Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-3 日本をフニャフニャにしなければ気がすまないサプアフリークども!?


It must be only a rice cake drawn in a picture such as abolition of nuclear weapons by concluding the “nuclear weapons treaty” which nuclear weapon states do not participate(核保有国が加わらない「核兵器禁止条約」を締結したって、核兵器廃絶など絵に描いた餅でしかない)!

東仙坊、サプアの「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意の下での共同行動」決議案への棄権理由を書き込む前に、その決議案と今回の「核兵器禁止条約制定交渉開始を定めた決議案」との違いについて、幼稚な我が国のマスメディアが丁寧に伝えないので、面倒かつバカバカしいけど、検証しておきたい。
国連での我が日本が主導しての「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意の下での共同行動」決議案採択は、1994年以来今回でなんと24年連続。
1968年作成され、1970年に発効した「核拡散防止条約(NPT)」の下での核軍縮決議。
つまり、核保有国による核軍縮と非保有国への不拡散を目指すためのもの。
厳密に言うと、どうせ核保有国が核放棄するなど人類が存在する限り未来永劫不可能であることを前提に、「NPT」によって、USA、ロシア、UK、フランス、中国の5ヵ国の核兵器保有だけを国際法上差別的に認め、NPTは、それ以外の国々には核兵器の製造も保有も許さないというもの。
実は、これだけでも、ほとんどの国々にとって、現実的な安全保障上、極めて重要なもの。
そう、核なき世界は理想かもしれないが、性悪説が当たり前のこの世界では、仮想敵国になりうる相手国が本当に核兵器を放棄するなんて、5ヵ国間でも、全く信じてなどいないということ。
いくら核非保有国が、核兵器が非人道的な兵器だと言っても、核保有国が放棄するはずもナシ。
その証拠に、23年間、クソの役にも立たない国連が採決を続けても、何の効力もナシ。
実際、5ヵ国は、「核兵器禁止条約制定交渉開始を定めた決議案」の審議の席にもついていないはず。
では、核非保有国だけで、核兵器使用の禁止の条約を締結して、一体何の効果があるのか?
そうしたら、核保有国の5ヵ国が核兵器を放棄するとでも本気で考えているのか?
単に、核保有国と非保有国の対立が生じるだけなのでは?
えっ、条約に参加しない5ヵ国を世界から締め出せばイイって?
核非保有国のどの国が、その5ヵ国とつき合わずに生存できるの?
夢の夢でしかない核なき世界を本気で創るには、核の保有国と非保有国の現実的な協力がなければ実現の確率など、ゼロにゼロをかける(??)だけなのでは?
その点から言うと、明確に自分たちの意見を言えないみっともない我が国が、USAの「核の傘」で抑止力を担保しているので、急激な核兵器廃絶は現実的ではないと主張するのは、メズラシク正論では?
もっとも、東仙坊的には、そんな自己満足のために膨大な税金を棄てていることの方が、情けないと思うが…。
正直言って、国連だろうが、ユネスコだろうが、さらにおIOCやFIFAだろうが、血税を拠出するに値しないと思うが、どうだろう?
ともあれ、東仙坊、柄でもなくB級デザスタームービーを立て続けに観た記憶がある。
1本目は、マグマの活動が急に活発になり、地上に噴火したために、地上がメチャクチャになりかける。
そこで、人類が総力を結集し、世界各国の原子力潜水艦から核ミサイルを海底に撃ち込んでその噴火を海底内で起こさせ、地上の国々を救うというもの…。
その映画で味わった不可解さは、グリーンランドから始まった噴火が、コロンビア、そして先進国の中で1番初めに爆発して国家存亡の危機に陥るのが富士山、日本だったということ。
2本目は、大気圏に大きな穴が開きマイナス70~90℃の寒冷前線が発生し、誰もが一瞬のうちに凍り始めてしまうという映画。
そこで、その穴の中で核ミサイルを爆発させ人工的に雷を発生させその電磁波ショックで穴を塞いで地上の国々を救うというもの…。
その映画で味わった不可解さも、オーストラリアから始まった凍結が、すぐに日本で起きるということ。
3本目は、太陽系外での「supernoba(スーパーノバ:超新星が一生を終えるときに起こす大規模な爆発)」によって、地球滅亡の危機が訪れる。
そこで、大気層の上部に核の人口雲バリアーを作って地球を救うといういうもの…。
気づいたら、3本とも地球を救う兵器が各国が保持している核兵器
世界の原子力ムラが映画のスポンサーになっているのかもしれないが、とにかく、東仙坊、その3本の映画に、1人の日本人として、その可能性を否定するつもりなど毛頭ないが、どこか世界の人々の本音を垣間見る気がしたのだが…。
えっ、サプアの「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意の下での共同行動」決議案への棄権理由は?って?
次回までお待ちあれ!!!

I saw three movies that human beings can only save as nuclear weapons and I felt like I could see the future of humanity(核兵器でしか人類が救われない映画を3本も観て、人類の未来が見えた気がした)!

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード