Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?


Japanese companies trying to earn money in Korea, who are clearly claiming to be unreasonable anti-Japanese, should be included in the yield from the beginning, such as struggling with such absurd statements(これだけ露骨で理不尽な反日を標榜しているサプアで稼ごうとする日本企業は、その不条理なアヤつけに苦労することなど最初から歩留まりに入れておくべき)!

東仙坊、3月29日、菅義偉官房長官が、茶髪大統領が日韓関係に懸念を示した「ソウルジャパンクラブ」理事長森山朋之サプア三井物産社長に、経済交流は政治と別に見なければならない」と発言したことに関し、「サプアがいわゆる徴用工問題で日韓請求権協定違反の状況の是正措置をとっていないことは非常に深刻だ」と、またしても犬の遠吠えのように言ったということに、しっかりしろよ、まだ外交がわからないのか?とメチャクチャ憤慨…。
それはそうだと思わないか?
すでに、機械メーカー「不二越」を相手に元サプア女子勤労挺身隊員ら原告23人(?)が損害賠償を求めた訴訟では、サプアの蔚山地裁が、3月15日付で「不二越」のサプア内資産の差し押さえを、な、な、なんと最高裁判所での上告審判決がこともあろうに未確定の段階で承認しているのでは?
判決確定前の差し押さえが初めてとかどうかということよりも、今回で差し押さえが3社目だということよりも、差し押さえ対象が株式で約7億6500万ウォン(約7650万円)相当だということよりも、また、原告側は新日鐵住金への追加での資産差し押さえも認められたということよりも、中国が教えてくれているように、サプアには相当強硬な態度を取らないと何の効果もないと思うが、どうだろう?
もし経済制裁を実行しても、ラクしてサプアで稼いでいる企業はあるにはあるだろうが、最終的に息の根が止まるのは間違いなくサプアの方なのでは?
実際、三菱重工と三菱重工グループでは企業の顔といえるロゴマークの商標権が差し押さえられ、原告側が商標権を売却して現金化したらサプア国内ではロゴマークを自由に使えないというのでは?
サプアの発電所などに納品しているガスタービンなどに関連する特許6件も差し押さえられているというのでは?
どちらにしても、あんな詐欺師丸出しのキチガイ茶髪大統領のどこが信じられるの?
サプアの主張に従わなければ友好などない、自分たちだけが問題が解決したかどうかを決める権利がある、事実を改竄しても自分たちが全て正しい、歴史を反省して黙って自分たちに従え、謙虚に自分の過ちを認めろ、ようは自分たちの奴隷になれ、親日残滓の清算だなどとうそぶくデタラメオトコに一体いつまで言いたい放題言わせておくの?
どれだけメチャクチャなクソッタレであるかを証明したのが、コヤツがその演説で外交の慣例を無視して挙げた具体的な数字。
「1945年8月15日の解放のその日まで10万余名近く(?)がここに収監され、10人のうち9人が思想犯(?)と呼ばれた独立運動家だった。そして、その独立運動で、サプア人の10%の4万6千人(?)逮捕され、7500人(?)が虐殺され1万6千人(?)がケガをさせらる蛮行を受けたにもかかわらず、サプア人の攻撃で負傷した日本人は一人もいない平和的な運動だった」
この死者数、すでにサプアの政府機関が2月公表したばかりの調査数値とも、大きく乖離しているところがミソ。
そう、またまたデタラメ。
その数字、三・一独立運動の直後の1919年4月上海で設立された「大韓民国臨時政府」で、その後、第2代大統領殷植の著書「朝鮮独立運動の血史」に基づくものらしいが、サプア国史編纂委員会によると、最多で934人、最小で725人。
ちなみに、朝鮮総督府の記録では、553人。
本当に何が「積弊清算(積弊とは、長年にわたって積み重なった政治的弊害)」、「歴史の見直し」だと思わないか?
コヤツのやっていることは、いつもの他国の責任を常に要求する「他国責任論」と「歴史の捏造」。
どうあれ、コヤツが正真正銘の大ウソつきであることだけは確か。
実は、それを我が国以上に痛感しているのが、米朝。
あの米朝首脳会談前、ドナルド・トランプには、「金ボンボンの非核化意志に変わりはない。国際社会が求める完全な非核化と金ボンボンの考えに違いがない」とほざき、金ボンボンには、「平和が経済だ。南北で合意した鉄道・道路の連結が経済の新たな活路になる。中断した経済協力事業の開城工業団地と金剛山観光は南北双方に利益になる。今ならUSAは経済制裁を速やかに解除し、そっちに数兆円の支援を日本にさせる」とほざいていたというから、とんでもないコウモリ。
そのせいで、米朝首脳会談が不調に終ると、双方がサプアに冷淡。
いまだ無事な(???)北の崔善姫外務次官、「サプアを仲介者ではない」と明言。
そして、3月22日、開城の南北連絡事務所から要員を一方的に撤収。
もちろん、金ボンボンに訪韓要請したのに、梨のつぶて。
どうだろう?
北だったら金英哲と同じ運命になっていたのでは?
当然のごとく、USAに「我々の役割は非常に重要だ。早期に外相会談を開くようにしたい。大統領が訪米してもいい」と打診しても、なかなか色好い返事はナシ。
まあ、結果的には、何とか茶髪大統領、4月11日にホワイトハウスに行けることになったというが、果たしてその成果は?
ちょうどいいから、我が国の安倍晋三首相、ドナルド・トランプに、「米朝首脳会談の決裂は自分の策略だとサプアに言われて愉快じゃない」と告げ口すべきなのでは?
もっとも、その茶髪大統領、3月28日のギャロップ・コリアの世論調査で、支持率43%と就任後最低記録、不支持率46%とすでにレイムダック状態だとか?
どうだろう?
安倍晋三首相、ついでだから、「我々と一緒に貴国と戦ったくせに、貴国で我々を『戦犯』呼ばわりされて、これも愉快じゃない。このままでは、日本が国連軍地位協定によって『サプア国連軍』による日本国内の指定基地などの使用を約束しているけど、それを破棄したい」とも、告げ口すべきなのでは?
もちろん、そうしながら、米韓同盟の空洞化や終焉を想定した対応策を本気で用意すべきときなのでは?

Since the United States is a foster parent, we should talk more honestly to our parents about our brother's remorse(仮にもUSAは育ての親なのだから、もっともっと正直に、親には兄弟の軋みについて話すべき)!

To be continued...




































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード