Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 静岡県浜松市29歳女性看護士拉致殺害死体遺棄事件


The motherfucker who committed suicide by this rootless thug must be not the mastermind of her murder(自殺したこの根っからのチンピラの実行犯のクソッタレは、彼女殺害の首謀者ではない)!

■静岡県浜松市29歳女性看護士拉致殺害死体遺棄事件

●東仙坊がプロファイリングする事件の真相

①東仙坊、この事件が発覚直後からメチャクチャ注目していたことが、たった1つ。
逮捕拉致殺害死体遺棄事件の実行犯の首謀者、芥川豊史(39歳)なるクソッタレに、なぜかターゲットに選ばれ徹底追跡されてしまっていた悲運の被害女性LSTL(Love Shooting Target Lady:愛の射的の的女性)が、働いていたのでは?と思える病院の住所、浜松労災病院(静岡県浜松市東区将監町)? JA静岡厚生連・遠州病院(静岡県浜松市中区中央)? 最終的に逮捕拉致されることになったフィットネスクラブ「LIFEWELL」の駐車場の住所、静岡県浜松市中区木戸町。
そこからの1つの推理…。
そして、それは、6月15日、新潟県新潟市内のビジネスホテルで自殺していたという実行犯の首謀者、自分のメールアドレスを連絡先として「爆サイ.com(?)」関東エリア求人情報掲示板(???)なるものに、次のように書き込んだ芥川豊史(39歳)なるクソッタレが、住所・職業不詳(???)で、新潟県長岡市生まれで(?)、静岡県浜松市に明確な住所を持っていなかったことで(?)、ますます確信している。
NO.6406505 2018/05/24 16:17
サクッと稼ぎましょう!
2~3人のチームで動きます。
全国行くんで身軽な人なら年齢性別不問です。
即合流可能です。
とりあえずメールしてください。

ともあれ、こんな募集広告に応募して、結果的に誘拐殺人の共犯者になった、2バカ、住所不定、伊藤基樹(28歳)、愛知県名古屋市天白区に住む、鈴木充(42歳)も、万死に値するのでは?
ところで、この実行犯の首謀者、芥川豊史(39歳)なるクソッタレが、どのようなヤカラかを証明する犯罪歴が、これ。
◆2001年、住んでいた高知県で通信機器販売業をしていて、無言電話を止めると50万円を詐欺して高知県警に逮捕されたのが皮切りとか。
◆2011年3月9日、高知県警高知南署は、詐欺未遂で、住所不定(?)、無職(?)、芥川豊史(32歳)を逮捕。
何でも、自身でクリームパンに針を刺しておきながら、高知市河ノ瀬町のスーパー「サニーマート土佐道路東店」の店長を当時暮らしていた高知市内の暴力団事務所近くに呼び出し(???)、「購入したクリームパンに縫い針が入っていて口に刺さった」とウソをついて慰謝料を欺し取ろうとしたというから、典型的なセコくて粗暴極まりないコワッパ。
◆2015年、神奈川県横浜市で網戸を焼き切って住宅に侵入し9000円を奪って窃盗と住居侵入で神奈川県警に逮捕されたとか。
実際、それは仲間にした2バカにもすぐ裏切られ、追い込まれ、自殺してしまったことでも、明白。
で、で、では、そんな低級なクソッタレが、なぜ自分と真逆な世界にいるLSTLを残酷に殺害したのか?
それは、大見得を切って金で殺害を請け負ったからに違いないと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
えっ、それなら、誰が何のためにこのクソッタレに殺害を依頼したのか?って?

②東仙坊、この事件の本当の首謀者は、かなり高齢のサイコパス・シリアルキラーオトコだと推察している。
そう、自分でLSTLを殺したくてもカラダが言うことを聞かなくなってしまったオトコが、 すなわち、 刑法199条が指摘するところの殺人教唆犯がいるということ。
その意味で、自殺したクソッタレは、金で殺しを請け負うプロの殺し屋気取りの本物のバカ。
えっ、プロの殺し屋だったらなぜ自殺したのか?って?
コヤツは、殺人を金で本当に請け負っている巨大な闇組織に、借金のカタで雇われただけの鉄砲玉のような存在。
しかも、応募してきた2バカに分け前を渡すのを惜しんだために蛮行がバレそうになって、警察よりも恐ろしいその闇組織に残虐に消されるくらいなら自殺した方がマシと考えた情けないヤツ。
えっ、そんなドラマみたいなことが世界一安全な我が国にあるのか?って?
何を寝ボケたことをおっしゃられるのか?
タガの緩み切ったモラル完全崩壊の我が国でも、金、金、金のためにマンガのような犯罪に手を染める大バカどもがワンサカ。
もしコヤツが、予定通りに残りの2バカにちゃんと分け前を渡していたら、この事件も今や我が国の定番である新たな未解決事件になっただけ。

Strangle punishment should have been waiting from the organization in the third-class killer whose barbarian seemed to be bald by stingying the distribution of shares(分け前の分配をケチって蛮行がバレそうになってしまった三流の殺し屋には、組織から厳罰が待っていたはず)!

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード