Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-37 東京・新宿25歳女性劇団員兼居酒屋アルバイト女性絞殺事件-real close


These psychopath serial killers always used to commit a barbaric by targeting prey(これらのサイコパス・シリアルキラーは、必ず獲物を狙って蛮行を犯すもの)!

東仙坊、ノーテンキな完璧なまでの平和ボケ国民と化してしまった我が大和民族から、その大和男児としての気骨が、イヤイヤ、大和魂そのものが消え失せ、ろくでもないジコチュウ民族に成り下がってしまったことに、今さら驚愕など全くしない。
ある意味で、こうなってしまったことが必然とさえ痛感している。
それはそうである。
自分たちの自らの手で、その肝なるものを軀の中から掴み出し続けてきているのだから、それも当然。
まあ、まもなくグロバリぜーションの弊害とか言い訳しつつ、モラル完全崩壊のUSAや中韓のごとく、スピリチャルに腐り切るのは時間の問題。
それこそ、この狭い日本にまもなくサイコパスとソシオパスしかいなくなってしまうに違いない。
そんなメチャクチャ絶望的な気分にさせられたのが、東仙坊、緊急プロファイリングしたばかりの「新潟小学校7歳女児殺害線路遺棄事件」の悲劇の被害者である7歳小2女児のUTDの無念さ…。
それはそうだと思わないか?
この超ガーリッシュな少女、植物が好きで幼稚園のベランダで育てたゴーヤに黄色い花が咲いたときに感動し、拾い集めた桜の花びらを「ママにおみやげ」と持ち帰ったことがあったとか。
そして、幼稚園の卒園文集に覚えたての字で、「おおきくなったらデザイナーになりたい」と将来の夢を記していたとも。
そ、そ、それなのに、自分の家のすぐそばにいた宮崎勤にソックリな23歳のパーバート的ペドフィリア的サイコパスのターゲットにされ、小学校からの帰宅途中に強引に拉致監禁殺害され、その車で嬲りものにされたうえ、最後は自分の家のすぐそばの線路をまたぐように寝かせられ、JR東日本の言うところの「小動物」にされてしまうなんて、一体どこにお天道様は隠れてしまっていたのか?
本当に許し難き小林遼なるクソッタレの蛮行なのでは?
その口惜しさや悲しみの中で、「私たち家族は大切な存在である娘を今回の思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。この状況を受け止めることは難しく、また犯人が捕まったとしても娘が戻ってくることはありません。今は、1日も早く地域の方々や私たち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです。どうかこのような心情をご理解いただき、今後、家族や親族等に対する取材・撮影等についてはご遠慮いただきたいと思います」というコメントを出した親御さんやご家族の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうな気分になるのは、東仙坊だけではあるまい。
そして、老い先が短くなったせいか、はたまた、「ブラックリスト」でリズを観ているせいか、久しぶりに、もしUTDが自分の娘だったら、イヤイヤ、孫娘だったら、この手でありとあらゆるルートや人脈を使って、このクソッタレにその意識の中で線路に寝かされる気分をイヤというほど味合わせてやると決意しているのだが…。
ところで、なぜかこの事件に触れていて、イヤというほど思い出した事件の被害女性とそのホシがいる。
それは、プロファイリング-37 東京・新宿25歳女性劇団員兼居酒屋アルバイト女性絞殺事件で取り上げた、新宿の居酒屋でバイトをしていた劇団FULL HOUSE所属の25歳独身女性(便宜上、Unfinished dreamer:「アンフィニッシュド・ドリーマー」:見果てぬ夢見人と呼ぶ)、そのホシの戸倉高広(37歳)なるクソッタレ。
事件発生は、2015年8月25日午前1時過ぎ。
事件現場は、新宿駅から西方向に約2㎞ほどの細い通りが入り組んだ住宅やマンションなどが密集した住宅街の一角、東京メトロ丸ノ内線中野新橋駅から南に約400m離れた、東京都中野区弥生町3丁目の3階建てマンション「サンヴェール」の6畳ワンルーム2階。
警視庁中野署に殺人で逮捕されたのは、2016年3月12日、福島県矢吹町中町に住む(?)、戸倉高広(37歳)なるクソッタレ。
何でも、このクソッタレ、事件当時、事件現場からたった北西約300mの4階建てマンションに1人住まいだったとか。
つまり、福島県矢吹町中町は実家。
そして、その裁判員裁判の「無期懲役」という判決が、東京地裁(任介辰哉裁判長)で下ったのが、2017年3月7日。
「面識のない若い女性宅に侵入したわいせつ目的の通り魔的犯行で、抵抗され口を塞いで床に押し倒すなどの暴行を加え、扇風機のコードで首を絞め、自己保身のために女性を殺害した極めて悪質な犯行。女性は役者を目指して努力し、何の落ち度もなかったのに突然、夢を絶たれた」と、弁護側の「後をつけたのはLINEの連絡先を交換するためでわいせつ目的ではなかった。被告には精神障害の影響で幻聴があり事件時も『倒せ!』との声を聞いて殺害に及んでしまった。わいせつ目的はなかった。『事件を忘れず遺族と被害者に謝り続け、反省していきたい』と悔悟しているのだから、懲役17年が相当だ」という主張を退けたとか。

There must be only a way that one of the wonderful ways that faced these wonderful damaged women didn't come across with this culprit(これらの無念極まりない被害女性にあったたった一つの助かる道は、このホシと出遭わないことだけ)!

To be continued...


























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード