Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?


Korea should realize that the historical fact that it was consolidated into Japan is sloppy with not being able to change what to say anything(サプアは、我が日本に併合されたという歴史的事実を、何をどう言おうと変えられないということにいい加減気づくべき)!

サプアは歴史的にジコチュウな国で、国際関係や他国の国民感情が全く理解できないオコチャマのような国。
何のアイデンティティも持たなかったところから、併合されたことへの悔しさからの対抗心、反日で周囲に認められるいい加減な愛国心、北よりも極貧の国だったという歴史的事実に目瞑る忠誠心しかないのが、現状。
そう、我が日本の内にウジャウジャいるニセ日本人である国賊の野党議員どもと同じ。
第一、このクソッタレ茶髪大統領、「日米韓の防衛協力が軍事同盟に発展することは望ましくない」と明言するほどの反日狂い。
実際、盧武鉉大統領秘書室長だったときに、USA国防長官との初会談で、「仮想敵国は日本だ」とも言い切ったオトコ。
それで、我々お人好しの日本人が忘れてはいけないのは、あの醜悪に自殺した卑怯者の盧武鉉大統領、2008年7月、海上保安庁巡視船の撃沈も辞さない「危害射撃」を許可しているのである。
どちらにしても、ハワイに逃げた卑怯者の初代李承晩大統領以来続く反日教育を止めない限り、友好など夢のまた夢なのでは?
その最新の証拠が、これ。
12月14日、サプアの女子中学校の生徒名で「竹島はサプアのもので、日本は誤った教育をしている」というはがき41通を島根県内の中学校に11月26日と11月27日に届けた出というから、何をかいわんや。
島根県は国に報告し同日、竹島問題研究会座長名で反論の手紙を中学校に送ったとか。
どうあれ、同様の郵便物が届いたのは、昨年5月に続き2回目というから、開いた口が塞がらない。
ともあれ、クソッタレ茶髪大統領になってからは、「ACSA(物品役務相互提供協定)」、有事の際のサプア在住日本人の避難に関する情報交換、日韓が別々に提供されたUSA情報の相互確認も進んでいないというのだから、我が国は何も期待してはいけないのでは?
東仙坊、こんな国のために、我々日本人は二度と大切な命を懸けてはイケないと思うが…。
そして、少なくとも、互いが必要とされるときに互いの必要に応える努力によって支え合うといういかなる同盟もこんな信頼できない国と結ぶべきではないのでは?
もっとも、我々日本にとって、クソッタレ茶髪大統領の露骨で理不尽で執拗な反日よりも深刻な問題は、さすがの宗主国USAで膨らみ続けるサプアへの猜疑心の増大。
それによって、米韓同盟のスキームが弱体化してしまう恐れがあるのでは?
それこそ、有名無実の米韓同盟になる可能性もあるのでは?
率直に言うと、実は、我が日本にとって、クソッタレ茶髪大統領の反日難癖の数々よりも本当に困ることは、その米韓同盟の崩壊。
なぜなら、戦後70年以上、我が日本が甘受してきた平和と繁栄は、誰がどう言おうと、日米安保体制のおかげ。
そして、その陰での米韓同盟のおかげ。
そう、南北分断の「38度線」こそ、我が日本にとっての「安全保障上の最前線」。
それが強固であったからこそ、冷戦時代、気の狂った中国やロシアや北のようなクレイジーな共産主義の圧力に直接に晒されずにすんだはず。
そ、そ、それなのに、南北統一とかなんとか寝ボケたことを夢見て、スポーツでの南北合同チーム結成だとか、南北音楽交流だとかをやっているだけならいざ知らず、北の思惑通りに、その「38度戦」を空洞化され、日米韓が完全に分断されてしまうことになるのでは?
そう、宗主国のUSAに、朝鮮半島がどうなろうとカラスの勝手と在サプアUSA軍を引き上げられてしまったら、朝鮮半島はたちまち中国の思うがまま。
すなわち、「反日親中国家」の誕生。
その意味では、1980年、金日成主席が、自分が主導するつもりで提案した南北統一サプアである「高麗民主連邦共和国」誕生よりも始末が悪いのでは?
それで、イヤな情報がある。
実際、今、USAの国益にとって、サプアは本当に重要なのか?と議論され始めているというのである。
USAファーストを掲げるビジネスマンとしての目利きのあるドナルド・トランプも、茶髪大統領を胡散臭い信用できないオトコと言っているとか。
それだけじゃない。
「サプア疲れ」も顕著になっているとも。
それはそうである。
北危機を契機に政府間や軍レベル間で現実的な接触・対話が大幅に増えたことで、今さらながらにサプアの安全保障観や対北認識などの異常さを痛感しているとか。
というのも、ニンニク臭いサプアの金になびいた一部のサプアの専門家ども(?)が、今までサプアの本質をオブラートに包んで誤魔化していたから、ようやくサプアの剥き出しの本質を知って「コイツらは一体何なんだ」と当惑し始めているからとも。
そう、日韓併合前と同じになったのである。
そのせいで、典型的な親韓派だった国務省のジョセフ・ユン北担当特別代表が辞任させられ、いったん駐韓大使に内定していたジョージタウン大ビクター・チャ教授も取り消されているとか。

Korea ought to be consciously to the extent that it is thanks to Japan and USA that somehow managed to modernize the state of modern independence(サプアは何とか近代独立国家の体裁を整えられたのは、日本とUSAのおかげだといやというほど自覚すべき)!

To be continued...












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード