Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-9 今、サプアへ完全「卒婚」を宣言するとき!?


Against the politicians of fake Japanese of the South Korean supporters said such as “Don't make the national feelings of South Koreans worse by raising the issue more than this” we have to say such as “Go to Korea will be united to the north by connecting with Japanese stupid young girls” and we don't have to vote in the election twice(「これ以上ことを荒立ててサプアの国民感情を悪くしてはいけない」などと言う親韓派のニセ日本人政治屋には、「日本のおバカなヤングガールズと手を繋いで北に統一されるサプアにでも行け!」と二度と選挙で投票してはいけない)!

4分36秒のうち、ウリジナルはたったの11秒。
つまり、ほとんどが我が日本の映像の得意の無許可利用。
それも、望遠映像であることも理解できず、主張する低空で艦上を通過したというP-1哨戒機の真下部の映像もなく、効果音と合成映像で臆面もなく世界中に流せる完全に気の狂った科学後進国。
案の定、レーダー照射の「指紋」のような証拠になるレーダーの周波数を含むデータ提供をサプアが拒んでいたというから、どこまでもデタラメ国家。
言ってもムダだと思うが、おそらく我が国のP-1哨戒機が火器管制レーダーを照射された場所の正確な緯度と経度の数値、フライトレコーダーの飛行データ、赤外線前方監視装置の映像、それこそ、「電子対抗装置(ECM)」の作動データなどが、日本の防衛省にはあると思うが…。
それにしても、なぜ我が国のEEZ内に北の漁船捜索のために(???)、国旗も掲げないサプア海軍の駆逐艦がそこにいたのか?
北の船は本当に漁船だったのか?
そして、本当にSAR活動中だったのか?
もしかして、共同で日本攻撃のシュミレーションでもしていたのでは?
少なくとも、サプアにはそんな勇気はないに決まっているから、国連制裁違反までして北に物資を援助していたのでは?
どちらにしても、あの茶髪大統領のウソつき丸出しのイヤな顔を観て、何を期待するの?
サプアが消滅する前の最後の大統領の顔と感じないか?
北から息絶え絶えで逃げてきてその極貧の中で何とか弁護士になれたからといって、その品性の貧しさだけは直しようがなかったのでは?
実際、この頭に腐り切った茶髪大統領、2020年から、サプアの小、中、高校の教科書の内容を大きく修正するというから、看過できない。
それも、「サプアが朝鮮半島唯一の合法政府」という記述を削除し、「自由民主主義」の「自由」も消去するというから、完全に異常。
そして、とうとう北のサプア領への軍事攻撃と侵略によって朝鮮戦争が始まったこと、北政府が自国民を徹底して弾圧してきたことも曖昧にするというから、もはやすでに北の従属国。
どうやら、宗主国のUSAが、4万人弱の戦死者まで出して何とか守ってくれた民主主義国家(???)の看板をかなぐり捨て、侵略戦争を仕かけてきた独裁国家の北のせいで合計250万人もの犠牲者を出した歴史的事実を無視しようとは、この茶髪大統領、正真正銘の裏切り者。
まあ、2009年5月、投身自殺したかつての弁護士事務所の共同経営者だった盧武鉉のために、その断崖の真下に追悼墓所を建設しているようなヤカラというから、それも当然か?
でもそうなると、ワケがわからないのが、徴用工問題におけるこのイヤな眼差しをした茶髪大統領の対応???
「サプア政府は三権分立により判決を尊重しなければならない。日本は不満があっても、基本的にはどうしようもないという認識を持たなければいけない」
「両国が知恵を集めて解決し、未来志向的な関係が傷つかないようにしようと何度も言っている」
「サプア政府が作り出したものではなく、過去の不幸な歴史によって生まれた問題だ。日本政府はもう少し謙虚な姿勢を示さなければいけない。最高裁判決に日本の指導者たちがこれを政治争点化し、問題を拡散させていくのは賢明な態度ではない」
世にも不思議なアンポンタンだと思わないか?
どこの国と国の最高裁判所同士が国際条約を締結しているのか?
国際条約は国の政府同士が締結するものだということさえ知らないオトコということ?
ともあれ、コヤツの敬愛する盧武鉉が、2005年1月、日韓国交正常化に至る外交文書を公開し、日本による朝鮮半島統治時代の補償については、サプア政府がサプア国民への補償義務を負うと確約していたことが再確認されたと公言していたのでは?
そのときの大統領府補佐官がキサマだろうが?
もっとも、あのアンポンタンも、その2ヵ月後には、「日本に謝罪と賠償が必要だ。請求権問題は協定で消滅しているが、人類普遍の倫理から日本には賠償責任がある」とメチャクチャな言動をしていたが…。
どうあれ、プロフィットでしかモノを見ないサプアと我が国の宗主国であるUSAが、とりわけ、ビジネスマンとしてはかなり喰えるオトコであるドナルド・トランプも、詐欺師の眼差しの茶髪大統領がとっくにお好きではなくなっているご様子。
それが表舞台に明確に現われてきたのが、今年の年頭。
ワシントンの民間主要研究所「AEI(アメリカン・エンタープライズ・インスティテュート)」が、茶髪大統領の歴史などの教科書内容の修正に批判的な見解を強め、この問題を米韓関係全体や米韓同盟のあり方ともからめて研究対象にしていくという方針を明らかにしたというのである。
そのベースになっているのが、「AEI(アメリカン・エンタープライズ・インスティテュート)」国際安全保障・外交問題専門研究員マイケル・ルービンが発表した論文とか。
ちなみに、このお方、第二代ジョージ・ブッシュ政権で国防総省などの高官を務めた外交・戦略の専門家。

After three and a quarter of a century after the war, we are faced with a negative response to the proposition that the Japanese first protect themselves in their own countries(戦後4分の3世紀を経過し、我々は日本人は初めて日本の国を自分たち自身でどう守るのか?という命題に否応なしにまもなく直面するハメになる)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード