Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-5 せっかくイビチャ・オシムが讃えたサムライブルーの消滅を、惜しむ!?

If you are an intelligent Japanese, you should recognize that training physics is not going to be macho(知性のある日本人なら、フィジカルを鍛えるということがマッチョになることではないと認識すべき)!

■W杯ロシア大会決勝トーナメントの戦いに対してのイビチャ・オシム評

●試合後

とはいえ、日本は難しい状況をよく戦ったと思う。2対0から2対2に追いつかれ、それでもプレーを続けねばならなかったのだから。
追いつかれたのは、足りないものもまだあるということだ。それらは小さな事柄であるのだが、日本がまだ多くを学ばねばならないのもまた確かだ。愚かなミスを犯す可能性は常にある。しかし、そうしたミスともともに生きねばならない。もちろん二度と犯すことのないよう修正していく必要はあるが、最悪だとばかり言って後悔しても仕方がない
客観的な視点に立てば見るに値する試合で、スバらしい試合が見られたという喜びが最後に残った。日本はフィジカル面でも悪くはなかった。とても重要なことで、ここまでやってきたことに間違いはなかったと確信を持ってイイ。
何がよくてどこを目指すのか。それをハッキリと意識して歩みを進める。より遠くまでだ。それには勇気がいるし、プレーのクオリティーも必要だが、今日、日本が示したのはもっとできるということだった
日本代表はこれから変わっていくべきだ。このチームは長い間、同じ選手たちがプレーしている。ベテラン選手はさまざまな経験を経て多くのことを身につけている。代表での経歴も長く、彼らが日本の質を高めたといえる。だが、それももう終わろうとしている。幾人かは新たにスタートを切るのは難しい。新しい選手がどのぐらい入ってくるのか注目していかねばならない。彼らがこれからの代表を支えていくのだから。
チームを完成させるには少し補強が必要だ。長友に代わる左サイドバックや屈強なストッパーが必要だし、よりクリエイティブなミッドフィールダーも、機動力に富みアグレッシブで得点能力の高いフォワードも。
これからのサッカーはさらにスピードアップしていく。選手のスピードもプレーのスピードもだ。それにはさらなるフィジカルの強化が不可欠だ。フィジカルに問題のある選手は、これからはプレーをしていけない
変わらないのがテクニックの分野だ。多くの選手は自分が優れたテクニックを持っていると思い込んでいる。しかし、プレーのスピードがアップすれば決して十分ではない。さらに技術は向上できるし、それには若年層からもっと練習を積んでいく必要がある。
これからの他の国のことばかりを考えるべきではない。自分たちのことをもっと考えて、正しいと思える道を歩んでほしい


どうだろう?
本物のサムライ精神を理解したうえで、その慧眼から適切な洞察をしている本当にスバらしい外国人だと思わないか?
東仙坊、イビチャ・オシムに我が国のヤングプレーヤーを育ててもらいたいとムリを承知でついつい思ってしまうのだが…。
ところで、我々日本人は、スマートでデリケートでセンシティブなサムライブルーがW杯で優勝することを本当に夢見ているのか?
イントロで指摘したように、サッカーは「マリーシア」のスポーツなのでは?
もっと的確に言えば、貧しい人たちが一攫千金を夢見る数少ない手段の一つなのでは?
ということは、喰うために家族を養うために本物のハングリー精神を持った人々の方が圧倒的に有利なスポーツなのでは?
事実、今、サッカーなるものを牽引している超ビリオネアでスーパースターである、ライオネル・メッシも、クリスチャン・ロナウドも、ベルギーのロメル・ルカクも、メチャクチャ貧しい家庭の出身なのでは?
それこそ、あの超セレブのデビッド・ベッカムでさえ?
一体この世界有数の経済大国のどこにそんな本当に貧しい子どもたちがいるというのか?
その見地からすれば、世界に類のない強固な和のあるチームプレーを軸にした美しいサッカーをすることこそが、日本のあり方なのでは?
事実、決勝トーナメント敗退が決まったベルギー戦後も、日本のサポーターたちがいつものようにゴミ片づけをし、BBC「マッチ・オブ・ザ・デー」に、日の丸に身を包んだサポーターらが会場のゴミを集める写真を掲載され、「日本のファンは試合終了のホイッスル後もスタジアムに残って掃除した」とtwitterされたり、USAトゥデー・スポーツサイトに、「敗戦の失望をこらえて、日本のファンは再びゴミを集めた」と報道されることの方が、有意義だと思うが…。
そして、それは敗戦後のロッカーやドレッシングルーをキレイに掃除したという日本代表対にとっても、全く同じなのでは?
そう、すべてに美しくあることこそ、日本人にとってナニゴトにも重要だと思わないか?

Japanese football should be beautiful even if it is not strong(日本のサッカーは、強くなくても美しいければいい)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード