Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-22 落ち目のマスメディアの長いものに巻かれる露骨な怠慢!?

The mass media which is good at hanging down fake news, is not necessarily sexually sure but something like a public opinion poll by saying it as a golden rule(フェイクニュースを垂れ流すのが得意なマスメディアは、必ず性懲りもなく世論調査のようなものを金科玉条にしてモノを言う)!

東仙坊、お得意のフェイクニュース連発で、図体がデカいだけで頭が空っぽの金の亡者どもの「モンゴルSUMO協会」にとって唯一無二のジャマ者だった金の苦労をしらない相撲ボンボンの相撲バカ貴乃花追放をなしとげた、卑怯で卑劣な我が国のマスメディアに、絶望させられている。
なかでも、何が何でも、モンゴル人横綱3人による八百長教唆のための集団パワハラ・リンチ殺人未遂事件を理事巡業部長貴乃花の何の規則も存在しない報告義務違反にすり替えてしまった、読売グループとフジ産経グループどもの露骨な作為は万死に値するもの。
そのせいで、一方的な殺人未遂事件の被害者である貴ノ岩のケガは本当はヒドくない、先輩横綱がせっかく愛情から(?)説教してくれているのにスマホを弄るなんて百年早いとんどもないヤツだ、加害者の日馬富士は辞めるハメになったのだからもう十分に制裁を受けている、などとクソッタレマスメディアどものプロパガンダ通りに推移。
な、な、なんといつのまにか100%集団パワハラ・リンチ殺人未遂事件の被害者でしかない貴ノ岩のマナーの悪さと増長、その親方貴乃花の組織人失格の話になってしまったのだから、本当に悪いヤツら。
東仙坊、せめてほんの少しのジャーナリズムとしてのプライドがあるなら、「モンゴルSUMO協会」が技芸の公益に関する事業で不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与する、そして、原則非課税で寄付金控除など税制面での優遇措置が受けられる「公益財団法人」である以上、特に、刑事犯罪に関する関係者の法的責任義務、それに関する内部処分の適法性、つまり、理事の解任などには明確な規定がいると追及するのが仕事では?と思わず訊きたくなるばかり。
しかも、その時点で、貴乃花部屋は誓約書さえ未提出だったのだから、なおさら。
つまり、誰一人としてガバナンスやコンプライアンスの意味さえいまだにわからない「モンゴルSUMO協会」、何の規則にも抵触していない貴乃花を降格させたうえ、パーフェクトな被害者の貴ノ岩の番付を下げるという暴挙を行っているのである。
ともあれ、それで有頂天になったままなのか、今度は、「モンゴル会」と「モンゴル・マフィア」とかなり打ち合わせたうえで、貴ノ岩にまた子分のマスメディアどもを使って新たな罠。
フェイクニュースでのモンゴル世論の反応まで加えて、黒鵬と日馬富士と鶴竜の陰険な隠蔽工作をさらに隠蔽するために、民事裁判を提訴を取り下げさせるのだから。
それはそうだと思わないか?
図体の大きなだけの頭の空っぽな仲間が日本に出稼ぎに行っていることを、約半分の国民が1日2ドルで暮らしている人たちの誰が気にするのか?
そう、金を国に還元する奇特な人たちのことを嫌わないかもしれないが、それがSUMOによるものだなど誰が気にするのか?
仮に日馬富士が本当に国の英雄だとしても仲間のモンゴル人への残虐な暴力でクビになったことがはっきりしているのだから、すでに英雄ではなくなっているのでは?
日馬富士に同情しているのは、その金のご相伴にあずかっているほんの一部のヒトたちでは?
どちらにしても、加害者である日馬富士サイドの示談交渉が、ハナから異常に早かったことが、ミソ。
というのも、通常、示談は、損害が確定し、被害者側が損害の請求を表示してから始まるのがスジ。
つまり、「モンゴル会」と「モンゴル・マフィア」は、ハナからおバカマスメディアを利用し、加害者としての誠実さをひたすらアピールする戦術を姑息にも選んだだけ。
そして、こともあろうになぜか刑事罰が極めて軽い処分だったために調子をこいて、示談交渉においても30万円という極端に低い提示額を出してきただけ。
それもこれも、加害者側には、「モンゴルSUMO協会」と「モンゴル会」と「モンゴル・マフィア」がついていたため、あくまで強気でいられただけ。
どうあれ、このやむを得ない提訴取り下げで、「モンゴルSUMO協会」と「モンゴル会」と「モンゴル・マフィア」が手にする利益は無尽蔵。
一方、圧力に負け提訴を取り下げた貴ノ岩も、天下の横綱に向かって難癖をつけたとんでもないヤツというレッテルが確定し、もしあるならそのバッシングなるものが収まるはずもナシ。
ようは、「モンゴルSUMO協会」を代表する「モンゴル会」の中心の3横綱による集団パワハラ・リンチ殺人事件は、その被害者の回復が何もなされないまま、迷宮入り。
つまり、貴ノ岩にとっては惨めな泣き寝入り。
そして、我が国は法治国家であったはずなのに、残忍非道な暴行への被害者の人権を擁護できないみっともない国であること、正義が実現できない低級な国であるということまでを世界に発信しただけ。
それに対し、辛うじてバランスのいい発言を一人でしているフジテレビの三田友梨佳アナウンサーが、「損害賠償を請求するのは被害者の当然の権利。そんなモンゴルからのバッシングを防ぐためにも、相撲界全体として守ることができなかったのか?」と苦言を「モンゴルSUMO協会」に呈したのに、ついに頭の芯までボケ切った超落ち目の安藤優子、「どっちに軍配が上がったとかではなく、これで相撲に集中できる環境が整うなら、最善の決断だったという気もする」とコメントするキチガイ沙汰。
まさに、安藤優子こそ、我が国のトンチンカンフェイクニュースの女王のごとし。

In the mass media that cooperated in the exile of Takanohana, counterfeit journalist casters used to wield their opinions by saying bigger(貴乃花の追放に協力したマスメディアでは、ニセモノジャーナリストのキャスターが大手を振って意見を言いまくっている)!

To be continued...




















 



 





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード