Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?


If a foreigner really wanna become a Japanese, one shouldn't live upside down, but live to improve oneself(外国人が、本当に日本人になりたかったら、人のことを貶めるのではなく、自分自身が向上するように生きるべき)!

④大ウソつきのサプアが、そのデタラメの最高裁判所まで使って、我が日本の誠意を踏みにじるだけでなく、合法的だったサプア併合を「不法」と言いがかりをつけ、国交正常化以来のいかなる2国間の合意も「無視」し、それらの不法行為に対する「慰謝料」を請求するとは、まさしく893の手口。
東仙坊、間違いなくサプアは世界の笑われ者になるに…と苦笑しつつも、内実、メラメラと怒り心頭。
では、なぜサプアはそんなネタバレの日本への責任転嫁、いわゆる反日に矛先を向けるのか?
その理由は、簡潔明瞭。
その「漢江の奇跡」の陰で、サプアのヤングたちを強制動員して働かせるということを、サプア政府自身がやっていた事実、そして、その対価として支払うべき給料をUSAから調達しながら、それをサプア政府が使い込んでいた事実があからさまになること。
それから、自分たち自身が、元慰安婦や元徴用工に訴えられる日本のようになりたくないから。
そう、自分たちに矛先を向けさせないようにさせるため…。
1961年、朴正熙政権は、「国家再建と浮浪児の取り締まり」を理由に、「大韓青少年開拓団」を設立。
戦災孤児など1700人にも及ぶ青少年を忠清南道の「瑞山」の干拓事業に強制動員し、無賃金で働かせたという史実を、サプア政府は隠しているのである。
それだけじゃない。
「工場で働ける」とヤング女性を誘って連れてきて、その開拓団のヤング男性と強制的に結婚させたというから、何をかいわんや。
そのために、255組もの合同結婚式を行っていたとも。
何でも、拉致同然に集められたヤングたちは、「干拓した土地を1人3000坪ずつ分け与える」という政府の約束を信じ、管理者からのパワハラやセクハラやモラハラや飢餓の中で働かせられ、その想像を絶する北のような重労働による死者は実に119人に上ったという正式記録まであるとか。
さらに、干拓後にその土地は国有地に編入され、土地を与える約束は反故にされたばかりか、逆に農地使用料まで請求されたというから、その異常さは本当に北以上かも。
実際のところ、このコトは今年に入るまで、サプア国内でほとんど知られることがなかったとか。
ところが、5月、被害者たちの証言記録をまとめたドキュメンタリー映画「瑞山開拓団」がサプアで公開され、イヤでも知るハメになっているとも。
その映画の監督イ・ジョフン(45歳)は言っている。
「5年ほど前に、大学の後輩でKBSテレビのプロデューサーをしている友人から『瑞山開拓団』の話を聞き、大変驚きました。彼の故郷が瑞山で、父親が開拓団解散のあと、干拓地を開拓した農民の一人だったせいで知ったそうです。それで、最初は彼自身がKBSでドキュメンタリーにしようとしたのに、朴正煕の娘のお嬢さん政権下だったので到底できないと企画却下されてしまったそうです。そこで、独立系映画を制作している私に委託してきたのです」
どうだろう?
懸命に誤魔化して日本に矛先を向けているどころではないと思わないか?
事実、USA下院国際関係委員会が1978年に出した報告書に、「朴正熙が干拓事業などのためにUSAからもらった援助金を自分の政治資金に不正流用していた」と明記されているとか。
「朴正煕大統領は、国は生かしたかもしれないが、人間を限りなく殺した」と、その映画は結論しているとも。
どうだろう?
お嬢さん大統領嫌いのK-BROWN、この事件を再調査し、まず適切な措置を取って、我が国に見本を見せてみたらいかがか?
そう、国の命令に基づいて干拓事業に携わり、若さと労働を捧げたのに、国家が信頼を裏切ったという点を認め謝罪し、正当な補償をしたらいかがか?
それにしても、我が国が太っ腹でなければ、その「漢江の奇跡」だってありえなかったのでは?
単に経済的な支援だけでなく、その技術やノウハウを盗まれたりパクられたりしても、本気で怒ることさえなかったのだから。
いい加減、まず自分たちで自分たちの本物の史実に目を向けたらいかが?
それを象徴するデタラメ会社が、「ロッテ」。
日本の町工場のチューインガム屋だったくせに、今やサプアの5番目の大財閥。
東仙坊、サプア語も満足に話せないその社長の息子が、サプアの裁判所で、いけしゃあしゃあと「自分たちはサプアの企業です」と応えたときから、一人不買運動をしているのだが…。

You should refuse to work for foreigners who only wanna earn. Foreigners who wanna work in Japan until mastering difficult Japanese should give preferential treatment(ラクして稼ぎたいだけの外国人には就労を拒絶すべき。難しい日本語をマスターしてまで日本で働きたがる外国人は優遇すべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード