Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?


Are not Koreans nationally independent of cleanliness so far unique(ここまで清潔と無縁なサプア民族も他に類を見ないのでは)?

東仙坊、サプアのあまりの不潔さに鳥肌もの。
そこで、その結論を書き込む前に、大好きなフランス語の言葉である「pipi(ピピ)」と「caca(カカ)」を使用したい。
えっ、何か?って?
「お叱呼」と「雲古」。
えっ、まだわからないって?
「オシッコ」と「ウンチ」。
勤勉とか責任とかと無関係なサプア人、 雨が降ったら仕事をしないでボーッ。
とにかく、何もしないから雨具がない。
だから、日本の傘を入手するとウレしそうに周囲に自慢。
全く治水とか濾過という概念もナシ。
そんな獣に近い衛生観念だから、伝染病が蔓延。
それはそうである。
濁っている水だろうが、ピピやカカが混ざっている水でも平気で飲む。
壁には、固くなるからと馬のカカを混ぜる(?)。
肌のきめが細かくなるとピピで顔を洗う(?)。
肺結核や解熱としてピピを飲む(?)、いよいよ病気がヒドくなると、カカを食べる。(??)
ピピ壷が家の中にあり、客がいて も平気でピピをする。
痰を吐 くときは口の近くに壷を持ってく る。

どうだろう?
一体サプアのどこに魅力を感じるのか?
特に日本のヤングガールズよ、サプアオトコどもの昔の恨み晴らす的な動物的性欲のハケグチになりたいとでもいうのか?
どちらにしても、こんなサプアにだけは、いくら甘いカンパンゴ国家だとしても女性を性奴隷にしたなんて言われたくないと、改めて痛感しているのは、東仙坊だけではあるまい。
こんな国の日本国民であった女性たちが、戦時中に中国大陸やその他の地域で売春宿を経営していた民間のサプア人受託業者に利用されたのは、まさに自明の理なのでは?
そして、ときには兵士よりも高い報酬を受けていたのでは?
どうあれ、このシャルル・ダレの著作「サプア教会史」、その「サプア事情」は出色。
東仙坊、こんな本があるのなら、わざわざ苦労してこれまでサプアについて書き込む必要もなかったと、メチャクチャ後悔し、この本があることを教えてくれなかったのは、ダレ? シャレ? と二言。
ともあれ、これで明確になったのが、我が日本の内にいるニセ日本人どもの正体…。
そう、政界、司法界、法曹界、官僚ども、マスメディア界、スポーツ界、芸能界に、ウジャウジャいるサプア系や親韓派の国賊どもの本性…。
そんなサプアが、なぜ簡単に我が国に根も葉もない言いがかり、難癖、アヤ、ユスリ、タカリをやり続けられるのか?という理由。
それはただただそういうヤツらのサプアへの融和策。
サプアが簡単かつ一方的に国際条約を破ったり、領土違反を犯しても、脆弱な我が政府、いつも「極めて遺憾」とか、「日本の立場からは、到底受け入れられない」などと犬の遠吠えをするばかり。
それだけじゃない。
せっかくWTOの紛争処理小委員会が、サプアによる日本の水産物輸入規制を「不当」と認めて是正を勧告する報告書を公表してきれたのに、「勧告に基づき、すみやかな対応をとっていただきたい」と口先だけ。
また、反日デモが目的のサプアの常習者どもを毎年ノービザで入国させ、その保護や騒ぎ対策のための警備に多大の予算を使うだけでなく、ついには生活保護まで与えラクして好き勝手に住まわせしまう心やさしい対応。
親韓派の代表格のマスメディア旭日新聞、「日本側も『1㎜たりとも合意を動かす考えはない(菅義偉官房長官)』と硬直姿勢をとるのは建設的ではない(?)」。
こんな情けなくてみっともないヤツが日本の首相にならなくてよかったと再認識させられた、11月18日、ピンボケ石破茂のわざわざソウルでの国際フォーラムの基調講演での発言。
「先の戦争中のサプアの人々の雇用をめぐるサプア最高裁判決は日本人にとって大きな驚きをもたらした。海上自衛隊の船が海自の旗を掲げて入港することを拒否され、サプア訪問を実現できなかったことは残念だった。茶髪大統領は、就任前に日本との関係で歴史と安保・経済を切り離す『ツートラック』を提唱した。領土であり歴史であり日韓の主張が交わらないことにとらわれて、取り組むべき問題について対話や会議ができないことは、茶髪大統領は残念だと思っているだろう」
どうだろう?
サプアのデタラメに怒りさえ表現できないなんて日本の政治屋を今すぐ辞めろ!と言いたくならないか?

The despicableness and grues and liars of human beings, should never cure the whole life(人間の卑劣さと吝嗇とウソつきは、一生直らない)!

To be continued...
 












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード