Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


Takanohana responded to everything when responding to listening when the case ruled out(貴乃花は、事件の判決が出たら聴取に応じると何度も何でも応えていたのでは)?

東仙坊、SUMO協会によるこの春日野部屋における懲役3年執行猶予4年の有罪確定の傷害事件隠蔽は、そのガバナンスとコンプライアンスの観点からも、日馬富士傷害事件、立行司式守伊之助パワハラ・セクハラ事件、大砂嵐無免許追突事故よりも重大な不祥事だと言わざるをえない。
22歳のヤングが全治1年6ヵ月の重傷を負わされたうえ、引退を余儀なくさせられるハメになり、味覚障害の後遺症に苦しんでいるというのでは?
しかも、その判決が出たのが、2016年6月、つまり、公益法人に指定された後。
そして、公益法人のディスクロージャーを担当する理事である広報部長になった後。

いくら暴力大好きの親方といっても、その監督責任と広報義務はメチャクチャ大きいのでは?
それこそ、それを黙殺したSUMO協会八角理事長とNO.2の尾車と危機管理部長鏡山も、同じ。
即刻、お得意の(?)臨時評議会を招集すべき事案なのでは?
そして、伊勢ヶ浜同様、SUMO協会八角理事長、NO.2の尾車、危機管理部長鏡山を隠蔽で降格処分にすべきなのでは?
実際、その被害者力士も、「若手力士の間では他にも暴力事件があると思う。協会は隠さないで全て公表してほしい」と言っているというのでは?
東仙坊的には、さあ、NHK、読売グループ、フジ産経グループ、どう報道するつもり?と楽しみにしているが…。
力士でなくても、春日野だけには何かを言われたくないと思うと思うが、どうだろう?
実は、何十年ぶりに、SUMOをチェックしながら、貴健斗、貴公俊、貴源治、貴景勝はもちろん、大栄翔、阿炎、輝、阿武咲、御嶽海、なかでも、逸ノ城と玉鷲に興味を抱いて観戦していた。
そして、その2人のモンゴル人力士が、いかに「モンゴル会」を毛嫌いしていたかがよくわかる相撲に感心していた。
とりわけ、逸ノ城には、先輩の敵を討ってやるというような気迫が感じられ、応援してもいた。
それゆえ、3日目、横綱3人と大関2人の幕内弁当のうち、黒鵬のだけが売れ残ったという話に、手を叩いたりしてもいた。
そして、黒鵬が休場すると、誰もが真剣に相撲を取っていると痛感し、どれだけ黒鵬が百害あって一利ナシかも理解できたのだが…。
では、なぜ八角が理事長にこだわるのか?
その理由は、簡潔明瞭。
親方たちからリスペクトされない自分の立場が、メチャクチャ危ういことを自覚しているから。
もっと明確に言えば、自分にマネージメントをする能力など全くないことを自ら十分に認識しているから。
それなのに、なぜ理事長に固執するのか?って?
理事長であれば、部屋への分配金を牛耳れるので、その恫喝で何とか反発する親方たちを黙らせられるから。
そこまでして、なりふり構わず理事長であろうとするのか?って?
それは、東仙坊、すでに指摘したように、SUMO協会には、今や小判がザクザク。
2016年度経常収益120億1633万円に対し、法人税などはたったの15万1400円。
相撲事業に関しては、法人税はゼロのうえ、経常利益が前年度比3億9千万円増の6億4千万円と、2年連続の黒字。
そ、そ、それゆえ、八角、SUMO協会を私物化し私腹を肥やせるシステムを作り上げたいだけ。
実際、そのために、すでに10人もの専属弁護士がいたのに新たに自分の弁護士を加えたり、同じく3人の公認会計士がいたのに自分の会計士(1年間の公認資格停止を受けていたアヤシイヤツ)を新たに加えたほど。
そして、断行したことが、今までの歴代理事長たちが利益を銀行債などで運用してきた慣行を破り、全部普通口座に移したということ。
そう、いつでも自分の好きなときに自分の思い通りに金を動かせるようにしたということ。
それにしても、2011年2人の仲間とともに春日野にゴルフクラブが折れるほど殴られたのに、「何度も協会規則である着物や浴衣ではない服装で外出したり、門限を破った自分たちが悪い。訴える気はありません」と答え、警察に事件性ナシと判断させたうえ、SUMO協会に厳重注意だけで終らせた栃ノ心と、日馬富士の残忍なパワハラ・リンチを見て見ぬフリをし黒鵬の口裏合わせに協力した鶴竜による優勝争いだなんて、本当にデタラメなSUMO協会らしいストーリー展開だと思わないか?

Is not it too funny to win the championship between the Yokozuna who did not look after Lynch to Takanoiwa and Makuuchi Ryoshi who was Lynch by Kasugano(貴の岩へのリンチを見て見ぬフリをした横綱と春日野にリンチされた幕内力士との優勝争いとは、あまりにもオモシロすぎ)?

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード