Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!


Trying to plot like a parent's enemy, does the Yomiuri group and the Fuji Sankei group try to crush Takanohana(親の敵のように謀略まで図って、読売グループとフジ産経グループは、貴乃花を潰そうとするのか)?

東仙坊、思わずマジかよ…と目を疑いたくなるようなSUMO協会の太鼓持ち勢力の読売グループとフジ産経グループのマッチポンプ的貴乃花潰しに、ビックリ仰天。
まず、読売グループのスポーツ報知が、「次の理事選で貴乃花が落選危機に陥っている。本人は出馬の意思を固めているが、一門内には阿武松(元関脇益荒雄)を推す意見もあり分裂状態」とまことしやかに報道し始めた。
何でも、近日中に緊急一門会を招集する意向だが2人を擁立する可能性が高いため、5期連続で選挙となり、票集めに苦戦している貴乃花は当確ラインに届かない状況で、窮地に追い込まれているとか。
一門の親方衆8人に、昨年12月時津風一門から錣山ら3人が離脱して合流。
計11人となった一派では、候補者を一本化できず、各親方が貴乃花派と阿武松派に分かれているとも。
そして、貴乃花派は、貴乃花に加えて常盤山(元関脇舛田山)ら5人。
阿武松派は、阿武松と不知火(元小結若荒雄)、大嶽親方(元十両大竜)に無所属の3人が加わり、貴乃花が名跡を提供した音羽山(元幕内大道)を除いても、6人と1票差で阿武松派が上回っているとか。
また、現時点で貴乃花一門以外は擁立候補を決定ズミで9人。
「うちの一門から4人は当選できない」とした出羽海一門の山響親方(元幕内巌雄)は一門内からの4票に加え、他の一門から最低3票の協力を固め、7票以上の得票のメドが立ち出馬を決断したとか。
となると、貴乃花一門が分裂するカタチで2人を擁立すれば、出馬は11人となり選挙。
「票集めに苦戦している」貴乃花の持ち票は候補中最も少ない5票。
投票で他の一門からの造反者が出なければ、落選は確定的。
初場所中に2回行われた一門の会合が紛糾し、候補者の一本化に至らなかったのは、総帥である貴乃花の求心力が低下し、主導権は阿武松に移っているからだとも。
それから、読売グループの日本テレビが、初場所千秋楽後の「真相報道バンキシャ!」で、「笑顔の貴乃花親方…独白 バンキシャに語った5分13秒」と報道。
1月26日、貴乃花一門の一門会が終了後の貴乃花部屋前での突撃インタビュー。
「(一門会では何を?)みんなの今後をお互い語り合うという感じですかね」
「(出席したのは?)全部で11人」
「(再び何を?)いつも話すのが相撲界がどうあるべきか、どう目指すべきかという感じで、骨格をしっかり持とうっていうそんな感じですね」
「(自身の理事候補選挙出馬について問われ?)いやいやそれはもう、決まってない決まってない、何にも何にも」
「錣山の立候補は?)イヤ、もういつも錣山親方も一緒に話をしてあの親方もなんていうかな。本当に角界を思う方なので。そんな話で、いい話ですよ」
「(貴乃花一門会って?)角界の立ち位置っていうのはどこなのかなと、日本国のことを考えてどこにあるべきなのかなと、いつもそんな話をして」
「(親方が目指す相撲界の姿は?)私が目指しているものは本当に古きよき物を残して新しい扉をファンの皆様から開いていただけるような骨格を作ると、そういう一翼になればいいなということ」
「今日は寒いのでお帰りください」
確かに、妙にニコニコだったけど、およそインタビューなどとはほど遠い、酔っ払いとタクシードライバーとの会話のようなもの。
そ、そ、そうしたら、その翌朝、今度はフジ産経グループのフジテレビ「とくダネ!」で、元危機管理委員長だった宗像紀夫弁護士を生出演させ、あのSUMO協会の金と寝ているかのような横野ナンチャラビッチが、またしても気が狂ったような貴乃花批判。
それも、日本テレビの「真相報道バンキシャ!」の貴乃花のコメントまで利用しながらだったから、開いた口が塞がらない。

How ugly is the expression of a female reporter that continues to overwhelm the current executive club of the Sumo Association as if it were an old wife of Hakkaku(八角の古女房かのように相撲協会現執行部を庇い続ける女リポーターの表情のなんと醜悪なことか)?

To be continued...










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード