Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?


Korea must be only trying to conceal the unmistakable historical fact that modernization has begun thanks to Japan's support that it was a terrible poverty country than Mozambique now(サプアは、今のモザンビークよりも酷い極貧国だったのを日本の支援のおかげで近代化が始まったという紛れなき史実を高慢に隠そうとしているだけ)!

ロシアと直接交渉するために満州に向かったサプア統監伊藤博文は、な、な、なんとハルビン駅で、気の狂ったサプア民族運動家(?)安重根なるクソッタレに拳銃で撃たれてしまった。
無論、そのクソッタレ、その場で、即座にロシア官憲に取り押さえられる。
すると、自分の随行者から、「犯人はサプア人です」と告げられた彼、「そうか、バカなヤツだ」と言った伊藤博文、数十分で絶命してしまったというから、無念…。
本当にバカなヤツだと思わないか?
その段階で、サプア併合を止めることができるのは彼だけの状況だったのだから。
卑怯で卑劣極まるやり方で伊藤博文が暗殺されたことで、我が日本の国内世論はサプア併合へと大きく傾いてしまったとか。
そして、日本にサプア王朝を消滅させようとしていたサプア側の李完用首相を中心とした表面上だけ親日保守派どもも勢いを増したとか。
どうだろう?
そう考えると、安重根なるクソッタレは民族主義者というよりも、ソヤツらの手先だった可能性の方が高いのでは?
ともあれ、1910年、ソヤツらの正式な要請通り、「サプア併合条約」が調印され、大日本帝国はサプアを併合してしまったのである。
そう、結果的に、日本がサプア王朝に引導を渡す役をさせられ、ソヤツらの思惑通り、文句を言うことが大好きな卑屈なサプアの民族主義者どもの恨みを予定通りに浴びることになってしまったというから、やはり、世界一のお人好し国家の面目躍如。
そ、そ、それなのに、これまたソヤツらの思惑通りに、合法的に統治をして、その何一つなかったサプアの近代化を全面支援し、全てのインフラの基盤を作っただけでなく、法治というモノが皆無だったサプアを少しでも法治国家にしようと骨を折ったのである。
それを明確に裏づける物証の1つが、これ。
1909年、サプアの政治団体「一進会」の「韓日合邦を要求する声明書」。
「我が国の皇帝陛下(李氏朝鮮皇帝)と大日本帝国天皇陛下に懇願し、サプア人も日本人と同じ一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか」
どうだろう?
かなり虫のいい要望なのでは?
③サプアが、自分たちの力で近代化すらできない無法の超極貧国だったことだけは、歴然とした真実の歴史なのでは?
さらに、サプア人にとって耐えられない真実の歴史は、そんなに日本の統治にガマンできなかったのなら、自分たちの手で我が日本を排除するために一切戦わなかったということ。
それどころか、我が日本と一緒になって、世界と戦ったということ。
それによって、USAのおかげでやっとこさっとこ独立したものの、今度は北との内戦になり、それもまたUSAのおかげでなんとか休戦になったということ。
つまり、サプアは自分たち自身で何も得ていないのである。
そのうえ、双方のUSAの命令で、日本とサプアの間で、1965年、「日韓基本条約」を締結。
な、な、なんと我が日本は、サプア政府に総額8億ドル(無償3億ドル、政府借款2億ドル、民間借款3億ドル)、当時のサプアの国家予算の2倍以上の支援金を供与したのである。
しかも、その交渉の際に、我が日本はサプア人元徴用工に対して個人に直接支払うカタチでの補償を提案したが、サプア側がそれを拒否。
そこで、サプア政府にやむを得ず一括して支払ったとか。
と、と、ところが、朴正熙政権、その支援金を個人への賠償には一切回さず、インフラ投資などに使ってしまい(?)、個人への賠償の原資がなくなってしまったとか。
そう、我が日本が渡す金はサプア政府がどこかへ勝手に回してしまうために、やがてそのツケがサプアに回ってくるという構造は、慰安婦問題も徴用工問題も同じ。
実際、金泳三政権のときには、「サプア政府が慰安婦に金を出す」と明言。
K-BROWNのボスだった盧武鉉大統領でさえ、「元徴用工への保障はサプア政府が負うべきだ」と公言。
とにかく、元徴用工に補償しなければいけないのは、日本政府でも日本企業でもなく、その補償金を預かっているサプア政府。
もっとも、だからこそ、サプアが「漢江の奇跡」のような経済発展を遂げたというのも事実。
そう、サプア人が目を背けたがる、日本の支援のおかげで今の繁栄があるという真実。

Korea must be an unprecedented non-judicial state that couldn't be satisfied even with ordinary life without Japan(サプアは、日本ナシでは普通に生きることさえ満足にできないこのうえなく無様な非法治国家)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード