Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-1 ヒアリ化したサプアとは永遠に決別すべき!?

If Korea has been making difficulties with comfort women problems and reproductive work problems, Japan should first release it after resolving your country's liability problem in Vietnam(サプアが慰安婦問題と徴用工問題で難癖をつけてきたら、我が国はまずベトナムでの貴国の責任問題を解決してからと言い放つべき)!

9月14日、狂気の反日団体「サプア挺身隊問題対策協議会」や「女性団体(?)」が、ソウルのベトナム大使館前で突然、「ベトナム政府とベトナム人民にサプア国民として心から謝罪します」と記したベトナム語とサプア語のプラカードを掲げ、謝罪デモを開始したということ。
そして、「日本のように戦時の被害者を否定してはいけない」とその活動を毎日交代で続けているというから、ビックリ仰天。
もっとも、これで明々白々になったのが、サプアの性懲りもない捏造と粉飾の慰安婦問題での日本貶め作戦の仕掛け人が、北だったということ。
そう、あくまで日米の分断と日韓の分断の企てでしかなかったということ。
そのために、もともと日本が北信奉者だと反日だった直情径行のサプアを巧妙に利用しただけだということ。
まあ、それに利用されるサプアの相当問題だと思うが…。
どうあれ、その分断作戦の効果も底を見せてきた今、サプアそのものへの攻撃に転換させただけ。
だからこそ、最近、おバカなサプアのマスメディアも、少慰安婦問題での日本攻撃のニュアンスを変えてきているのでは?
◎朝鮮日報
「外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約にサプアも加入している。サプアではデモ隊が法を無視して構わないのかもしれないが、国際社会はそうではない。『サプアは外国公館の安寧と品位を守れない国』との世界の見方が、サプアのトクになるのかは疑問だ。昨年12月、日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことで、普通の日本人までがサプアに嫌悪感を抱き、その余波は少しも静まっていない。状況はより悪化する可能性がある」
◎中央日報
「北の核実験やミサイル発射でサプアが危険な状況にある。日本は緊密な安保的協力関係を強めるべき地理的に最も近い隣国だ。像設置で感情的にゴタゴタを煽るのは自制せねばならない。この問題こそ、日韓両国間の長い対話と共感で解決せねばならない」
まあ、今さら何を言ってるんだよというのが、本物の日本人の正直な気持ちなのでは?
どちらにしても、今やヒアリ化したサプアのいかなる攻撃にも、まず自分たちとベトナムとのことをきちんと片づけてからものを言ってくださいと対処すべき。
それでも、まだ根拠なき攻撃を続けるのなら、国交を断絶すると明言すべき。
少なくとも、我が国は何も困らないと思うが…。
さて、それで今、メチャクチャ気になることが、1つ。
本格化する総選挙戦の争点に、サプアの慰安婦と徴用工による難癖的タカリにどう対応すべきなのかも表明させてほしいと思わないか?
せっかく政党の体をなしていなかった親韓派の民進党が解体した現在、親韓派を多く抱える連立与党、親韓派の混じる保守系野党、親韓派だけのリベラル系(?)野党の3極構造になったのだから、北の核ミサイル問題同様に、その対応も重要なのでは?
いくら福沢諭吉が「政治は悪さ加減の選択である」と指摘したと言っても、サプアの金に弱いロクでもない政治屋どもしかいないのが、現実。
そうなると、どうやってやるのかの解決策も提示しないまま平気で拉致問題解決とのたまわったり、どうやって説得するのかも言わずに北の核ミサイル開発を阻止するとほざいたり、USAが日本人の肝を砕くために創作した憲法を後生大事にすべきと謳う、現実を無視したトンチンカンどもから選択しなければならない、我々普通の人々は本当に不幸。
そもそも、頭の腐った政治屋どもは、そして、ピンボケ平和ボケの我が国のマスメディアどもは、戦後のうわべだけの日本の平和を「憲法9条」のおかげと本気で思っているのか?
誰がどう言おうと、我が国の薄っぺらな平和を守ってきたのは、日米安全保障条約、つまり、日米同盟の存在。
気の狂ったサプア人に似た政治屋どもや偏狭学者どもや反政府マスメディアどもがすぐ口にする「平和憲法」のおかげというのは、明らかなウソ。
それはそうだと思わないか?
ソヤツら変えたがらない憲法の前文の一部をとっても、大矛盾。
「……日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。……」
これは、「平和を愛する(?イラクや)アフガニスタンやシリアやナイジェリアや南スーダンの国民の公正と信義に信頼して…」、イヤイヤ、「平和を愛する(?)近くだけでも中国やロシアや北やサプアの国民の公正と信義に信頼して…」ということになるのでは?
さらに、「国際社会において名誉ある地位を占めたいと思っているのに、中国やロシアや北やサプアやUSA(?)から異様な圧迫と偏狭を受け、地上の永遠の非人道国家にされようとしている」のでは?
とにもかくにも、本物の普通の日本人が、もう一度自分たちの美しい日本を誇れるようになるには、サプアと、朝鮮半島と関わらないことしかないと思うが…。
どうあれ、今回の総選挙で、それぞれの政党がサプアの慰安婦と徴用工による難癖的タカリに触れるかどうかに着目しているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

The real peace of Japan must be brought about as nothing involving the Korean Peninsula, as Yukichi Fukuzawa crushed(日本の本当の平和は、福沢諭吉が喝破したとおり、朝鮮半島と関わらないことからもたらされる)!



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード