Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

イチローの父、招聘-6 子どものいないイチローのファミリーたちの最新動向!?


Is not it an amusement park without a roller coaster such as MLB without Sho-ee any longer(もはやSho-eeのいないMLBなど、ジェットコースターのない遊園地なのでは)?

我がイチローの父親、Sho-ee の手術に関する実に興味深いコメントを寄せたのが、実は、シーズン当初からMLBで驚異的な大活躍を見せるSho-ee に公開謝罪した、あの「Yahoo!スポーツ」のジェフ・パッサン記者。
それはそうである。
Sho-ee は、開幕から11日間で、投手として2連勝、打者として3試合連続ホームラン…と野球コミックのヒーローのような大活躍を続けたのだから。
拝啓 Sho-ee 様、ごめんなさい。私が完全に間違えていました。この仕事において勘違いを起こすことは最悪だ」と開幕前にMLBで二刀流が成功するワケがないと書いた自身の軽率を謝罪。
そして、合わせて100年以上の経験を持つスカウトたちの言葉を並べ、「キミのスイングには欠点がある。キミの試みは困難であり、MLBの投球に適応することは難しいだろう。二刀流は不可能に近い」と主張したことを恥じていると告白。
まさか、1930年のベーブ・ルース以来となる1シーズンで先発勝利&3戦連続アーチ達成の偉業を達成したうえ、パーフェクトもどきの2勝目を挙げるなんて…驚き以外の何物でもない。スプリングトレーニング中にエンゼルスの選手から『Sho-ee の打撃練習を見るべきだ。スペシャルだから』と言われたものの、打撃練習では絶好調でも試合でからっきし打てない選手を見てきた私は、それを冷笑していた。それをここまで見事にアジャストできるとは? アジャストする前の選手を見極める際のよき教訓となった」と正直に書き込んだUSA記者。
実は、彼、ピッチャーの故障をテーマにした著書があるだけでなく、トミー・ジョン手術にも精通するとか。
そのせいか、今回、Sho-ee の手術についても言及。
「どうすればSho-ee がトミー・ジョン手術を受けても2019年にプレーできるか?」とUSAでも有数のトミー・ジョン手術執刀医4人の意見を基にSho-ee の復帰プランを紹介したというから、俄然注目。
「復帰まで最低1年はかかる肘の手術を受けるというエンジェルス球団の勧告をSho-ee が聞き入れるのはほぼ確実だが、リハビリしながら試合に出場する初めての選手になる。医師たちが投手復帰までの過程において2019年シーズンはレギュラーの指名打者として出場できると考えている
「トミー・ジョン手術とは損傷した靭帯を摘出し手首やハムストリングから摘出した腱を移植するというもので、患部に定着するまで最初の3ヵ月は重要だ
「1人の医師は3ヵ月後には打撃練習が再開できるだろうと言っているが、過去に1人だけスイングした際に肘を悪化させたデータがあるとも言っている」
「スイング時の患部への影響については、最も負荷がかかるのは『押し手』で、右投げ左打ちのSho-ee の『押し手』は左腕になるので問題はない
「打者として復帰するまで4ヵ月半から6ヵ月を見ている」
「Sho-ee は右肘に新たな損傷が見つかった9月5日に指名打者としてレンジャーズ戦にフル出場し、2本塁打を含む4打数4安打3打点と結果を残した。この日の起用法からエンゼルスの医師たちもほぼ同意見なのは確かだ。9月中旬に手術に踏み切った場合、クリスマス前に打撃練習を再開でき、術後6ヵ月としてスプリングトレーニング2週間を残して戦列に戻ることができる。もし今シーズン最後までプレーした場合は2週間ずれ込むので打撃練習再開は年明け、開幕直後の復帰には慎重になるのでは?」
「Sho-ee が二刀流として復活することを期待している。最悪のシナリオは再び、靭帯を痛めてしまうことだが、現時点でSho-ee をフルタイムの打者に転向させるのはナンセンスだ。術後は18ヵ月あれば十分。順調にリハビリが進めば、Sho-ee は投手としても復帰したときはまだ25歳だ」

どうだろう?
このご仁、今や本物のSho-ee ファン、Sho-ee フリークなのでは?
ちなみに、今回、Sho-ee の右肘の靭帯再建手術(通称トミージョン手術)を執刀したのは、「ミステリードクター」と称される伝説の医師
ニール・エラトロッシュ(58歳)とか。
何でも、現在ロサンジゼルス・ドジャースとNFLロサンジゼルス・ラムズのチームドクターで、2008年、NFLニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディ(41歳)が選手生命を脅かされる膝靱帯の損傷を負った際に靱帯再建手術を担当。
今年1月には、そのトム・ブレイディを右手親指負傷をテーピングだけで乗り越えさせ、2月のスーパーボウルまで進出あせたとか。
また、2013年4月には、ドジャースのザック・グレインキー(34歳)の肩の靱帯再建手術を終えた日の夜、テレビを観ていていると、NBAロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアント(40歳)がアキレス腱を切ったのを知ったとか。
すると、その直後に、コービー・ブライアント本人から、「明日手術をしてくれるか?」と電話があり、ゴルフの予定をキャンセルしてコービーの膝を繋いだとか。
ついでに、この医師、年収数百万ドルの億万長者で、ゴルフのハンデは10とも。

I keep praying everyday that the right arm completely heals like Sho-ee(Sho-eeと同じに、右腕が完全に治るようにと日々祈り続けている)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード