Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-9 心身ともに極寒の「平壌五輪」に踊らされる不思議なヒトびと!?


The unbelievable nature of Japan and Korea that is tossed by the performance of the smile of the motherfucker country(キチガイの国の微笑みのパフォーマンスに翻弄されるタガの緩んだ日韓のみっともなさ)!

2月3日の平壌五輪リハーサルでの最大の問題は、これ。
会場入り口のセキュリティチェックシステムが寒さのために使用できずに、ノーチェックで観客をスルーさせたのに、開始予定時間の30分前の午後7時30分時点で、なんと数百人しか入場させられなかったということ。
今回の大会は、前回より4つ多い102種目で、史上最多となる92ヵ国・地域の2925選手が出場登録されているというのでは?
そして、開会式の観客も3万人と吹聴しているのでは?
一体どうやってセキュリティチェックをするつもりなのか?
陳腐なポンチョ、ひざかけ毛布、温熱座布団、ニット帽、手用カイロ、足もとカイロの防寒6点セット無料配布を自慢している場合ではないのでは?
実際、サプア情報当局は、2月5日、五輪を前に治安上の懸念を理由に36000人の外国人の入国禁止を発表しているのでは?
もっとも、棚ボタ的幸運もあるのでは?
大雪が降らないこと。
その代わり、200万トン以上もの水と200台の人工降雪機のフル稼働で約6億円ぐらいの経費がかかるというのでは?
それだけじゃない。
2月5日、民間警備員が寝泊まりする宿舎で40人のノロウイルス集団食中毒患者が見つかり、1200人が検査待機したために900人のサプア軍兵士を投入したというのでは?
そして、その感染した警備員の一部が平壌選手村を担当してというのでは?
しかも、水道水が原因というから、ハンパじゃないのでは?
そうしたら、2月7日、民間警備要員宿舎以外の警察官宿舎や江陵報道関係者宿舎の調理師らなど新たなノロウィルス感染者54人が確認され合計86人になったうえ、さらに1016人が症状を訴えているというから、だただ唖然。
東仙坊、個人的に一番興味をもたらせられたのが、これ。
2月2日午前10時半ごろ、平壌選手村で、ロシアの五輪組織委員会所属男性職員が、選手村内の企業広報ブースで案内業務を行っていた20代サプア人女性従業員の手を握り、腰に手を回して抱き上げるなど、女性の意思に反したわいせつ行為をしたとして、サプア警察当局が強制わいせつで捜査を開始したというニュース。
いくら今まで自分の周りにいたサプア人女性が、世界一の売春婦供給国サプアらしい売春婦ばかりだったとしても、真っ昼間からそれはないだろと思わないか?
この大バカロシア人男性は深く反省すべし。
と同時に、各国選手や競技スタッフ計6200人近くという選手村、平昌600室、江陵922室、2ヵ所の選手村化粧室のカゴに4万個ずつ、競技場(?)や関連施設(?)に3万個、計約11万個のコンドームを配布と、サプア組織委員会が発表したこと。
そして、それが前々回のバンクーバーや前回ソチなどの10万個より1万個多く、冬季五輪では過去最多とどこか喧伝していること。
どうだろう?
どこか釈然としないのでは?
オリンピックは、アスリートの精鋭たちが集う大会なのでは?
一体いつ誰が誰とそれをそんなに使うのか?
何でも、サプア国内コンドームメーカーが10万個、サプアエイズ予防協会が1万個を寄付したというが、どこか変だと思うのは、東仙坊だけはあるまい。
そもそも、オリンピックでのコンドーム配布数の集計は、1988年のソウル五輪の8500枚から始まったというから、余計に気にならないか?
どちらにしても、平壌五輪を開催する心身ともにただ寒いだけの平昌にノコノコ好んでお出かけになる予定の摩訶不思議な方々、我が国の外務省が、佐藤正久外務副大臣が、「朝鮮半島情勢が引き続き予断を許さない状況にある」と北によるミサイル攻撃などがあった場合の日本人観光客らの避難先として五輪会場周辺の地下駐車場などシェルターとして利用できる複数の地下施設を調査していることをご存知なのか?
そして、在サプア日本大使館からの日本語での避難先などを通知するメールを受け取るために外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録する必要があると言っていることをご存知なのか?
それより何より、我が日本よりも殺人が約2.5倍、強盗が1.2倍に上ることをご存知なのか?

The mysterious Japanese who go out of their way to go to Korea should come back with hypothermia in the brain(わざわざサプアに出かける摩訶不思議な日本人たちは、脳を低体温症にして戻ってくるべき)!

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード