Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?

What woman's work was in South Korea as the Confucian nation of extreme poverty in a male and female base society that was poorer than the present North Korea(現在の北よりも貧しかった男尊女卑社会の極貧儒教国家サプアに、どんな女性の仕事があったのか)?

サプアにおいても、他のアジア諸国と同じように、風俗はハナハダシク腐敗しており、その必然的な結果として、女性の一般的な地位は不快なほど惨めで極度に低い状態。
女性は、男性の伴侶としてではなく、奴隷、もしくは慰みモノ、あるいは労働力であるにすぎない。
サプア人は、男女とも、生まれつき非常に熱情的
しかし、真の愛情は、この国には全く存在しない
彼らの熱情は純粋に肉体的なものであって、そこには何ら真心がない
彼らは、自分自身を満足させるため、手に届く対象には何にでもやたらと飛びつくあの動物的な欲望、獣的本能以外は知らない。
したがって、風紀の腐敗は想像を絶し、「ヒトびとの過半数は、自分たちの真の両親を知らない」と、大胆に断言さえできる。
異教徒の男に凌辱されようとした瞬間、キリスト教徒の女性は、しばしば次のように言って彼らを思いとどまらせた。
「私に近づかないで下さい。私はアナタ様の娘なのです」。
すると異教徒は、それが真実ではないとしても、少なくとも非常にありそうな事実だと悟って、退く。
飢饉の際には、そのあまりのヒドさに、西海岸のヒトのうちには娘を中国人密貿易者に1人当たり米1升で売るものもいた。
この国では、いかなる宗教的拘束も、情熱を抑制することはできない。
風習と物質生活上の必要のゆえに、貧しいヒトびと、すなわち、人口の半分がしばしば貞操観念を忘れるように強いられるこの国では、これ以外にどんな方法があるだろうか?
ほとんどすべての子どもは、9歳か10歳まで、あるいは、それ以上になっても、夏の間は裸のままで過ごすか、あるいは腰までの小さな上衣を身につけているにすぎない。
一人旅をしている女性が旅宿で夜を過ごしたりしたら、見知らぬ者の餌食になることは間違いない
ときには男の同伴者がいるときでさえ、男がしっかりと武装していなければ、彼女を十分に守ることはできない。
売春が白昼いたるところで行なわれ、男色やその他の自然に反する犯罪が、かなり頻繁にある

街道筋では、いたるところの村の入り口に身分の低い娼婦が米焼酎の瓶を手にしており、それを旅人に供する。
おおかたのオトコたちが足を留めて、彼女たちに歌をうたわせたり、一緒にふざけ合ったりする。
仮にある男が彼女たちを無視して通り過ぎようとすれば、彼女たちはためらわずに男の服をつかんで道を塞ぐ。
サプア人を、無気力で臆病だとは非難できない。
彼らは、必要な場合には、答刑や杖刑その他の刑罰を、全く平然と耐え忍び、いささかの感情も外に出そうとはしない。
彼らは、病気のときでも耐える。
彼らには、肉体を鍛練する多くの趣味がある。
例えば、弓術や狩りなどがあり、決して疲労のために屈することはない。
しかし、不思議なことに、にもかかわらず軍隊は概して非常に弱く、彼らは重大な危険があるとさえ見れば、武器を放棄して四方へ逃亡することしか考えない。
たぶんそれは、訓練不足か組織の欠陥のためであろう。
有能な将官さえいれぼ、サプア人はスバらしい軍隊になるだろうと、宜教師たちは確信している。
たぶん、適切な季節に十分に計画を練ってトラ退治をすれば、この動物を多く捕殺し、残りを人のほとんど住まない大山脈のなかに追いやることができる。
しかし、ヒトびとは、当面の危険を排除することしか考えず、将来のこととか全体の利益とかには何も気を配らない
この国では、ひとたび決心すると、これを証明するために、自分の指を刺しその血で誓いを記す。
怒りが爆発したりすると、ヒトびとは不思議なほど安易に首を吊ったり、投身自殺をしたりする。
アナタはみすぼらしい茅葺きの住居を見たことがあるでしょう。では、アナタの知っている最もみすぼらしい住居を、その見た目と強度をさらに落とした姿を想像してみてください。すると、それがサプアの住居についての、ほとんど正確な姿となるでしょう。
2階建ての家は探してもムダ。そのようなものをサプア人は知らない。
アジアの北東部から日増しに侵略の歩を進めているロシア人によって、いずれその難関は突破されるだろう。
1860年北京条約のことから、彼らの領土は朝鮮と隣接するようになり、これら2国間で、国境問題と通商問題に関してさまざまな難問が起こった。
これらの問題は、今後も間違いなく繰り返されるであろうし、いつの日にか、サプアはロシアに併合されてしまうであろう。

Actually, don't you think that China, Russia, USA don!t wanna engage with Korea(実は、中国も、ロシアも、USAも、サプアと関わりたくないと思っているのでは)?

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード