Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?

Japan should develop diplomatic propaganda to solve logical and appropriate comfort women's problems as well as building a complete missile defense system(我が国は、完全なミサイル防衛システムの大至急の構築と同様に、論理的かつ適切な慰安婦問題解決のための外交プロパガンダを展開すべき)!

東仙坊、USAの普通のマスメディア報道で特に注目しているのは、2015年10月13日のFOXニュース。
約40年前、朴正煕大統領は、32万人以上のUSA同盟軍であるサプア兵をベトナムに派兵し、この戦争の間、サプア兵は13歳から14歳を含む数千人のベトナム女性に対し激しいレイプを行ったと明言していた。そして、レイプされたことによって多くのベトナム女性が妊娠・出産し、その混血児が現在、ベトナムには5000人から3万人存在すると説明していた。サプア軍がベトナムで行ったこうした極悪非道な行為に対し、父親が率いた兵士たちが膨大な数に上る罪のない女性たちに対し、犯した犯罪を公に謝罪することは、間違いなく彼女の権限の範囲内にある。それなのに、そうした謝罪をしないで、日本に対し、第二次世界大戦時のサプアの慰安婦に対する性的暴力について謝罪を求めることは、お嬢さん大統領の道徳的権威を傷つけるだけである
ベトナム戦争に従軍し捕虜になったことで知られる共和党重鎮ジョン・マケイン上院議員が友人というノーム・コールマン元ミネソタ州選出共和党上院議員/USAのNGO「USGLC(USAグローバルリーダーシップ連合)」。
「私のよき友人、ジョン・マケイン上院議員はベトナム戦争時、捕虜になった際の恐ろしい日々を振り返る際、戦争は人々の生活に深い感情的・物理的傷跡を残すとしばしば語っていた。サプア兵の手によって無垢を奪われた多くのベトナム人女性たちは、ベトナム戦争における誰にも語られない大きな悲劇である」
この報道のキッカケになったのが、2015年4月7日のハンギョレ。
「ベトナム戦争時のサプア軍による民間人虐殺事件の生存者を招いたイベントが、『VVAK(ベトナム退役軍人協会)』や『KAOVA(サプアのエージェントオレンジ後遺症戦友会)』といった団体の反発を恐れ、直前になって会場をキャンセルし、イベントを中止。その後、KAOVAのメンバー約300人が、当初予定されていた会場周辺でデモ行進をした」
パク・デギュンソウル大学校国際大学院教授。
「自国のベトナム戦争問題を解決できなければ、日本との歴史問題を解決することはできない」
さらに、注視すべき報道が、これ。
2012年もうまもなくそのデタラメさが世界中の批判を一手に集めるはずのUSA多国籍バイオ化学メーカー「モンサント」を糾弾する公共広告キャンペーンを展開した、USAのNGO「ネイション・オブ・チェンジ」のニュースサイトでの、2015年12月11日の記事。
「戦争の傷跡:ベトナムの慰安婦」
ベトナム戦争時、サプア軍の多くの部隊がベトナム人女性をレイプしたり、農民や老人を虐殺するといった残虐行為に手を染め、多くの女性たちがサプア兵のための売春婦として強制的に働かされた。サプア政府は今日に至るまで、この問題をほぼ無視しているが、日本に対しては当時の慰安婦のための財政的補償を要求し続けている。こうしたサプア側の行動は偽善的であり、慰安婦問題を政治的な道具に使っていると言うものもいる。事実、サプア側は日本の動きに対抗するため、USA大陸で米韓による政治主導のキャンペーン隊を編成した。ベトナム戦争中、サプア軍は反共勢力を支援し、自分たちの慰安所設置のため軍の部隊を送り込んだ。当初、サプア兵たちは多くのベトナム人女性をレイプし、その後、慰安所で働くよう強制した。多くの場合、レイプによって子どもが生まれ、その子どもたちもベトナムの慰安婦という性奴隷として働くよう強制された…ベトナムでの慰安所設置とベトナム女性へのレイプに加え、サプア軍は非武装のベトナム民間人、主に女性と子どもの虐殺という戦争犯罪も犯している。しかし、サプア側はサプア兵によるレイプで混血児が生まれたことも、性奴隷としてのベトナム慰安婦の存在も無視し続けている。日本人の手にかかったサプアの慰安婦の命や苦しみを称える彫像が建てられている間、サプア側は日本が慰安婦に対する公的責任を負うよう圧力をかけているが、朝鮮戦争とベトナム戦争時にサプアにモノのように使われた慰安婦の窮状は、ほとんど無視されている
どうだろう?
鈍感でお人好しの我が国家でも、いい加減、慰安婦問題の真実を理解すべきなのでは?
育ての親と愚兄が、自分たちの非人道的な蛮行を世に晒したくないために、その妬みと嫉みも交えて、賢弟をスケープゴートに仕立て上げようという魂胆。
しかも、世界は、育ての親と愚兄の大好きな地獄の沙汰も金次第。
サプアのニンニク臭い金でも、金は金。
その金バラマキのロビー活動に群がるアンポンタンどもがいかに多いことか?
よくよく考えてみれば、すぐわかること。
銃から命を守るには銃しかないと言うが、あんな改造されたオートマチックの自動小銃で連射されて、例え同じオートマチックの自動小銃を持っていたとしても、どうやって身を守るの?
何もかもが自分のポケットに入る金がすべて。
にもかかわらず、我が脆弱な日本政府と無能な外務省のロビー活動のメチャクチャ稚拙なことか。
どうあれ、サプアとUSAにだけは、慰安婦問題がどうこうと言われたくない心底思っているのは、東仙坊だけではあるまい。

In this global society, we should immediately disassemble the Ministry of Foreign Affairs that could only make a blurred diplomacy based on sexual theory and make it an organization like CIA(これだけのグローバル社会で性善説に基づいたボケた外交しかできない外務省をすぐに解体しCIAのような組織にすべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード