Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-20 花田光司への徹底弾圧に見る「日本国の外国化」!?


Truly replacing the collective power harassment lynch incident for promising one's strength by the existing mass media of the original headquarters of the fake news origin, 3 yokozuna to one solitary rebellion by one abnormal former yokozuna Therefore(さすがフェイクニュースの本家本元の既存マスメディア、3横綱による一力士への八百長教唆のための集団パワハラ・リンチ事件を1人の異常な元横綱によるたった一人の孤立無援の反乱にすり替えてしまうのだから)!

東仙坊、現役時代にガチンコ相撲で21回の優勝を果たした相撲ボンボンで相撲バカの貴乃花こと、花田光司が社会的にどんな悪いことをしたのか? もしくは、モラルに反する何かをしたのか? あるいは、その腐り切った「モンゴルSUMO協会」のどんなコンプライアンスに違反したのか? 今もって理解できない。
念のために整理すると、貴乃花は、横綱3人による八百長教唆のための貴の岩集団リンチ事件の「被害者」の単なる親代わりだったはず。
それが、「モンゴルSUMO協会」の溢れ出てくる小判に尻尾をふり続ける不健全なマスメディアの止まないバッシングのせいで、今や、完全にヒール。
それこそ、本来なら殺人未遂で実刑になってもオカシクない気の狂ったチンピラ型暴行魔日馬富士、その共謀共同正犯か傷害現場助勢罪犯の黒鵬や鶴竜以上の悪人扱い。
イヤイヤ、このうえなく神聖で公正な国技大組織(?)「モンゴルSUMO協会」にこともあろうに無分別に楯を突くテロリスト扱い。
なぜそうなるのか?
もはや神事とはほど遠いSUMOでも金が集まれさえすればそれでいいという「モンゴルSUMO協会」にとって、ウッシシやウハウハの金の流れを壊そうとする不利益なヤカラは敵。
幼稚かつ無能な情けなくてみっともないマスメディア、品格の理想として存在する横綱どもによる八百長を拒絶する一モンゴル人力士対するに対する残忍非道な集団パワハラ・リンチ事件を、次期理事長を狙う貴乃花の策略かのように徹底報道したうえすべてを理事でもある貴乃花の報告義務違反・職務放棄のせいとすり替えようとする「モンゴルSUMO協会」印象操作に徹頭徹尾協力。
それでいながら、途中から彼らの大好きな貴乃花への「モンゴルSUMO協会」による事実上のパワハラ事件になっているのに、全く無視。
ここでまた念のために整理すると、なぜ正真正銘の横綱3人による八百長教唆のための貴の岩集団リンチ事件の被害者である貴の岩が、番付を降格されられるの?
せめて加害者である日馬富士への給料を休場中の貴の岩の給料に上乗せして払うべきだったのでは?
また、事件発生当時の「モンゴルSUMO協会」のガバナンスシステムに、理事が理事長に報告義務があるという規定などどこにもなかったはず。
罰則規定さえなかったのだから、何をどうしようとそれぞれの理事の勝手。
さらに、その時点で、貴乃花部屋は、「モンゴルSUMO協会」に対し、「誓約書」をまだ提出していなかったはず。
実際、その「誓約書に」ある「力士は、暴力を目撃した場合、止めに入り、速やかに師匠の親方に報告する」という義務は事件後に慌ててつけ加えられたもののはず。
その点からも、貴乃花や貴の岩はもちろん、貴乃花部屋の他の力士にも何の責任もなかったはず。
百歩譲って理事の道義的な責任を追及するとしても、それは被害者の親方の理事である貴乃花よりも、加害者の親方で理事である伊勢ヶ浜の方が、その責任は重かったはず。
それにしても、いくらグルだと言っても、読売グループやフジ産経グループを中心とした、我が国のマスメディアどもの超絶な貴乃花叩き、いわゆる「鬼退治」、「魔女狩り」、「袋叩き」、「村八分」はハンパじゃなかった。
おかげで、いつのまにか貴乃花が、「スモー・レスリング・デッド」に見えてきたほど。
その徹底ぶりは、今回、耐え難きを耐え忍び難きを忍んできた貴乃花が、断腸の思いで自分のカワイイ子どもたちを他の部屋に移させ自分が引退すると親方引退記者会見をしても、一向に収まらなかった。
それどころか、今度は、私人、花田光司のプライバシー侵害もいとわないように、「宮沢りえ騒動からオカシクなったとか、「夫婦仲が最悪。ずっと別居状態」とか、「借金でクビが回らない状態」とか、「有力支援者の言うことにも全く耳を貸さない」などとパラノイアのような扱い。
果ては、「プライドが高くて忍耐力のないワガママなヤツ」とか、「上官の命令に対し何も疑問を抱かずに死んでいく最下層の『一兵卒』になると宣言したのだから、全ての理不尽を受け入れて協会の言いなりになれ」などと言い出す始末。
実際、貴乃花が、「6月から自分の一門を自ら潰して無所属になっていたが、7月の理事会で全親方は角内にある5つの一門のうち、いずれかに必ず所属しなければならないと決めたとかで、従わなければ、協会員の資格を失うと、秘かに決められてしまった。自分と弟子たち全員を受け入れる条件は、告発状が事実無根だということを認めることだと、ある協会幹部から言われた。9月27日の理事会までに決まらなければ、廃業に追い込まれるかもしれなかった。私一人なら、ただ耐え続ければよかったんですけどね。でも、弟子たちまでターゲットにされたワケですから。このままだと今までのように相撲が取れなくなってしまうと。うちの子たちは何としても守らなければいけません。そのためにはもう、自ら身を退くしかありませんでした。私が身を退く決意を伝えたとき、弟子たちは泣いていましたけど、『何が襲ってきたのか、いつかわかる日がくる』、『オマエたちは生き残るんだ』と伝えました。振り返れば、これまでも無所属の親方がいた時期もあったのに、私の一門がなくなった途端、どこかに所属しなければならないと、私を標的にした流れが作られました。協会は、元の古い体制に戻った、イヤ、さらにヒドくなったんじゃないでしょうか? 一門に入りたいために、もし告発状を事実無根だと自分が認めたとしたら、『事実ではないことを根拠に協会を告発した』と、私を解雇する材料にしたでしょう。どっちみち、私を潰しにきたんです」と自分の下した最終決断の背景を説明すると、「モンゴルSUMO協会」と一緒になって、「そんなことはあるワケがない」と全否定。
本当に情けなくてみっともない我が国のマスメディアどもでは?
冗談でもジャーナリズムを標榜するなら、自分たちできちんと取材したり検証したりして、モノを言え!と言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思うが…。

It must be the basic attitude of the mass media of our country to exclude those who are not wound on long items(長いものに巻かれない者を排斥するのが、我が国のマスメディアの基本姿勢)!

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード