Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-19 無知なマスメディアがヒドい味つけをした世紀のニセ・パワハラ事件!?

Is the consciousness of the athletes who misunderstand our country sooner than the very ordinary Young people must be more conscious of morals(ごく普通のヤングたちよりも、我が国のすぐのぼせて勘違いするアスリートたちの方がモラルに対する意識が強いのか)?

◇スポーツ界ではアスリートがいくつまでが純情可憐で純粋無垢なのか?

◆モラル完全崩壊の我が国では、なぜか未成年の飲酒や喫煙は年々減少傾向にあるというが、それでも、厚生労働省2014年度調査によると、1ヵ月間で1日でもお酒を飲んだことがある普通の子どもは、中学生男子5.5%、中学生女子5.2%、高校生男子11.5%、高校生女子で8.1%。
そう、高校生の約1割が月に1度ぐらいはお酒を飲んでいるというのでは?
ということは、人間の脳は生後6歳までに大人の大きさの90~95%になり、脳内細胞の成長ピークは、男子11歳、女子12歳半、20歳前後まで成長が続き、その後、成熟した脳へと変化するというのだから、20歳までの飲酒や喫煙の影響はかなり大きいのでは?
喫煙に関しては、WHOと世界心臓連合によると、?世界で年に約700万人が喫煙が要因で死亡しているというのでは?
そして、心筋梗塞、心臓発作、心不全など循環器病気による死者は、年間約1790万人。
それらの病気の要因は、高血圧1位、タバコ2位。
いくら2000年27%だった世界の喫煙率が、2016年20%、男性喫煙率33.7%、女性6.2%と減少しても、いまだに15歳以上の喫煙者約11億人、13~15歳未成年喫煙者が、約2400万人、男子喫煙率9.3%、女は4.2%。
まだまだハンパじゃないと思うが、どうだろう?
そのうえ、我が国の普通の女子においては、援交(募金?)やSNSでの自分のヌード販売は、今じゃ小学生女児までしているというのでは?
そこで、どうしても気になることが、1つ。
男性アスリートの情けなくてみっともないモラル喪失の愚行や蛮行の数々は、今や日常茶飯事。
では、女性アスリートは、みんな品行方正なのか?
実は、今回の醜悪極まりないニセ・パワハラ事件で、なぜか最初から18歳の女性アスリートが100%「正義」の立場で展開し続ける幼稚このうえないあるテレビが、肝心のこのエセ・ヒロインと醜悪な暴力コーチの練習風景のビデオを流すときある部分にブラシをかけたから、ビックリ仰天。
そこに、このニセ・パワハラ事件の本質があることをコヤツらはわかったうえで作為的な情報操作をまたしているのだと確信したのは、東仙坊だけではないと思うが…。

◇プロフェッショナルのアスリートになるということは、すべての社会的責任を自分で背負うと宣言することなのでは?

◆この東京都西東京市出身のエセ・ヒロイン、小学校5年のときに、埼玉県新座・朝霞・志木市で、器械体操や一般体操を指導・普及している浅香実津夫をはじめ、児童館職員、学校職員、その他の有志の方たちによって2010年に作られた「財団法人新座市体操協会」が「立教新座中学高校」と提携・開校・設立した「セインツ体操クラブ」に入会。
その26歳の醜悪な暴力コーチが彼女の担当
実は、コヤツ、日体大を卒業後、「徳洲会体操クラブ」に所属し、米田功や水鳥寿思などオリンピックを目指したものの、2008年北京オリンピック代表選考後、選手引退し、退職。
できたてホヤホヤの「セインツ体操クラブ」に所属し、日本代表コーチ(???)

そう、黒い噂いっぱいの「医療法人徳洲会」などを中心とし全国に70あまりの病院をはじめ総数340以上の医療・介護・福祉施設を有する日本最大の民間医療グループ、徳洲会グループの体操クラブから、小さな埼玉の体操クラブへ移った奇特なお方。
ともあれ、エセ・ヒロイン、JR武蔵野線埼玉県新座市駅から直線で約3㎞の西東京市立青嵐中学校を卒業。
そして、今年3月1日、埼玉県新座市にある「学校法人武陽学園」が運営する私立高等学校、西武台高等学校を卒業。
と、と、ところが、盲愛する醜悪な暴力コーチとともにいたいからと、他のアスリートのように大学進学や社会人チームに入ることもナシ。
そ、そ、それどころか、何を勘違いしたのか、体操界初のプロ宣言をしたあの世界最高のアスレチックアスリート内村航平をマネて、女性体操選手初めてのプロ宣言し、「セインツ体操クラブ」から離反(???)。
それもスポンサーの見つからないまま。
どうだろう?
凄く変だと思わないか?
2016年のリオオリンピック日本代表として出場して、団体では4位のメンバーとなったものの、種目別の床と跳馬ではいずれも予選敗退しているのでは?
それなのに、どうやって練習環境の確保やスポンサー発掘や資金繰りなどをどうするつもりだったのか?
第一、大阪体育大学DASHプロジェクトの4年契約はどうしたのか?
今年5月になって、ようやく愛知県江南市にある公益財団法人日本体育協会公認コーチでもある北折明子が代表の「レインボー体操クラブ」と2020年8月まで契約。
なぜか、それもエセ・ヒロイン自ら、7月、契約破棄したというのでは???
東仙坊、どのマスメディアもどの体操OBも触れないから、ここは明言しておきたい。
この「レインボー体操クラブ」には、どうやらその道のプロと思える顧問弁護士が2人も役員にいるのである。
簡単に片づかないところがかなりあると思うが…。
ともあれ、愛し合う2人にとって、イヤ、一方的に盲愛する16歳年下の18歳の未成熟なカラダだけ大人の少女とそんな少女でラクして喰おうと考えていた最低の暴力オトコにとって、経済的支援をしてくれるスポンサーは一切ナシ。
そ、そ、そんなとき、エセ・ヒロインにとって命よりも大切な醜悪な暴力コーチのその暴力が公にされ大問題になってしまったというのである。

Why doesn't the mass media in Japan report that the female gymnastics athlete who is pretentious for salvation of her own loveable violence coach as proclaimed pro as Uchimura Kohei(なぜ我が国のマスメディアは、この自分の愛する暴力コーチ救済のためになりふり構わぬ女性体操アスリートが、あの内村航平同様に、プロ宣言していることを報道しないのか)?

To be continued...










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード