Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-22 落ち目のマスメディアの長いものに巻かれる露骨な怠慢!?


If you are watching the world news, you would feel that you must be happy to be born in our country(世界のニュースを見ていると、我が国に生まれてよかったとつくづく感じられるようになる)!

東仙坊、世界で続発するまさかという場所での大洪水の報道に、本当に目を白黒させていた。
10月13日、戦争を止めようとしないシリアの首都ダマスカスで、地中海で発生する暴風雨「メディケーン」によって大洪水。
その内戦の廃墟での洪水シーンは、まさに地獄絵図そのもの。
10月14日、年間降水量100㎜程度のイエメン南東部のマハッラ県に史上3つ目の(?)アラビアンサイクロンが上陸し、2日間で数年分の雨が降り、壊滅的な大洪水。
10月20日、平均年間降水量は77㎜のカタールの首都ドーハで、1日60㎜近く、つまり、ほぼ10ヵ月から1年分くらいの雨が 1日で降って大洪水。
10月25日、ヨルダンの「死海」で鉄砲水が発生し、現地を訪れていたヨルダン・アンマンの私立学校生徒 37人が、その洪水に巻き込まれ20名以上が死亡。
10月26日、シリアと国境を接するトルコのハタイ県ヤイラダー区クズルチャト地区の近くで、シリア国民の集団が違法に国境を越えようとしたところ、洪水の水に呑み込まれ死亡したというから、残酷。
どうだろう?
砂漠地帯までがこんな状態では、世界中で洪水続発は歴然なのでは?
中国はもちろん、インドやミャンマー、隣のキチガイの国々などでも、洪水、洪水、洪水。
ポイントは、そういう洪水の報道をしないと、日本の洪水被害者がついつい甘えてしまうこと。
何しろ、我が国の洪水では、地元警察や消防庁や消防団、公共自治体職員や自衛隊までがすぐ動員され、避難と救助に当たるだけでなく、最新鋭の重機や化学兵器まで導入し、すぐさま復興開始。
またたくまに、仮設住宅という夢のような世界。
いかに自分たちが恵まれているかを普段から十分認識していないと、すぐヒトは横柄になってしまうのでは?
だからこそ、マスメディアには、自分たちの金のなる木にばかりに配慮していないで、バランスのいい可能な限り公正な報道をする責任と義務が課せられているのでは?
にもかかわらず、自分たちの金のなる木になる組織の言いなりになる情けなさみっともなさだけは、言語道断。
そんな無責任なマスメディアの実態を改めて暴露したのが、10月19日、「モンゴルSUMO協会」の第三者機関、暴力問題再発防止検討委員会但木敬一委員長などが、実態調査や再発防止策の最終的な報告書を協会に提出し、その内容を記者会見まで開いて公表。
けれども、その詳細を取り上げるテレビマスメディアがないばかりか、紙媒体のマスメディアまでが意図的にスルー。
それはそうだと思わないか?
モンゴル人横綱3人による八百長教唆のためのモンゴル人力士への集団パワハラ・リンチ殺人未遂事件を、ようは、モンゴル人力士どもの懲りない八百長問題を、貴乃花の「モンゴルSUMO協会」への反発的狼藉問題にすり替えてしまったのだから、今さら、触れるワケにもいかないはず。
ましてや、「貴乃花は何も悪くなかったばかりか、正しかった」となど口が裂けても言えないはず。
何でも、その2月に設置された暴力問題再発防止検討委員会、過去の暴力事例に関し親方・力士ら900人の現役協会員と個別面談し、元協会員51人を電話などで約8ヵ月間調査したとか。
その結果、相撲界の暴力問題はこの40年間、減少傾向にあると結論。
暴力を受けたと回答した割合は1978年に37%だったのが、2017年には5.2%.。
特に2007年の力士暴行事件から10年は確実に減少。
その暴力は同じ部屋に所属する兄弟子から弟弟子に対するものがほとんどで、多くは素手ながら骨折、歯が折れるなど重症に至った例も少なくなかったとか。
また、ちゃんこ番、掃除、日々の生活態度、生活指導の場面で暴力が用いられる傾向があり、暴力を受ける側は入門1~3年目にかけての力士が多数で、入門4~6年目に暴力を振るった経験がある力士は半数を占め、暴力を振るわれた側が振るう側に転化する傾向があるとも。
さらに、大相撲において歴史的に暴力は指導手段で、いまだに力士らに暴力を容認・許容する意識が残っていて、それによって厳格な上下関係を構築しているとか。
ただし、部屋ごとに暴力への対応がまちまちで結果的に協会の関与が不十分になってしまっている。
それゆえ、師匠や協会に率先して暴力問題に取り組むことを要求しつつ、師匠の資格の厳格化、異なる部屋の力士同士による過度に親密な交際の禁止などを提言したとも。

Because it is the mass media of Japan that thoroughly attacked Takanohana, as soon as they realized that he was right, no one of them would take it anywhere in detail(貴乃花を徹底攻撃した我が国のマスメディアだから、彼が正しかったとわかったとたん、どこも詳細に取り上げようとはしない)!

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード