造し、偽りの歴史を作ろうとするサプアの仕打ちは、ハンパじゃなかった。
その「親日」を理由に、「親日反民族行為者ブラックリスト」に載せ、予備役編入後に理事長を務めた高校の敷地にあった金錫源将軍の像まで撤去したというから、本当のデタラメ国家。
そして、そんな「親日」の英雄潰しは、当然のごとくこのお方だけじゃないというから、何をかいわんや。
どうだろう?
一体日本人の誰がこんな反日命のメチャクチャ国家のために命を投げ出すのか?

If we think that we wanna solve the problem by discussion, we need to have the world's strongest pinpoint defense and counterattack(我々日本が、話し合いで問題を解決したいと考えるなら、まず世界最強のピンポイントの防衛力と反撃力を持つ必要がある)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード