Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

東仙坊、「貴」の神髄を「継承」した「貴景勝」のこの場所の優勝に男の中の男を見た!?


Historically you should not be other than Takakeisho, such as those who graduated from a famous private elementary school of Christianity and became sumo wrestlers(クリスチャン系の有名私立小学校を卒業して、相撲取りになった人間など歴史的に貴景勝以外にいないはず)!

「貴」ノ花と織田「信」長で、「貴信」。
「貴」ノ花と女将さん「景子」で「勝」つで、「貴景勝」。
「貴」ノ花の畏敬する上杉謙信の息子の上杉「景勝」で、「貴景勝」。
どうだろう?
それだけで、貴乃花の相撲道、つまり、伝統の大相撲を継承する日本人力士としては、理想の中の理想の男では?
そもそも、「貴」とは、「ノブレス・オブリージ」。 
そう、「高貴さは義務を強制する」。
パワーを売り物にする力士なら、その自負と自尊心から相手をケガさせないだけでなく、相手をリスペクトする思いやりと勇気が必要ということ。
その意味でも、このヤング力士は一人の人間としても十分に成長しているのでは?
では、今どき、こんな男がどうして育ったのか?
東仙坊、優勝が確定した瞬間、支度部屋で真っ先に祝った貴の岩の笑顔、お祝いに駆けつけた子ども時代からのライバルである阿武咲の笑顔に、この男が男として認められていることがわかって、とても感激していた。
ついでに、優勝パレードの車に、千賀ノ浦部屋の部屋頭のユニークで人のよう誘うなどこか貴景勝似の隆の勝を同乗させたことにも、メチャクチャ感心していた。
ともあれ、これほどまでに貴ノ花のマインドを持った、貴ノ花の相撲道を継承できる男らしい男がどうしてできたのか?
その理由は、たった1つ。
それは貴ノ花同様、お金に困らない高所得層の環境で含蓄と含羞を持つ両親に育てられたこと。
その点では、断然、貴ノ花よりも恵まれているとも言えるほど。
それはそうだと思わないか?
日本でも有数な高級住宅街である芦屋で育ち、幼稚園のときに7つの塾をかけ持ちまでさせられ、地元のクリスチャン系名門私立仁川学院小学校に合格したというのでは?
実は、東仙坊、その小学校の学費をリサーチして、ビックリ仰天。
入学金、施設利用費用、制服代などだけでも、100万円弱。
年間授業料も、何だかんだでほぼ同額。
どうだろう?
今まで何人の相撲取りがいたか知らないが、こんな小学校出身の男など一人もいなかったのでは?
しかも、父親とは、完全に空手を通じた相撲(?)の親子鷹。
カラダの小さかった小学生の息子に、「男だったら、天下を取らないとダメだぞ」と月30万円ずつ食事をさせて、体重を90㎏にさせたというから、ハンパじゃない。
それなのに、貴景勝も、「信じてくれるのはオヤジしかおらんかった。オヤジがいなかったらチャランポランやった」と応えるのだから、ワンダフル。
一方、母親もよくできた女性。
「本当は最後まで力士になることに反対していた。頭からぶつかる競技は心配でならなかったから。でも、貴乃花部屋に入ったとき、腹をくくりました」と言って、九州場所の前半戦4日間と14日目と千秋楽をそっと一人で観戦したとか。
それも、朝から並んで自由席を買ってウロチョロ。
そして、息子の相撲のときは見てられず、勝ち名乗りを聞いて「あぁ、勝ったんだぁ」と知っていたとか。
それだけじゃない。
息子の優勝後、ワイドショーからの両親ツーショットでのインタビュー要請や部屋の人たちとの優勝集合写真を断り、親族だけでの記念撮影だけは仕方なく参加したという本物の日本女性。
ともあれ、東仙坊、貴景勝を惚れ直したのが、その小学校の卒業文集。
「僕は、将来大相撲の最高位「横綱」になりたいです……。今、大相撲は「大麻」「八百長」で角界が揺れている。そのせいで人気が落ちたりしている。それをなくすためにも、角界に入り「日本人横綱」になり人気をとりもどしたい。一方日本人力士はなにをしているんだ!! 八割は日本人なのに、関取の数は三分の一なのだ。やっぱり日本の国技なので日本人にがんばってもらいたい。僕は中学を出たらすぐプロになり、十七歳で十両、十八歳で三役、二十歳で横綱、優勝は三十五回以上したいです。また、お客さんに喜ばれる・好かれる相撲をとりたいです……」
どうだろう?
この男の中の男は、日本国民全員で守るべき貴い相撲取りなのでは?

Takanohana is truly a wonderful teacher to sacrifice his own privacy and protect his disciples from stupid mass media attacks(貴ノ花は、自分のプライバシーまで犠牲にして、愛弟子をバカな報道攻勢から守るなんて、本当にスバらしい師匠)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード