Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-20 花田光司への徹底弾圧に見る「日本国の外国化」!?

You should give SUMO for Mongolian people who are foreigners who wanna make money with this global era by only power(これだけのグローバルな時代、力で金儲けがしたい外国人普通労働者であるモンゴル人たちのためにSUMOをあげてしまえばいい)!

東仙坊、なぜ我が国の幼稚なマスメディアが、横綱3人による八百長教唆のための集団パワハラ・リンチ事件そのものよりも、その不幸な被害者やその単なる親代わりの親方を徹底的に叩くのか? 
とりわけ、被害者である平幕のモンゴル人力士の貴の岩は、あれだけのケガをさせながら、モンゴル人横綱3人に忖度し、イヤ、脅迫され手打ちをしていたというのである。
それを聞いて、貴乃花は、「事件の被害者と加害者をはっきり認定させたいと警察に届けました。ところが、協会幹部は何が起きたかを把握しようとした私の行動に理解を示すどころか、『何で取り下げないんだ』と。挙句は、『貴の岩のケガは軽いんだろう。そんな重傷なら救急車を呼べばよかったじゃないか』とまで言われましたから。オマエも相撲界の人間なら大ごとにするな、と言いたかったのかもしれませんが、弟子が知らぬ間に、一方的にケガを負わされ、勝手に手打ちまですまされていたんです。それをどうして見過ごすことができますか?」と行動しただけ。
実際、加害者の親方である伊勢ヶ浜理事も、主犯格の黒鵬ら3モンゴル人横綱も、その「モンゴル会」と盃を交わしている鳥取城北高校校長も、そのバカ息子の力士も、「モンゴルSUMO協会」に報告もしなかったはず。
そ、そ、それなのに、貴乃花だけを、「組織の勢力に迎合し自己保身を図ろうとせず、長いものに巻かれず、それどころか、協会に集るハイエナやハゲタカ的政治屋どもが指摘するように、図体だけのデカいノータリンの力士らしくなく、自分の信念を曲げなかった許し難い組織の背信者」と、「モンゴルSUMO協会」執行部は自分たちの靴を舐めさせるほどの「貴乃花への有形無形のイジメ三昧」。
そんな「モンゴルSUMO協会」を全面サポートするのが、いつのまにかニセ日本人やサプア人が増えたせいか、とことん「事大主義」に毒されたマスメディアの大バカ者ども。
では、彼らはなぜ貴乃花をそこまで毛嫌いするのか?
それは彼らと明確に違って、正々堂々と真実を曲げないから。
そう、喰うために平然とウソをつかざるを得ない彼らの琴線に直接触れるから。
貴乃花は、花田光司に戻る際、改めて明言した。
「引退は苦渋の選択ではありましたけど、後悔はしてません。私はただ、やらなければいけないと思ったことを、信念を持ってやってきただけ。私は自分なりのやり方でしか動けないですから。その結果、協会から身を引くことになりましたが、幸い、弟子たちを安心して相撲に専念できる場所に託すことができました。彼らの活躍を外から見守りながら、私は粛々と生きていこうと思っています」
どうだろう?
最後まで相撲ボンボンで、相撲バカだったのでは?
そして、彼の引退は、我が国の伝統である大相撲の終焉を物語っていると思うが…。
では、長いもに巻かれろ!がテーゼの我が国の脆弱なマスメディアが一向に暴こうとしない、3月9日、貴乃花が内閣府に提出した告発状の中身とは、一体何なのか?
それは誰がどう言おうと、税制上の優遇措置が受けられる公益財団法人の立場を取り消されるかもしれない、「モンゴルSUMO協会」のスキャンダルや根底から揺るがすタブーの数々、そう、貴乃花が最も忌み嫌う八百長、独特の可愛がり、各種賭博などなどなど…。
しかも、貴乃花の背後には、北の湖理事長の懐刀で現執行部と対立する元協会危機管理顧問、協会の機密文書の内容や金の動きなどの裏事情をほとんど把握する金庫番元幹部職員、女帝と恐れられた女性職員が見え隠れするから、「モンゴルSUMO協会」は実にナーバス。
それに、相撲ボンボンへのジェラシーが加わったのだから、その貴乃花憎しの感情は、ハンパじゃなかったはず。
とりわけ、金儲けがしたいだけの「モンゴル会」にとっては、たった一人の目の上のタンコブ。
それを思わぬ引退で片づけられて、万々歳に違いない。
ともあれ、これで「モンゴルSUMO協会」は、正真正銘のモンゴル人独り占めの世界。
すでに彼らが学び取ったように、相撲バカどもの命を削るような真剣勝負を避け、ある程度のシナリオを決めておいてのSUMOレスリングショーばかり。
そう、黒鵬が大元のシナリオを作る八百長SUMO相撲。
しかも、歴代の日本人横綱とは明らかに違い、黒鵬は思いっきり長生きしそうだから、大相撲は完全消滅。
えっ、どういこうことか??って?

For wrestlers who are not good at efforts to serve as long as the Yokozuna, there must be no choice but to use cowardly hands or rely on fixed matches(努力が苦手な力士が横綱を長く務めるには、卑怯な手を使うか八百長に頼るしか道はない)!

To be continued...
























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード