Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


The only reason why the Kitanoumi had to rely on stinky outside humans was because there were no useful people inside to deal with delicate problems(北の湖が胡散臭い外部の人間に頼らざるを得なかったのは、内部にデリケイトな問題に対処できる役に立つ人間がいなかったから)!

八角のない頭での深慮遠謀によるSUMO協会理事長就任について詳述するには、イヤでも、春日野部屋の低劣な不祥事を隠蔽するために裏で奔走したとみられる危機管理委員会顧問であった小林慶彦について触れざるを得ない。
そもそも、このご仁を重用し、それこそありとあらゆる面で頼りにしたのは、北の湖。
もともと、2002年ごろ、コンサルティング会社「エーティーアンドシージャパン」代表だったこのご仁は、知人(?)から北の湖を紹介されたとか。
そして、2人が特別に親しくなったのは2006年ごろ。
海外との交渉などしたこともなかったSUMO協会にとって、いろいろな人脈を持つこのご仁が、渡りに船の存在だったとか。
そして、勧進元として2006年の台湾巡業を成功すると、2008年のモンゴル巡業の勧進元にもなってもらったとか。
その結果、ネゴシエーターなど一人もいないSUMO協会、このご仁は自然に北の湖の相談相手になっていったとか。
それはそうだと思わないか?
モラルもエデュケーションもないSUMO協会では、「国技とは冗談でも言えない恥知らず的不祥事のオンパレード…。
2000年以降だけでも、ワンサカワンサ。
◆2000年、闘牙が、自動車で人身死亡事故。
◆2002年、武蔵丸が 稽古総見を欠席しプロレス観戦。
◆2003年、朝青龍が、旭鷲山との取り組みでマゲを掴んで反則負けした後、旭鷲山の車のドアミラーを破壊。
◆2004年 朝青龍が、高砂部屋で泥酔大暴れしバトカーが出動。
◆2006年、露鵬が、千代大海との取り組み後口論となり風呂場のガラスを破壊した後カメラマンに暴行。
◇2007年、1月発売の週刊現代が「横綱・朝青龍の八百長を告発する」という記事掲載したことに民事提訴。
すると、SUMO協会の訴えを認めて、4785万円の損害賠償と謝罪広告の掲載命令の判決。
それに対し、講談社は「訴訟詐欺」と主張。
◆2007年、旭天鵬が、自動車で人身事故。
◆2007年、武蔵川部屋の山分親方が、チャンコ番男性をホウキの棒で暴行(書類送検)。
◆2007年、時津風部屋で17歳序ノ口力士時太山を宿舎で暴行殺人(15代時津風らは逮捕)。
◆2007年、朝青龍が、疲労骨折で巡業を休んで無断帰国したモンゴルでサッカーをエンジョイ。
◆2008年、陸奥部屋の豊桜が、弟弟子を調理器具で8針縫うケガを負わせる暴行(書類送検)。
◆2008年、間垣親方が、弟子を竹刀で暴行。
◆2008年、露鵬と白露山に、大麻陽性反応(解雇&北の湖理事長辞任)。
◆2008年、若ノ鵬が、大麻入りタバコ所持で現行犯逮捕(現役力士で初の解雇)。
実は、このとき、あるモンゴル人横綱にも嫌疑があったというのだが…。
ちなみに、このときのモンゴル人横綱は、朝青龍と黒鵬。
◆2009年、若麒麟が、乾燥大麻所持現行犯逮捕(解雇)。
◆2010年、朝青龍が、初場所中に泥酔し一般人男性を暴行(引退)。
◆2010年、大関琴光喜と大嶽(元貴闘力)、野球賭博問題(2人とも解雇)。
◇2011年、警視庁が2010年の野球賭博事件に関連し押収した力士らの携帯電話に現役十両力士数人が八百長を頻繁におこなっていたとみられるメールが発覚。
実際の取組がメールのやり取り通りの内容だったことが判明(福祉大相撲、大相撲トーナメント、地方巡業、3月場所が中止)。
◆2012年、横綱になる直前の日馬富士が、ガムを噛みビール飲んで取材対応。
どうだろう?
冷静に見ても、モンゴル人や外国人力士の不祥事が圧倒的に多いのでは?
それも、なぜか黒鵬が横綱になった2007年以降…。
さて、そんな状況の中で、北の湖が、小林慶彦なるご仁に大きな借りを作る事件が勃発する。
そのために、このご仁を危機管理委員会の顧問として招聘することになるのである。
それは、あるモンゴル人力士の強姦事件のモミ消し…。
そう、なぜか今なお立派な力士だとSUMO協会の金に目の眩んだテレビマスメディアどもが庇い続ける問題のあのモンゴル人力士。
すでに、東仙坊、それについて触れていると思うが…。

The SUMO Association had no choice but to hire this person because having a certain Mongolian wrestler rape rape case erased(あるモンゴル人力士の強姦事件をモミ消してもらったことで、SUMO協会は、この人間を雇わざるを得なくなったはず)!

To be continued...


























































































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード