Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-4 東仙坊の相撲バカ貴乃花全面支援宣言!?


The SUMO Association must be a shameless group of only “893 face big guy” who is neither educated nor cultivated(SUMO協会は、教養も修養もない「893顔の大男」ばかりの恥知らず集団)!

東仙坊、現在の「モンゴルSUMO協会」がどれほどブラックなのか、よりリアルに証明しておきたい。
まず、露骨な暴力を容認するその非社会的なガバナンスと閉鎖的なコンプライアンスにフォーカス。
◇時津風部屋力士暴行事件で序ノ口力士だった長男、時太山(17歳)をパワハラ・リンチで殺された父親、新潟市に住む、Mr.斉藤正人(61歳)の今回の傷害事件へのコメントに着目。
身内の論理が優先される相撲界の体質は何も変わっていないと思った。息子の死は何だったのか?と思うと、とても見られなかった」…。
何でも、2007年6月、時太山(17歳)は、愛知県犬山市の宿舎での稽古後に急死。
当時の時津風親方や兄弟子がぶつかり稽古名目で金属バットで殴るなどしたのが原因だったというから、何をかいわんや。
それを、こともあろうに時津風部屋、当初は病死と言い訳。
しかし、その傷だらけの遺体を目の当たりにした彼が、自ら新潟大に行政解剖を依頼。
それで、ようやくリンチが明るみに出たというから、典型的な小汚い時津風部屋。
今回も表に出るまで時間がかかった。日馬富士の引退も、相撲協会が何かを決断したワケじゃない。10年経って改善するどころか、身内に甘い体質はそのままだ
彼は、その時津風親方の初公判直後に体調を崩し杖ナシでは歩けないのに、相撲界が変わることを信じて裁判所に足を運んだとか。
その彼、今、長男の遺影に、「ゴメンな。何かが変わると思ったんだけどな」と語りかけているとか。
どうだろう?
まさに、彼の言うとおりで、今回の3横綱と1大関による陰険な傷害事件の本質を突いていると思わないか?
実際、何とか横綱の不祥事をうやむやにしたかったはずのブラック「モンゴルSUMO協会」、今回も、すべてを事件の首謀者である「モンゴル会」ボス黒鵬の命令通りに、明確な加害者である日馬富士の引退と「モンゴル会」根絶を図る貴乃花の排除で片づけようとしているのでは?
そのために、何の権限もないただの諮問機関でしかない横綱審議委員会に、品格や礼節など死んでも理解できるはずがないモンゴル人力士を4人も横綱に推奨した自分たちの怠慢と責任を棚に上げさせ、曖昧な横綱論と歪な文化論と偏狭な組織論で、矛先を被害者の親方貴乃花に向けさせたのでは?
そして、その横綱審議委員会の内定(?)を理由に日馬富士に圧力をかけ、弟弟子への過度の愛情によるちょっと行き過ぎてしてしまった暴行かのように語らせて引退させたのでは?
それから、第三者委員会ではない摩訶不思議な危機管理委員会に調査させたことにして(?)、警察の捜査結果を待たないまま、恥ずかしげもなく不十分で無意味な中間報告を発表し、すべての責任を巡業部長だった貴乃花の責任におっ被せようという魂胆だったのでは?
しかも、その不十分なのが被害者のヒアリングができていないせいにして…。
その中間報告の本当のいい加減さは、唯一の日本人力士(?)石浦、鳥取城北高校相撲部監督、鳥取城北高校関係者、現場の店へのヒアリングをしていないことなのでは?
つまり、「モンゴル会」の口裏合わせのすんだモンゴル人力士だけのヒアリングだけで…。
そう、すべてを「モンゴル会」の意のまま。
それを証明するのが、理事会に初めて呼んだ力士である黒鵬に、表面上、場所中のルール違反の物言い、千秋楽後の分をわきまえないコメント、場違いのファンへの万歳三唱要求に関し、厳重注意を与えたというパフォーマンス。
それだったら、理事長講話後の黒鵬の勘違いハナハダシイ貴乃花巡業部長更要求を含め、厳重処分に処すべきなのでは?
それと、「なぜ応じないのか?」、「日馬富士、責任とって辞めたんだよ。どう思ってるんだ」、「そこまで協会とケンカしたいのか」と理事たちが貴乃花を糾弾したこと、貴乃花が用意してきた書面を配布し「鳥取県警に任せている」と主張したことに、「親方が協会の聴取に協力すると、本当に捜査の妨害になるのか?」と鳥取県警に電話し、鳥取県警が「そちらの判断で決めてくれていい。聴取されても差し支えない」と言ったのに、鳥取県警と話した貴乃花が「『そちらの判断に任せる』ということなので、私は協力しません。警察の捜査が終わった時点で協力する」と言ったなどという理事会の内容のリーク。
そもそも、理事会なるものに、いつもあれほどの参加者がいるのか?
陸奥役員待遇、藤島副理事、山響理事、境川理事、鏡山理事、尾車理事、貴乃花理事、春日野理事、出羽海理事、今井理事、神山監事、山科役員待遇、中立委員、高砂役員待遇、玉ノ井副理事、高野理事、宮田主事、広岡理事補佐、八角理事長、山口理事、伊勢ヶ濱理事、芝田山副理事、岡部監事、梶木監事の24人もいたというのでは?
それに対し、さすがの貴乃花も、「たくさんの、知らない人もいて、喋る機会も与えてもらえない」と言ったというのでは?
そう、すべてが貴乃花排除のための威圧。

In Japan's former Sumo wrestlers, is there no “man of the man” with pride or chivalrous spirit to support Takanohana(我が国の元相撲取りには、貴乃花を支援する矜恃や義侠心を持った「本物の男」はいないのか)?

To be continued...




















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード